昼夜どちらでも楽しめるキャンプの焚き火ですが、アウターに注意しないと「新調したばかりなのに火の粉で穴が開いてしまった…!」なんてことも。そうなってしまったら、楽しい気分が台無しですよね。そこで今回は、焚き火にぴったりな難燃性素材が使われたアウターをご紹介します。

キャンプで焚き火を楽しむために、難燃性素材でできた専用のアウター(ウェア)を用意しよう!

ナイロンやポリエステルなどの化学繊維のアウター(ウェア)は火に弱い! 引火や、繊維が溶けて火傷の恐れがある

楽しいキャンプから帰ってきたら「お気に入りのウェアに穴が開いていた!」という経験をしたことはないでしょうか?

ナイロンやポリエステルなど、高機能な化学繊維が多く使われるアウトドアウェア。軽量だったり耐久性があったりと、優れたポイントもたくさんあるのですが、気を付けたいのが火に弱い素材でもあるということです。

化学繊維に火がつくと燃え広がってしまったり、溶けた繊維が肌につくと火傷してしまうこともありますから、キャンプ中に火を扱うシーンでは化学繊維のアウターのみでの作業は避けるのがベター。そんなときに活躍してくれるのが「焚き火ウェア」です。

天然素材や難燃性素材の焚き火用アウター(ウェア)を活用しよう 引火や火の粉で穴が開くことを防ぐ

焚き火ウェアはコットンやウールなどの天然素材デニムなど難燃性の素材が使われているものが多く、火の粉による穴あきや引火による火傷などを防いでくれます。よって、焚き火の近くで作業するときは、燃えにくい素材のアウターを着用しましょう。

各アウトドアブランドが独自に開発した難燃性素材を使ったものもあるので、焚き火ウェアを選ぶときは素材にも注目してみてください。ただし、難燃性素材はあくまでも燃えにくい素材ということを忘れてはいけません。絶対に燃えないというわけではないので、火を扱うときには細心の注意を払ってくださいね。

また、火の粉に強い素材であること以外に、キャンプや焚き火をすることを前提に作られている点もおすすめする理由の一つ。道具を入れやすいポケットが付いていたり、防水性に優れていたりと、とても機能的なものが多いのです。

それでは、難燃素材で機能性も抜群な「おすすめの焚き火ウェア」を3つご紹介いたします。

画像: 天然素材や難燃性素材の焚き火用アウター(ウェア)を活用しよう 引火や火の粉で穴が開くことを防ぐ

難燃性繊維ケブラーを配合! 焚き火に強い上に洗濯OKで長く愛用できるダウンジャケット

ナンガ(NANGA) TAKIBIダウンジャケット

国内生産にこだわったダウンメーカーの「ナンガ」。中でもTAKIBIダウンジャケットは表地に難燃繊維「ケブラー」を配合しており、焚き火に強いウェアとして人気の商品です。ダウンのポケットは全部で7つあり、キャンプや焚き火で使う小物を十分に収納できます。

高品質原毛を採用したダウンは、家庭の洗濯機でも洗濯可能。洗濯ネットに入れ、洗濯機の毛布洗いコースで洗い、脱水せずに手絞りで日陰干ししましょう。乾燥後は叩いて羽毛をほぐせばOK。「ダウンは洗ってはいけない」と思っている人も多いですが、このTAKIBIダウンジャケットは、正しく洗濯すれば長く快適に使えますよ。価格はAmazonにて4万円台で購入できます。火の粉に強く、洗濯を繰り返しできるおすすめの焚き火ウェアです。

画像1: images-na.ssl-images-amazon.com
images-na.ssl-images-amazon.com

火の粉だけでなく、雨や汚れにも強い高機能焚き火ウェア 1万円台で買えるコスパの良さも魅力

コロンビア(Columbia) ドクターデニム アノラックコラボ

キャンプやレジャーで活躍するデニムは火の粉に強い難燃素材なので、焚き火ウェアにもおすすめ。

「コロンビア」のドクターデニムアノラックコラボは「(社)日本焚き火コミュニケーション協会」が監修を務めており、キャンプ小物を出し入れしやすい大きなカンガルーポケットや、冬は中に着こんでも大丈夫なシルエット設計など、ベテランキャンパーも納得のデザインになっています。

また、雨や汚れを弾く「オムニシールド」を採用しているので、急に雨が降ったり、BBQで食べ物をこぼしてしまったりしたときも安心です。価格は楽天にて1万円台で購入可能。手軽に購入できる、おしゃれな焚き火ウェアです。

動きやすく、かぶるだけの簡単着脱 インナーを選ばないポンチョタイプの焚き火ウェア

グリップスワニー(GRIPSWANY)FIREPROOF PONCHO

「焚き火ウェアは火の近くでだけ使いたい」という人におすすめなのがポンチョタイプ。ジャケットタイプは厚みのあるウェアの上に羽織る場合、少し窮屈さを感じることがあるかもしれませんが、ポンチョであればその心配がありません。

全体的にゆったりとしたデザインながらも、首元までしっかり閉まるファスナーがあったり、手首にはボタンが付いていたりと、動きやすい設計や火の粉が入り込まないような工夫が施されています。胸元にはスマホなどの小物が入るポケット付きです。

素材はグリップスワニーオリジナルの難燃素材であるFIRESHIELDを使用。万が一火と接触しても溶けずに炭化するため、火傷や延焼などの防止が期待できます。価格はAmazonにて15,000円前後で購入可能です

画像2: images-na.ssl-images-amazon.com
images-na.ssl-images-amazon.com

専用ウェアがあれば、焚き火を安全・快適に楽しめる! 焚き火の頻度が多い方は1着は持っておこう

画像: 専用ウェアがあれば、焚き火を安全・快適に楽しめる! 焚き火の頻度が多い方は1着は持っておこう

「キャンプに行ったら絶対焚き火をする!」という人はぜひ、焚き火に適した専用ウェアを手に入れてみてください。難燃素材で安心感もありながら、キャンプや焚き火が快適にできるような設計・機能性になっているところもポイント。より一層快適に焚き火を楽しめますよ。ただ、はしゃぎすぎて、くれぐれも火に近づきすぎないようにしてくださいね。

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.