こんにちは!キャンプがニガテなファミリーキャンパー、えいみーです。
暑さもひと段落して、過ごしやすい季節になってきましたね!いよいよキャンプのベストシーズンとも言える、秋の到来です。そこで今回は、秋キャンプで快適に過ごすための装備や楽しみ方を徹底解説いたします!

秋がキャンプのベストシーズンである理由

画像1: 筆者撮影

筆者撮影 

筆者はキャンプを始める前は、夏がキャンプのベストシーズンだと思っていました。

アウトドアで過ごすキャンプは、夏の子供のアクティビティという印象があり、花火やキャンプファイヤーなど、夏に楽しむイメージが強かったからです。

しかし、筆者が1年を通してキャンプをするようになって、いちばん過ごしやすく快適なキャンプが出来るのは秋だと感じています。

理由としては以下の通りです。

  • 暑すぎず、寒すぎず、過ごしやすい
  • アブや蚊など、吸血系の虫が減る
  • 天候が比較的安定する
  • 紅葉などで山が色づく
画像2: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプのイメージがある夏ですが、近年では連日のように熱中症予防が叫ばれ、厳しい暑さの日も多いですよね。平地でのキャンプを快適に過ごすのは、残念ながら難しいのが実情です。

しかも、夏は虫が元気いっぱいの時期。子供と一緒に虫取りをするのは楽しいですが、ハチ・アブ・ヤブ蚊など、刺す虫、吸血系の虫の被害にあうことも多くなります。虫嫌いさんの場合、夏はおそらく避けたい季節かと思います。

また、春は平地で暖かくなってきたとしても、山間部にあるキャンプ場などでは春の訪れは遅く、まだまだ寒さが厳しい時期です。

そのうえ、春はキャンパーの大敵とも言える、強風が吹き荒れることも多いもの。安全にキャンプを楽しむには、少しハードルが高いようにも思えます。

画像: 筆者撮影 春の嵐にゆがむ2ルームテント

筆者撮影 春の嵐にゆがむ2ルームテント

このような理由から、秋は1年の中で最も気温的に過ごしやすく、虫が減り、天候が安定する、アウトドアにはもってこいの季節なのです。

秋はお山が紅葉で色付いて、本当にキレイ!

秋キャンプで快適に過ごすためには寒さ対策が必須!

画像: 筆者撮影  11月初旬の道志村でのキャンプの朝

筆者撮影  11月初旬の道志村でのキャンプの朝

上述してきたように、秋はとても過ごしやすい気候なのですが、これはあくまで日中のお話です。

キャンプ未経験の方には、あまり想像がつかないかもしれませんが、朝晩の冷え込みは想像以上だと思います。

車が横付けできるオートキャンプ場の場合、荷物をたくさん持って行けるので、「ちょっと大げさかな?」と思うぐらいのしっかりめの防寒対策をして秋キャンプにお出かけください。

秋キャンプで必要な装備は、基本的にほかのシーズンで使うキャンプの装備でOKです。

主に変わるのは、シュラフやマットなどの寝具類と、防寒のための衣類です。この点は後ほど詳しくご紹介します。

キャンプに行く場所にもよりますが、11月辺りになると、朝晩は冬かと思うほど凍えることがあります。寒がりさんは、標高があまり高くないキャンプ場を選ぶと安心かもしれません。

心配だったら電源付きのサイトを予約して、電気毛布などを持ち込むと安心だよ♪

This article is a sponsored article by
''.