『ルミエール』と言えば、コールマンから販売されているキャンドル風ガスランタンです。OD缶に接続して使うランタンなのですが、マントルを使うガスランタンと違い、ユラユラと揺れる炎が優しい、雰囲気のあるランタンです。ただ、テーブルランタンとしては少々明るさが足りず、これだけでは照明にはなりません。そこで今回は、とことんアウトドアの雰囲気を盛り上げてくれる『ルミエール』を、世界でたったひとつだけのオリジナルトルコランプ風ランタンに変身させる方法をご紹介します。

オリジナルランタンの自作ではデザイン力や緻密さがポイント! 色ガラスを貼り付けるだけだから簡単!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

『ルミエール』をオリジナルトルコランプにするには、ランタンにシリコンシーラントを使って色ガラスを貼り付けるだけ。
シリコンシーラントは耐熱性があり粘性が強く、乾くと透明になる接着剤のようなものです。

画像2: コールマン『ルミエール』でオリジナルトルコランプを作ろう! アウトドアに最適!
【工場直販】 ガラスモザイクタイル ◆◆◆8色 MIX 大容量600g[600ピース以上] ◆◆◆ DIY ハンドメイド クラフト オリジナル 手作り 10mm角 (600 g, 8色カラフル)
高品質ガラスモザイクを特価でご提供いたします。
ルースタイプのガラスモザイク(10mm角×4mm厚)をたっぷり600g詰めました。
単色600g~もございます。ONYX JAPANで検索!
自作アートやフォトフレーム、トレーやスタンド照明などに最適です。
接着剤で貼るだけの簡単キレイな仕上がりで気軽にDIYが楽しめます。モザイクタイルの貼付けにはあらゆる素材に貼付け可能な【3M】300LSE超強力両面テープ5㎜がお勧めです。また、目地材の使用でより本格的な仕上がりが可能です。
¥1,590
2020-05-08 16:08
画像3: コールマン『ルミエール』でオリジナルトルコランプを作ろう! アウトドアに最適!
ルトランド(Rutland) 耐熱シリコンシーラント RTV (304mL, 透明) [並行輸入品]
頑丈なゴム状のシールを形成してガスや煙を密封し、暖炉や薪ストーブの煙突、ガラス窓などの補修に役立つ耐火シーリング剤
ガラスや金属、プラスチック、アルミ、木材などに接着
使い方: 1) 接着面をきれいにする。2) ノズルを切断してコーキングガンにカートリッジを装着する。3) シーラントをノズルの先に押し出し、塗ったら直ちに接合する。4) 通常20分間で半硬化し、24時間後に完全硬化する。
耐熱温度: 260°C
色: クリア
¥3,980
2020-05-06 12:39

たったそれだけなんですが、大きさ、形、色がバラバラのガラスを上手に配置していく必要があります。その上貼り付けるガラスは、ビーズやガラス玉など多種多様。選択肢が多く、すごく悩むんです。

しかも、『ルミノール』のガラスは複雑な曲面でできているので、フィットするガラスを見つけるにも一苦労です。

……なんて言っていると全く先に進まないので(笑)、まずはモチーフとなる形と色を決めていきます。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

テーブルの上に並んでいるガラスは、四角とひし形がメインで、サイズはある程度揃っています。これを並べて行けば、ある程度トルコランプ風のデザインになります。

次に、紙の上にモチーフとなる形を作って行きます。
『ルミエール』に火を入れた時に暖かい雰囲気になる様に暖色系でまとめ、丁度炎の位置に大きなガラス玉を入れて光が綺麗に見える様に工夫しました。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

シリコンを『ルミエール』のガラス面に塗りつけて、台紙に作った形をそのまま貼り付けていきます。

シリコンが固まるまで30分程。それまでであれば何度でもやり直しは可能です。

貼っていくうちに、どんどんイメージしていたものと違うものになっていくのですが……!

それはそれでOK! インスピレーションに従いどんどん進めていきます。

トルコランプ作りは、色の使い方やデザイン力と、整然と並べる細かさ、緻密さを要求される作業。気がつくと作業に没頭していました。

こんなに気持ちよく集中したのは何十年ぶりでしょう。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

10時に始めたオリジナルトルコランプ作り。休憩もはさまず集中し続け、4時間が経過したところで、最後の作業に。空いた部分に細かなビーズを貼り付ければ完成です。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

とりあえず出来上がりましたが、なんか違う……!一緒に体験していたお子さんに「ウルトラマンだ~!」と言われてしまいました。言われてみると確かに、どことなくバルタン星人のようです。

妻は、更に1時間格闘して、ほぼ1日が過ぎていきました。。。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

実際に光を入れてみると、若干バルタン星人ぽさは薄れます……よね!?

まだシリコンが固まっていないので、もう少し手直しをして完成です。

シリコンが固まるまで2〜3時間ほど預かっていただき、夜引き取りに行きました。

コールマン の『ルミエール』でつくったオリジナルトルコランプが完成! その日のうちに使える!

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

完成したトルコランプをテントに持って来て、いざ点灯。作ったその日のうちにキャンプデビューできるのも嬉しいですよね。

右2つが我が家のルミエール。右から2番目が僕の作品です。左2つは友人のキャンドルホルダーとルミエールです。

驚いたのは、4人共打ち合わせをしたわけでもなく、それぞれが自由に思い通りに作ったはずなのに、家族毎のカラーが出ているのにビックリしました。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

一番左が普通の『ルミエール』ですが、トルコランプ風にしたことで、すごくゴージャスで個性的なランプになったのがおわかりいただけると思います。

しかも、ガラスを貼り付けたことで2回りも3回りも大きくなって、存在感が増した気もします。

オリジナルトルコランプ製作は簡単で楽しい! 自分だけのお気に入りを自作してみてはいかがですか?

キャンプに行くたび、このオリジナルトルコランプをテーブルにセットする度に、みんなで作った思い出が、『リゾート大島キャンプ場』で過ごした2泊3日が、毎回思い出されることでしょう。

なかなか外出できない昨今ですが、ご自宅でチャレンジしてみるのももちろん素敵ですし、『リゾート大島キャンプ場』で体験していただいても、素敵なキャンプの思い出作りになるでしょう。

世界にたったひとつのオリジナル『ルミエール』を、皆さんも作ってみてはいかがでしょうか?

This article is a sponsored article by
''.