日差しや雨から守ってくれるキャンプアイテム「タープ」。設営の仕方が難しそうというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?筆者の愛用するコールマンの「XPヘキサタープ/MDX」なら、設営が簡単で初心者でも安心です。今回はその魅力と設営方法についてお伝えします!

タープがあればキャンプをさらに楽しめる! 日差しや雨をよけながら、プライベート空間も確保できる

タープとは、キャンプで日差しや雨をよけるために使う広い布のことで、周囲からの視線をさえぎりプライベート空間を確保することもできます。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

タープは必ずしもキャンプに必須というわけではなく、タープなしでキャンプしている人もいます。

そのため「タープを買った方がいいのかどうか分からない」という人もいるのではないでしょうか。

テントの外で広々とキャンプを楽しみたい人にはタープがおすすめ。寝室不要なデイキャンプにも◎

筆者がタープを購入した経緯についてお伝えすると、筆者は2年前にキャンプを始めましたが、タープを購入したのは半年前です。

キャンプを始めた当初は、コールマンの2ルームテントを購入し、テントのリビング部分をタープ代わりにして使っていました。

しかし実際にはテントの外にテーブルやイスを出して開放感を楽しむことが多く、日差しや急な雨をさえぎるためのタープの必要性を感じるようになりました。

またデイキャンプの機会も多かったのですが、寝室が不要になるデイキャンプでは、大きな2ルームテントを建てるのが面倒だったので、タープがあると便利だとも考えるようになりました。

タープの選び方

しかしいざタープを買おうと思っても、いろいろな種類があってどれを選べば良いのか迷ってしまいました。

<素材>

まず素材については当初、焚き火の粉が飛んでも穴が開きにくい「ポリコットン製」のタープを検討していたのですが、実際に店舗で素材を触ってみて「水を吸ったらかなり重くなりそう」と感じたため、軽量で手入れが簡単な「ポリエステル製」のタープを購入することにしました。

<形>

次にタープの形については、キャンプ場でキャンパーの皆さんの様子を観察していると、特に風の強い日などは、設営時にポールを立ててバランスを取るのが難しそうに見えました。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

そこでポールを立てやすく設営が簡単なコールマン「XPヘキサタープ/MDX」を購入することにしたのです。

▼「おぎやはぎのハピキャン」のシーズン15「おもてなしキャンプ」でもコールマン「XPヘキサタープ/MDX」が使われていました!

コールマン「XPヘキサタープ/MDX」はクロスポールで簡単設営! 高さ調節もラクラク

画像1: コールマン「XPヘキサタープ/MDX」徹底レビュー 初心者におすすめな簡単設営方法も解説!
コールマン(Coleman) タープ XPヘキサタープ MDX グリーン 2000028621
サイズ:使用時/約460×435×高さ230cm、収納時/約直径18×74cm、メインポール・サイドポール/約直径19×長さ180mm
重量:約7.6kg
材質:タープ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO PU防水、シームシール)、ポール/スチール
耐水圧:約1500mm
付属品:サイドポール×2、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバック
¥24,000
2020-10-14 11:46

タープには布地が正方形の「スクエアタープ」、ひし形で小型の「ウィングタープ」など様々な種類がありますが、コールマン「XPヘキサタープ/MDX」は、6角形の布地の「ヘキサタープ」です。

ヘキサタープは、ロープの張り方を変えることで、日陰の面積を増やしたり減らしたりすることができ、アレンジ性の高さが魅力です。

スクエアタープより面積は狭いものの、使用するポールの数が少なく設営・撤収が簡単なので初心者でも扱いやすくなっています。

特にコールマン「XPヘキサタープ/MDX」の最大の魅力といえるのが、簡単に設営ができる「クロスポール」です。

多くのタープは、タープの重さを支える「メインポール」1本につき、2本のロープを張ることでポールを固定させます。

一方「クロスポール」は、メインポールとして2本のポールがX字状につなげられており、1本のロープで張ることができます。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

1本ポールよりもクロスポールの方が自立しやすく安定感があり、ロープをペグで固定する箇所も少なく済むので、設営が簡単になるのです。

さらにクロスポールを広げたり閉じたりすることで、高さ調整も簡単にできます。

コールマン「XPヘキサタープ/MDX」の設営方法を写真付きで紹介! 一人でも簡単に設営できる 

ここからは、コールマン「XPヘキサタープ/MDX」の設営方法を、写真を交えながら説明していきます。

この設営は全て一人で行っています。一人でも簡単に設営することができますよ。

まずタープ一式が収納ケースに入っているので、中身を広げていきます。

画像: 筆者撮影「専用収納ケースから中身を出していきます」

筆者撮影「専用収納ケースから中身を出していきます」

画像: 筆者撮影「タープを広げて配置を決めます」

筆者撮影「タープを広げて配置を決めます」

タープを広げて、だいたいの配置を決めたら、ロープをポールの長さほどに伸ばした2か所に、ペグを打っていきます。ペグには伸ばしたロープの先端をかけておきます。

画像: 筆者撮影「ペグは付属品ではなく別途購入した『エリッゼステーク』を使用しています ※詳細後述」

筆者撮影「ペグは付属品ではなく別途購入した『エリッゼステーク』を使用しています ※詳細後述」

タープの端のリングをクロスポールの先端にかけ、ポールを立てていきます。

画像: 筆者撮影「クロスポールとタープの接続は、タープのリングにポールを通すだけなので簡単」

筆者撮影「クロスポールとタープの接続は、タープのリングにポールを通すだけなので簡単」

画像: 筆者撮影「クロスポールなので安定しやすい」

筆者撮影「クロスポールなので安定しやすい」

もう片方のポールも立てていきます。

画像: 筆者撮影「クロスポールが安定しているので、一人でも簡単に立てることができます」

筆者撮影「クロスポールが安定しているので、一人でも簡単に立てることができます」

ロープを調整してタープを固定し、クロスポールの脚部を広げて、高さを調節します。

画像: 筆者撮影「タープのロープを張る前の状態。雨が降った後は、この状態に戻せば一気に雨が流れて便利です。」

筆者撮影「タープのロープを張る前の状態。雨が降った後は、この状態に戻せば一気に雨が流れて便利です。」

タープの4隅にロープを結び、ロープを引いてペグで固定すれば、完成!

クロスポールとロープだけで立てた状態は、タープの中が見えにくく、プライベート感ばっちりです。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

さらに付属のサイドポールを活用すれば、居住空間を自在にアレンジすることができます。

画像: 筆者撮影「サイドポールでアレンジ自在」

筆者撮影「サイドポールでアレンジ自在」

サイトの形状に合わせて、タープをクローズしたりオープンにしたり、好みに合わせて変形させることができます。

画像: 筆者撮影「人が通る通路側だけクローズし、もう片側はオープンに」

筆者撮影「人が通る通路側だけクローズし、もう片側はオープンに」

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.