冬キャンプは、ストーブを活用して暖かく快適に過ごすのがおすすめです。でも、ストーブには「石油ストーブ」「薪ストーブ」「電気ストーブ」と様々な種類があり、どれが良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、石油・薪・電気ストーブそれぞれの厳選したおすすめ製品を、一挙にご紹介します!

【キャンプ用ストーブの選び方】石油・薪・電気など熱源はさまざま! 使いやすいタイプを選ぼう

画像1: 編集部撮影

編集部撮影

冬のキャンプやアウトドアでよく使われるストーブには、以下のような種類があります。

【キャンプ用ストーブの主な種類】

  • 石油ストーブ
  • 薪ストーブ
  • 電気ストーブ

使用する燃料や熱源が異なるので、自分が使いやすいタイプのストーブを選ぶのがおすすめ。

それぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめると、以下のようになります。

石油ストーブ薪ストーブ電気ストーブ
メリット広範囲が暖かい暖かさはダントツ気軽で初心者にも◎
デメリット灯油の運搬が面倒
一酸化炭素中毒に注意※
薪が必要
一酸化炭素中毒に注意※
対応したテントが必要
電源が必要
暖かさはイマイチ

※後述しますが、石油ストーブと薪ストーブは一酸化炭素中毒の可能性があるため、取り扱いに注意が必要。取扱説明書を要確認。

ストーブの種類によって、暖まり方や使い勝手などが異なる上、それぞれメリット・デメリットがあるので、用途や使用シーンに適したタイプをチョイスしましょう。

画像1: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました

ここからは、各ストーブのメリット・デメリットの詳細をふまえながら、おすすめの商品を紹介します!

石油ストーブのおすすめ4選 小型のフジカハイペット&アルパカストーブがキャンプ好きに人気!

画像2: 編集部撮影

編集部撮影

石油ストーブは、家庭用でもおなじみの、灯油を燃料に使う暖房器具。

火力が強く、広い範囲を暖められるメリットがあります。

画像2: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました

また、天板の上にケトルを置いてお湯を沸かしたり、煮込み料理を楽しんだり、といった使い方ができるのも魅力。

※製品によってはNGな場合もあるので、説明書を要確認!

一方で、一酸化炭素中毒の危険性があるため、換気ができないテント内での使用がNG。換気が十分な場所でのみ使用可能です。

また、燃料の灯油も安全に携帯する必要があり、持ち運びには注意が必要。

【石油ストーブのメリット&デメリット】

  • メリット
    広範囲が暖まる/小型の物なら持ち運びしやすい
  • デメリット
    一酸化炭素中毒に注意/換気が必須/風での転倒などに十分注意が必要

それでは、キャンパーに人気な小型石油ストーブを4つご紹介します!

1)扱いやすい小型石油ストーブ「フジカハイペット」

画像1: ライター撮影

ライター撮影

フジカハイペットは、株式会社フジカが製造・販売している、コンパクトな石油ストーブ。

高度3,000mの場所でも使える高い暖房能力、燃料を満タンにすると、最大で12時間燃焼が続くスペックの高さが魅力です。

画像3: 編集部撮影

編集部撮影

加えて、軽量で携帯しやすく、冬キャンプの暖房器具としてキャンパーやアウトドア愛好家の間で人気を集めています。

フジカハイペット公式サイト(株式会社フジカ)

▼愛用者のレビューはこちら!購入方法もチェック!

フジカハイペットの着火方法、給油の方法など、くわしい使い方を動画でご覧いただけます!

▼着火方法&お湯の沸かし方

▼使い方&給油方法

2)小型でおしゃれな「アルパカストーブTS-77A」

画像2: ライター撮影

ライター撮影

アルパカストーブは、韓国製の小型の石油ストーブ。

見た目がかわいらしく、おしゃれなデザインで、キャンプ女子の間でも注目されています。

画像3: ライター撮影

ライター撮影

コンパクトながら火力が強く、アウトドアでの使用にぴったり。

画像3: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました

暖を取りながら、天板の上で調理もできるので、キャンプで重宝します。

▼愛用者のレビューはこちら!購入方法もチェック!

3)七色のやさしい炎 トヨトミ「対流形レインボーストーブ RB-25F」

画像4: ライター撮影

ライター撮影

ガラス円筒を通してやさしい七色の炎を灯すトヨトミ「対流形レインボーストーブ RB-25F」

燃費も良く、最大火力でも約20時間もちます。

画像4: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました

お部屋全体をムラなく暖めながら、やさしい光で照らしてくれます

画像5: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました
トヨトミ 対流形石油ストーブ レインボー【コンクリート9畳/木造7畳】ホワイト RB-250-W
コンクリート9畳/木造7畳まで
炎の輪が七色に光り輝くレインボー
およそ40Wの明るさがあるので災害時の照明としても役立ちます。
高圧放電ですぐ点火する “電子点火” になりました。
ニオイセーブ消火/二重タンク構造
¥24,010
2021-03-11 15:03

▼愛用者のレビューはこちら!購入方法もチェック!

4)とにかくロマンが詰まっている Aladdin「ブルーフレームヒーター」

画像5: ライター撮影

ライター撮影

名前の通りブルーの炎が特徴的なAladdin「ブルーフレームヒーター」

存在感がありカッコ良いモデルで機能性はマイナーチェンジしていますが、90年以上姿をほとんど変えずに販売されています。

画像6: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました

3種類のカラーラインナップ

画像7: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました
アラジン (Aladdin) 石油ストーブ ブルーフレーム ブラック BF3912-K
サイズ:H551×W388×D405mm 本体重量:8.8kg
暖房の目安:〔木造〕7畳まで、〔コンクリート〕10畳まで
タンク容量:4.1L
連続燃焼時間:約15時間
使用燃料:灯油 (JIS1号灯油) 燃料消費量:0.26ℓ/h
種類:しん式・自然通気形 自然対流形
暖房出力:2.68kw/h
¥84,200
2021-03-11 15:24

▼愛用者のレビューはこちら!購入方法もチェック!

薪ストーブおすすめ4選 冬キャンプがグッとおしゃれになる♪ 新保製作所のチョッパーほか

画像: ライター撮影 happycamper.jp

ライター撮影

happycamper.jp

薪ストーブは、文字通り、薪を燃料に使用するタイプのストーブです。

火力が強く、薪ストーブの暖かさはダントツ。とにかく暖かく過ごしたい方におすすめです。

また、薪ストーブの種類によって、さまざまな調理方法に対応しているものもあり、レシピの幅が広がるメリットも。

画像8: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました

ただし、テント内で使うには、薪ストーブが使用可能なテントを選ぶ必要があります。

薪の準備や、煙突の組み立てなど、手間がかかるので、キャンプやアウトドア初心者にはやや不向きなタイプです。

【石油ストーブのメリット&デメリット】

  • メリット
    暖かさはダントツ/様々な調理法ができるものもアリ
  • デメリット
    一酸化炭素中毒に注意/換気が必須/組み立て&持ち運びが面倒/対応テントのみ使用可能

それでは、キャンパーに人気の薪ストーブを4つご紹介します!

1)コンパクトな「ワークタフストーブ380」

画像6: ライター撮影

ライター撮影

画像9: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました
Work Tuff Stove ワークタフストーブ 38cm WTS380 :wts199001:Heimat berg - 通販 - Yahoo!ショッピング
ワークタフストーブは正⾯ドア、サイドについた⼤きな窓ガラスから 炎を⾒て楽しんでいただける贅沢な仕様です。 ガラスは⽔に濡れても割れない特別なものを使 ⽤していますので、ストーブ天板の調理なども ご安⼼してご利⽤いただけます。スペック:・組み立て時:約54.5cm×40cm×216cm (煙突+本体)・収納時:約26cm×40cm×30cm・煙突径:7.62cm・重さ:8.5kg・付属品:煙突×4本、ダンパー付き煙突×1本、灰落とし⽤スクレーパー×1本、煙突蓋×1本、⽕格⼦×1枚、ロストル×1個、収納バッグ×1個素材:・本体:ステンレススチール・ガラス部位:耐熱ガラス(正⾯ドア、サイド窓ガラス)・収納バッグ:ナイロン※コチラの製品をテント内でご使用になられる場合には安全にお気を付けになられたうえで、自己責任にてご使用ください。

ワークタフストーブ380は、台湾と日本のアウトドアブランドがコラボして誕生した、小型の薪ストーブです。

煙突や脚などのパーツをすべて本体の中に収納できるので、コンパクトに持ち運べるのが魅力。

画像7: ライター撮影

ライター撮影

専用の収納ケースが付属するのもうれしいポイントです。

画像10: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました

重量は約8.5kgと比較的軽量なため、女性1人でも持ち運べます。

テント内で使用する際は、薪ストーブ対応のテントを用意するのはもちろん、別売りの煙突を利用するのがおすすめ。

画像11: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました
延長煙突 ストーブ用煙突【あす楽14時まで】ワーク タフ ストーブ用延長煙突 Φ7.6×35cmwork tuff stove WTS-380 Chimney [WTS-H003]アウトドア 暖炉 暖房器具 料理 調理器具 キャンプ用品◇ステンレス コンパクト 冬キャンプ
ブランド Deelight / Work Tuff Gear サイズ 約直径7.6×長さ35cm 重さ 約170g 素材 ステンレススチール セット内容 延長煙突35cm×1 備考 結合部分は約4.5cmです。実際に延長できる長さは約30.5cmです。 WTS380/500どちらにも使用できます。 ご注意 メーカーの方より、予告なしに製品の改良や仕様変更がされる場合がございます。 パッケージ 化粧箱入り:幅8×奥行8×高さ36cm 約270g※仕様は予告なく変更する場合があります。 ■商品名 ワーク タフ ストーブ 延長煙突 35cm work tuff stove WTS-380 Ch...
¥ 1,650
2020-11-11 23:19

▼愛用者のレビュー記事はこちら!

2)ダッチオーブン調理も可能な新保製作所「チョッパー」

画像8: ライター撮影

ライター撮影

チョッパーは、新保製作所が製造・販売しているコンパクトな薪ストーブ。

画像9: ライター撮影

ライター撮影

本体の三面にガラス窓が付いていて、暖を取りながら、一緒に炎のゆらぎを楽しめるのが魅力です。

また、薪の燃焼具合を確かめるのにも便利。

画像12: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました

上部のフタは取り外しが可能で、スキレットやダッチオーブンなどを使って、直火調理も楽しめます。

▼愛用者のレビューはこちら!

3)存在感バツグンな新保製作所「ロマンチカル」

画像10: ライター撮影

ライター撮影

ロマンチカルは存在感のある真っ黒なボディと、正面の大きなガラス窓が特徴の薪ストーブ。暖炉のような佇まいが魅力です。

窓からはダイナミックな炎のゆらぎが眺められて、いやしの時間を満喫できます。

画像11: ライター撮影

ライター撮影

なお、煙突は別途購入が必要。

本体の煙突出口は、横出し、または上出しの2タイプから選べます。

画像13: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました

テント内で使用する場合は、最初に空焚きをしましょう。

▼ロマンチカルのレビューや煙突の設置方法はこちらで!

4)ホンマ製作所「ステンレスストーブコンロセット APS-48DX」

画像12: ライター撮影

ライター撮影

50年の歴史のあるホンマ製作所の人気商品で煙突などが全てセットになっていて、価格が2万円台と薪ストーブとしては破格。

画像14: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました

振り子時計の形をしていることから「時計型薪ストーブ」と呼ばれることも

煙突が背丈より高いので、煙が全く気にならないのもオススメポイントです。

画像15: 【まとめ】冬キャンプの必需品! ストーブのおすすめ10選 石油・薪・電気それぞれ厳選しました
ステンレス ストーブコンロセット APS-48DX 【Black Edition】-ホンマ製作所オンラインショッピング
本体を耐熱黒塗装で仕上げた特別仕様のAPS-48DXです。
組蓋・煙突部材はステンレス地色となります。
黒とステンレスの鮮烈なツートーンが魅力の一台です。
突径:φ100mm ※弊社ハゼ折り煙突専用
本体サイズ:W280xD480(煙突口まで:D520)xH445(煙突含:D655xH1830)mm / 材質:ステンレス / 重量:約6.9kg(本体のみ:約4.6kg) / 煙突位置:背面 / 最大薪長さ:400mm / 最大熱出力:3000kcal / 暖房面積:10〜15坪 / 付属品:エビ曲90°1個、専用半直筒3本、専用トップ1個、脚4本、煙突支えセット1式 / 生産国:日本

▼愛用者のレビューはこちら!

おまけ:薪ストーブ初心者必見! 準備から撤収までの基本作業をおぼえよう

薪ストーブを初めて使う方は、こちらの記事をチェックして、ぜひ基本をマスターしてください!

▼薪ストーブの準備・設置編はこちら!

▼薪ストーブの運用・撤収編はこちらです!

This article is a sponsored article by
''.