雑誌やテレビなどでキャンプの特集を目にして、「キャンプって楽しそうだな」「自分もキャンプしてみたい」と思う人が年々増加しています。でも、準備する物が多そうで、お金もかかりそう…と、不安や疑問を抱いてキャンプデビューできない初心者向けに、この記事ではキャンプに最低限必要な道具をご紹介いたします!

キャンプ初心者が最低限揃える道具とは

キャンプ初心者はキャンプに何が必要か分からず、荷物が増える傾向にあります。逆に必要な物を忘れたりして困ることも。この項では最低限これがあればキャンプができる、これはあった方が良いという物をリストアップしてみます。

【まずは、キャンプをする上で必要な道具】

  • テント
  • グラウンドシート(テントの下に敷いて地面からの熱や冷気を遮断します)
  • シュラフ(寝袋)
  • 照明(ランタンやLED照明)
  • 調理用の熱源(バーナーやアルコール燃料、固形燃料など)
  • 食器類(シェラカップ、箸やスプーン、マグカップ、包丁など)
  • 焚火台(直火禁止のキャンプ場が多いため)
  • 食材(料理に慣れていない人はカップ麺から始める人が多い)
  • 救急道具(虫よけスプレーや絆創膏など)

【あると便利な道具】

  • 折りたたみテーブル
  • インナーマット(テント内に敷く物)
  • 着火マン(地味に便利)
  • 軍手
  • ゴミ袋(食材を入れてきたレジ袋でも可)
  • 折りたたみチェア(寛ぎ度が増します)

この中でも特に必要なのは、テントとシュラフ、照明、食料、水です。枕は衣類を丸めれば枕の代わりになります。焚火をしないなら焚火台も薪は要りません。調理道具もお弁当などを持参すれば調理の必要がありません。

また、いきなり宿泊から始めるのではなく、デイキャンプから挑戦するという方法もあります。また、少ない持ち物からキャンプを始めようと思っている方は、季節によって必要な道具数が変わるので、冬よりも暖かくなる5月ごろから始めるのがオススメです。

画像: 【あると便利な道具】

【おすすめポイント】一人でも設営が簡単で短時間にできる!

1.LICLI( リクライ)ワンタッチテント 2人用~4人用

キャンプ初心者がテントを選ぶ際に重要なポイントは、大きさと設営の手軽さです。サイズは2~3人用で、軽量な物を選びましょう。タイプは自立式と非自立式があります。お洒落なワンポールテントや安価に手に入る2ポールテントは非自立式が多いです。

自立式でおすすめなのはワンタッチテントです。傘のように開くだけで自立し、四隅をペグで固定すれば設営が完了します。撤収時も畳んで丸めるだけの手軽さに筆者は虜になりました。

耐水圧は2000mm~3000mm程度の物を選べば、多少雨が降っても浸水することは殆どありません。始めはフルクローズでダブルウォールのテントがおすすめです。

画像1: www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

【おすすめポイント】:封筒タイプなら気温に応じて脱着が楽にできる!

2.DesertFox 寝袋 封筒型

シュラフは3シーズン用や冬用など、季節に応じた商品が沢山ラインナップされています。また形状も、封筒型、マミー型、人型などそれぞれ特徴があります。

筆者はキャンプ初心者で初めて購入する人には封筒型をおすすめします。封筒型は横のジッパーを開くことで、一枚の布団のようになり、使い勝手が良いからです。

筆者の経験上、天候や場所によって寝ている時に足が暑くなり、足だけシュラフから出したいと思うことが何度かありました。そんな時、封筒型のシュラフなら足だけ外へ出すことが可能です。寒い時は封筒状にして首の部分を巾着のように絞るなど、臨機応変に対応できるのが封筒型の魅力です。

画像2: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

【おすすめポイント】:手元だけでなく全体を照らすと作業がし易い!

3.GENTOS(ジェントス) LEDランタン

キャンプ場によっては夜間も照明が点いている所もありますが、就寝時に消せないというデメリットがあります。100円ショップでもランタン型のLED照明や、小型のライトが販売されていますが、サイズはある程度大きめの照明を選ぶことをおすすめします。

筆者も初心者の頃、様々な照明を試してみましたが、手元だけ明るくても意外と不便で、少し高い位置から全体に光を当てた方が作業がしやすいと感じました。

また、夜間にトイレに行く時も照明があった方が便利です。テントの中で寛ぐ時も、本を読んだり、就寝の準備をする時も照明は必要になります。光度を段階別に調節できるタイプだと尚良いですね。

【おすすめポイント】地面からの影響を軽減し、体の負担を減らす

4.キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット

グラウンドシートとテントだけでは、なかなか地面からの影響は遮断できません。整備されていない山中などでキャンプをする場合、小さな石の凹凸も意外と気になります。テント内で、より快適に過ごすには、インナーマットの使用をおすすめします。

マットが一枚あるだけで、寝心地もグッと良くなります。コンパクトで軽量な物も多く、価格帯も様々なので、自分に合ったものを選んでください。今回ご紹介しているマットはキャンプ初心者の間でも多く使われている商品です。

キャンプ初心者はまず体験することから始めよう!

画像: キャンプ初心者はまず体験することから始めよう!

初めてのキャンプなら、場所は道具のレンタルも行っているキャンプ場を選ぶことをおすすめします。予期せぬ天候の変化や忘れ物があっても、キャンプ場で借りることができ、分からないことも教えてもらえるからです。

車で行く場合はオートキャンプ場を選べば、車をテントサイトに横付けできるので荷物の積み下ろしが楽になります。ちょっとした工夫でキャンプ初心者も安心してキャンプを楽しむことができますので、是非トライしてみてくださいね。

This article is a sponsored article by
''.