「キャンプに挑戦してみたいけど、いきなりテント泊は不安…」という方は、まずは快適なコテージ泊から始めてみませんか?コテージならテントの設営は不要なので気軽に自然の中で過ごすことができます。雨の日でも安心です!【北海道・東北・関東・甲信越地域】のコテージ施設のあるキャンプ場をまとめてご紹介します。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のための注意点

  • 休業中・営業時間短縮中のキャンプ場もございます。営業時間等につきましては必ずキャンプ場公式サイト等で最新の情報をご確認お願いいたします。
  • なるべく都道府県をまたいだ移動は控え、お住まいの近隣地域でのキャンプを楽しみましょう。
  • その他、キャンプ場の指定ルールに従い、こまめな手洗い・消毒・マスクの着用など、感染拡大防止のため細心の注意をお願いいたします。

【北海道】

オートリゾート苫小牧アルテン

北海道苫小牧市・錦大沼公園の一角にある「オートリゾート苫小牧アルテン」は、北海道では珍しく通年でキャンプが楽しめる施設です。

広大な敷地の中にはテントサイト以外にも、温泉施設やパークゴルフ、カヌー、乗馬体験できる場所があるのも魅力。

コテージはログハウス調のものやバンガロータイプなど5種類の宿泊施設の中から選べます。

ベッドや冷蔵庫、テレビなど、快適に過ごせる設備が整っているので、テント泊は不安だけど自然を満喫したい人にはピッタリですよ!

【宮城県】

おしか家族旅行村オートキャンプ場

宮城県石巻市にある「おしか家族旅行村オートキャンプ場」は、金華山と太平洋が目の前に広がっていて、とにかく眺めが最高!

ケビンは定員が5名と8名のタイプがあり、ファミリーやグループでの利用にも最適。

寝具はもちろんエアコンや冷蔵庫、浴室など必要な物は大体揃っているので快適に過ごすことができますよ!

【関東】

茨城県・「城里町総合野外活動センターふれあいの里」

茨城県の水戸市森林公園近くにある「城里町総合野外活動センターふれあいの里」は、本格的な天文台があるキャンプ場。

6人用と8人用のキャビンはキッチン、バス、トイレ、エアコン完備!他にも4人用キャビンや簡易的なバンガローも用意されています。

栃木県・「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」

子ども連れでも安心してキャンプができるような設備が魅力の「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」。

全部で12種類のキャビン・バンガロー・コテージなどの宿泊施設も豊富です。

中でもコテージは北欧フィンランド風のナチュラルなつくりが魅力的。室内もとても清潔で木の温もりが感じられます。

寝具やユニットバスのほか、食器セットや屋根つきのバーベキューデッキもついていてとっても快適!

他にも2020年に新設された「焚き火コテージ」や、テント泊とコテージ泊の良いとこ取りができるキャビン/バンガローなど、お好みのスタイルによって宿泊タイプが選べるのも嬉しいですね!

栃木県・「みよりふるさと体験村キャンプ場」

栃木県日光市にある「みよりふるさと体験村キャンプ場」は、無人駅を挟んだ空き地で営業している、ちょっとユニークなキャンプ場です。

総合受付にもなっている「男鹿の湯」では良質な温泉でまったり癒されますよ。

コテージは1棟限定の大人数用コテージや、ファミリーコテージ、ペットと一緒に泊まれるコテージなどを用意。

食器類や冷蔵庫、コンロ、寝具にトイレも備わっているので快適です!

群馬県・「北軽井沢スウィートグラス」

関東最大級にして、ハイクオリティな設備が自慢の「北軽井沢スウィートグラス」。

スウィートグラスの魅力は何と言っても、豊富な宿泊プランと充実した高規格設備!

ほぼ手ぶらで宿泊できる「コテージ」10種類と、最小限の家具が用意された「キャビン」15種類の中から宿泊施設をチョイスできて、どこに泊まろうか迷ってしまうほど。

コテージは、薪ストーブやテラスでバーベキューも楽しめる「ファイヤーサイドコテージ」、屋根裏部屋やハンモックで子供も楽しめる「コテージ トントゥの庭」など、どれも工夫がたくさんです!

群馬県・「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」

群馬県嬬恋村にある「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は、無印良品が手がけるキャンプ場。

標高1300mの高原にあり、周囲は山々に囲まれ、湖ではフィッシングやボートなども楽しめます。

テントサイトのほか、シンプルな「無印良品の小屋」やモダンでおしゃれなコテージ「家具の家」などに宿泊してみるのもおすすめです!

家具や備品はすべて無印良品のアイテム。無印良品のキャンプ場だからこそできるぜいたくなキャンプの楽しみ方ですね!

千葉県・「フォレストパーティ峰山」

千葉県君津市の山の上にあるキャンプ場「フォレストパーティ峰山」。

でこぼこの山道を登った先にある手付かずの自然が楽しめるキャンプ場ですが、コテージやバンガローも充実。

コテージにはキッチン、冷蔵庫、調理用具などもそろっていて快適なキャンプが楽しめますよ!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.