こんにちは、みーこパパです。番組「おぎやはぎのハピキャン!(メ〜テレ制作)」のうしろシティ阿諏訪さんがゲストの回では、ブッシュクラフトキャンプでタープを張る際に木とロープを巧みに使っていました。ただし、番組の限られた時間の中では、気になるロープの結び方など詳しくは説明しきれません。そこで今回は、普通のキャンプでも便利に使えるロープワークを筆者の実演でまとめました!

もやい結び(ボーラインノット)の応用編! 小枝を挟んで木に巻き付けると、素早い固定・撤収が可能

画像4: Photographer 吉田 達史 番組「おぎやはぎのハピキャン」より

Photographer 吉田 達史

番組「おぎやはぎのハピキャン」より

放送の中で阿諏訪さんがやっていた、ボーラインノットに小枝を挟んで木に巻き付け、素早い固定・撤収が可能になるテクニックです。撤収が早いのは、タレントさんじゃなくても嬉しいところですよね。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

まずボーラインノットで輪を作っておいて、木などの固定対象物に巻きます。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

輪の中に、ロープの元を少しだけ入れて、ここにも輪を作ります。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

この輪の中に、小枝などを通します。上の画像では赤いポールです。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

ロープを引っ張って締め込めば完成です。上の写真だと四角い木なので浮いていますが、現実の木は丸いのでピッタリ密着するまで締め込めます。ほどく際は、挟んだ棒を抜くだけです。

南京結び(トラッカーズヒッチ)は、タープを張る際に便利! 滑車の原理を使うので、別名は万力結び

画像5: Photographer 吉田 達史 番組「おぎやはぎのハピキャン」より

Photographer 吉田 達史

番組「おぎやはぎのハピキャン」より

木を使ってタープを張る際に使っていた結び方が、トラッカーズヒッチ(南京結び)です。引っ張る力を滑車の原理で強くすることができるので、万力結びとも呼ばれます。木などを支点にしてロープをピシッと張りたい時にうってつけです。

キャンプで使う場面は木を使ってタープを張る時のほか、荷台への荷物の固定や、洗濯物を干すロープを張る時などに使います。支点となる安定したものが必須のため、出番はボーラインノットに比べると少ないと思います。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

まずは輪を作ります。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

輪の中に、ロープ先端側の中間を通します。

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

たわませた部分を引っ張ります。

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

ループができました。ループの左側、人差し指のあるところが滑車の役割を担う部分です。

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

くくりつけたい物に、ロープの先端を回します。

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

ロープの先端を、先ほど作った滑車の輪に通します。

画像19: 筆者撮影

筆者撮影

固定物(ここでは赤いポール)方向にロープ先端を引っ張ると、張力がかかります。

画像20: 筆者撮影

筆者撮影

もう1周巻いて引っ張ると、より力が強くかかります。動画で見て頂いた方が、より分かりやすいはずです。

画像: トラッカーズヒッチ(南京結び) youtu.be

トラッカーズヒッチ(南京結び)

youtu.be

張力をかけたまではいいけど、余ったロープ先端をどう結ぶか。固定してしまうなら普通の結び方でも構わないんですが、調整できるやり方を後ほどご説明します。

自在結び(トートラインヒッチ)は、張りの強さを調整できるロープワーク 南京結びとの合わせ技も紹介

ロープの長さを自在に変えることで、張りの強さを調整できるロープワークがトートラインヒッチ(自在結び)です。前の2つに比べて、少々難易度が上がります。

実際のキャンプ中は、テントやタープの張り綱(ガイロープやストームロープと呼びます)をトートラインヒッチで結んでおくと、張りの強さを調整できます。

画像21: 筆者撮影

筆者撮影

ペグやテントのループに、ロープの先端を通します。

画像22: 筆者撮影

筆者撮影

ロープ先端を3回巻きつけます。

画像23: 筆者撮影

筆者撮影

巻きつけた結び目は、ある程度絞って小さくします。

画像24: 筆者撮影

筆者撮影

ロープの先端は、先に巻きつけた部分から少し離した位置で縛ります。

画像25: 筆者撮影

筆者撮影

結び方ですが、末端を引っ張って解きやすい結び方にします。

画像26: 筆者撮影

筆者撮影

できあがりです。これも動画の方が断然分かりやすいのではないかと。

画像: トートラインヒッチ(自在結び) youtu.be

トートラインヒッチ(自在結び)

youtu.be

長さを調整する際ですが、元側のロープと2つ目の結び目を持ちまして、結び目をスライドさせるだけです。

画像27: 筆者撮影

筆者撮影

ロープを短くしたい時は、1つ目の結び目の元部分を送りながら、2つ目の結び目を引っ張ります。文字で見ても、何のことやらさっぱり分からないでしょう。私もです!ぜひ動画でご確認ください。

画像: トートラインヒッチ(自在結び)長さ調整 youtu.be

トートラインヒッチ(自在結び)長さ調整

youtu.be

トラッカーズヒッチとトートラインヒッチの合わせ技

画像28: 筆者撮影

筆者撮影

トラッカーズヒッチでテンション(張力)を強くかけて、余った部分をトートラインヒッチで結んでみました。これによって、長さを自在に変えられて、強い張力もかけられる結び方になります。

タープやテントとはボーラインノットで結んでおけば、相当な力で張ることができます。むしろ力を入れすぎてタープやテントを破かないよう、注意が必要です。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.