寒い冬、アウトドアでは火を焚いて暖を取ることが多いですが、木を燃やす焚き火や薪ストーブのほかに、手軽に暖がとれると大人気なのが、石油ストーブ。そんな石油ストーブの中でも隠れた名品として多くの方から支持されているストーブがあります。それはずばり、『フジカハイペット』。今回は、私も愛用している株式会社フジカの自然通気型開放式石油ストーブ『フジカハイペット』を紹介したいと思います。

石油ストーブ『フジカハイペット』はコンパクト・安全設計! 冬のキャンプやアウトドアにおすすめ

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

私は4年前に『フジカハイペット』を購入して以来、秋冬のキャンプには必ず持って行きます。この石油ストーブは、キャンプで使うのにすごく適しているんです。まずは『フジカハイペット』の魅力をチェックしていきましょう。

1. 小さい

他の石油ストーブと比べるとかなりコンパクトで、重量も5.6kgとかなり軽いのが特徴。テントやタープという限られた空間の中で使うことを考えると、小さく軽いことは最大の武器と言えるでしょう。

2. 安全

倒してもタンクから灯油がこぼれない設計になっていて、灯油を満タンにしたまま車に積んで移動してもこぼれたことはありません。また、地震などで倒してしまった時には自動消火する機能も付いており安心です。

3. 耐久性と信頼性

ハイペットを製造している『株式会社フジカ』は、メイドインジャパン! 高度3000mでの燃焼も確認済みで、強い風があっても炎が安定する整流リングというオプションがあり、アウトドアで使う前提で作られていることがよくわかります。

4. 煮炊きできる構造

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

『フジカハイペット』の天板は、薪ストーブのように、内側・外側と蓋が二段階に外れる仕様になっていて、直火調理が可能です。今流通している石油ストーブでこのように直火ができるものは、他に見当たりません。これは、ハイペットを輸出している諸外国で調理器具として利用されることが多いからだそうですが、直火ストーブを用いて強い火力で調理できると、活用の幅が広がりますよ。

5. 十分な火力持続時間

ハイペットの出力は2.56KW。他の石油ストーブと比べても数値的にはあまり変わらないのですが、燃焼コイル部分がむき出しになっていて輻射熱が強く、他のストーブと比べて暖かく感じます。しかも360度ぐるっとむき出しなので、まわり全部が暖かいのです。

ただ、タープやテントの中で使う時は、後ろまで暖かいと幕にダメージを与えかねないので、それを防ぐ為に反射板が用意されています。この反射板は後ろに向かうはずの熱を反射してくれるので、正面がより暖かくなります。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

反射板は簡単に取り外しができるので、みんなでストーブを囲んで団欒する時は外して、テントやタープの端に置いてスペースを広く取りたい時は反射板を設置するなど、シーンに合わせて脱着して使います。

燃料タンクは3.6L。満タンにしておくと10時間程持ちますので、キャンプで一晩寝るまで無給油で使うことができます。

フジカハイペットの買い方を紹介 注文は電話で支払いは代引きのみ! 完全受注生産で数ヶ月待ちも

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

実は『フジカハイペット』は店頭では売られていないんです。
ネット販売している訳でもなく、今時めずらしく直販で、電話でしか受け付けて貰えないのです。しかも、完全受注生産で、秋から冬にかけては3~4ヶ月待つこともあるとか……。

私が購入したのは4年前、整流リング付きで1ヶ月待ちでした。しかも、支払い方法は現金代引きのみ……! そんな古風な販売方法を貫いている株式会社フジカさんに、なぜか魅力を感じてしまいます。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

価格はホームセンターで販売している一般的な石油ストーブより高めで、

・ノーマル 27,500円
・反射板付き 29,700円
・整流リング+反射板搭載 43,450円
・防風ガラス付きのフル装備 61,050円
 ※すべて税込

と、なかなかのお値段ですが、国産メーカーであり、アフターフォローもしっかりしていて、芯を交換すれば一生モノだと思えば安い買い物だと思います!

『フジカハイペット』を動画で見てみよう! 点火方法もご紹介

画像: 【冬キャンプ】寒い時期のアウトドアで大活躍間違いなしのストーブ フジカハイペットを紹介! youtu.be

【冬キャンプ】寒い時期のアウトドアで大活躍間違いなしのストーブ フジカハイペットを紹介!

youtu.be

『フジカハイペット』の使用感については、ぜひこちらの動画でチェックしてみてください。 動画の中で使用している小物は次でご紹介していきます!

フジカハイペットの持ち運び用ケース&直火調理用の五徳 ケースは椅子としても使えておすすめ!

【ケース】ヌーピーハイツールボックス

『フジカハイペット』をキャンプに持ち出すときに必要になるのは、ケースです。流石に購入した時のダンボールでは見栄えが悪いので、色々探してやっと見つけた入れ物がこちら。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

『フジカハイペット』のケースとして、スノーピークのストーブバックやソフトケースを使っている方が多いですが、私は、車に積みやすく、ぶつけてもストーブが傷付かないヌーピーハイツールボックスのSサイズを使っています。

耐加重は150kgと、人が乗っても大丈夫なので、ストーブを出した後は、テントの中でスツールとして使うことができ、また散らかりやすい小物入れとしても活用しています。

収納してみると正にシンデレラフィット! 見つけたらぜひ手に入れてみてください。

【ゴトク】炭火焼き名人七輪用ゴトク

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

直火で煮炊き出きるよう、天板が外れるハイペットですが、五徳がないと鍋やフライパンを置くことができません。でも実は、キャプテンスタッグの『炭火焼き名人七輪用ゴトク』がシンデレラフィット!

画像: 石油ストーブ『フジカハイペット』はキャンパーに大人気! 人気の理由を徹底紹介!
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー BBQ用 七輪用ゴトク 炭焼き名人M-6635
サイズ(約):幅300×奥行300×高さ65mm
重量(約):450g
材質:鉄(クロムめっき)
アミや鍋、鉄板、ジンギスカン鍋等が七輪で使用できる
原産国:中国
¥668
2020-02-01 11:11

コンパクトで風に強い『フジカハイペット』 家でもキャンプでも使える万能石油ストーブを試してみよう

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

小さくて暖かく、風に強く、高原でもしっかり燃えてくれる。さらに、煮炊きができ、石油3L強で10時間も燃え続けてくれる『フジカハイペット』。

少々お値段が高めで、メーカーに電話注文をしてからも届くまでしばらく時間が掛かるのが難点ですが、ひとつひとつ受注生産で品質が高い日本製の石油ストーブなので、待っている時間も楽しみのひとつかも。家でもキャンプでも使える一生モノだと思うと、お安い買い物と言えるでしょう。この記事を参考に、是非購入を検討してみてください。

▼合わせて読みたい!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.