キャンプを始めるにあたって「寒かったらどうしよう?」と不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。寒い時期に欠かせないアイテムが「電気毛布」です。今回は私も愛用している、手洗いOKの便利な電気毛布をご紹介します!安くてコンパクトに収納できるので、キャンプ初心者にもおすすめです。

冬キャンプの防寒におすすめな電気毛布! 使い方は寝袋の下に忍ばせて地面からの底冷え対策に

我が家は今年の春からファミリーキャンプデビュー。夏を過ぎた頃から、標高の高いキャンプ場では夜冷え込むことも増えてきました。寒い時期のキャンプは経験したことがなく、夜寒くて眠れなくなったらどうしようという不安を感じるように。

画像: 筆者撮影

筆者撮影

そこで我が家が導入したのが「電気毛布」です。夜テントで寝るときは、特に地面からの底冷えで寒さを感じることが多くあります。電気毛布を寝袋の下に忍ばせれば、寒い時期でも暖かく眠ることができるのです。

【キャンプ初心者におすすめ】安価でコンパクト! キャンパーに人気な「sugiyama」の電気毛布 

リサーチの結果選んだのが、キャンパーの間で評判の高かった「sugiyama 電気しき毛布 NA-023S」です。値段が約2000円と安価なこと、薄くてコンパクトに収納できることが決め手になりました。

Sugiyama 電気敷き毛布 日本製 洗える ダニ退治 140×80cm NA-023S

画像1: 【筆者愛用】寒い秋冬キャンプに必須 手洗いOKなおすすめ電気毛布と使い方をご紹介
Sugiyama 電気敷き毛布 日本製 洗える ダニ退治 140×80cm NA-023S
サイズ:幅140×長さ80cm
本体重量:0.7kg
素材・材質:ポリエステル70%、アクリル30%
原産国:日本
電源:AC100V(50/60Hz)
定格消費電力:55W
消費電力量(1時間あたり):(強)約31Wh、(中)約18Wh、(弱)約3Wh
コード長:(電源側)約1.9m、(本体側)約0.6m
表面温度:(強)約52度、(中)約36度、(弱)約20度
電気代(1時間あたり):(強)約0.68円、(中)約0.40円、(弱)約0.07円...
¥ 2,230
2019-12-18 16:40

【商品情報】
・サイズ:幅140×長さ80cm、本体重量:0.7kg
・素材・材質:ポリエステル70%、アクリル30%
・電源:AC100V(50/60Hz)、定格消費電力:55W
・消費電力量(1時間あたり):(強)約31Wh、(中)約18Wh、(弱)約3Wh
・表面温度:(強)約52度、(中)約36度、(弱)約20度
・電気代(1時間あたり):(強)約0.68円、(中)約0.40円、(弱)約0.07円
・仕様:ダニ退治、室温センサー、頭寒足熱、丸洗いOK

画像: 筆者撮影「350ml缶と一緒に撮影。薄くてコンパクトにたためます。」

筆者撮影「350ml缶と一緒に撮影。薄くてコンパクトにたためます。」

実際にやってみないと寒い時期に頻繁にキャンプできるか分からないという人も多いと思います。その点、ストーブなど値段が高く場所もとるアイテムを買うのは勇気がいりますが、安くてコンパクトな電気毛布なら手軽に試すことができておすすめです。

電気毛布のおすすめポイント! 自宅で手洗いOKだからキャンプの汚れも洗濯して清潔に使える

こちらの電気毛布は、なんと自宅で手洗いが可能です。キャンプで使うと土や砂などで汚れることもあるので、手洗いできると清潔に保てて助かりますよね。電化製品なのに手洗いできるというのは驚きで、実際に商品が届くまでは「どうやって洗うんだろう?」と不思議でした。届いた現物を見て納得!コードを外せるので毛布部分だけ手洗いすることができるのです。

画像: 筆者撮影「コードを外して毛布部分だけ手洗いできます」

筆者撮影「コードを外して毛布部分だけ手洗いできます」

薄いので洗面台やお風呂場で簡単に手洗いすることができます。干すのも簡単で早く乾きますよ。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.