みなさんこんにちは、のざるです。『おぎやはぎのハピキャンシーズン15』(メ~テレ制作)では、漫才コンビ「天津」の木村さんがプレゼンキャンパーとしてハピキャン初登場! 木村さんが提案するのは「おもてなしキャンプ」。木村さんはどんなギアを駆使しておもてなししてくれるのでしょうか。おもてなしキャンプに登場するギア、あると思います!

Coleman(コールマン) XPヘキサタープ/MDX

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

ハピキャン読者の皆さんおなじみのアウトドアブランドColeman(コールマン)

今回登場するのは『XPヘキサタープ/MDX』。サイズは約460×435×230(h)cmで、大人4人がタープ下で過ごせるほどの大きさがあります。

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

ヘキサタープとは、六角形(ヘキサゴン)の形をしたタープのこと。側面には壁がないため、サブポールを利用すれば開放感をたっぷり味わえるのが魅力です。また、メインポールを低くするなど張り方のアレンジも楽しめます。

コールマンが販売するヘキサタープには、他ブランドにないある特徴があります。

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

その特徴とは、クロスポール

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

通常は、1本のメインポールに対し2本の張り網を使用しますが、このクロスポールはメインポールを2本クロス状につなげ、張り網を1本で済ませるというもの。

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

メインポールをクロス状に立てることにより安定感が生まれ、なおかつ張り網を1本で済ませられるので、ペグダウンの数を減らすことが可能なんです。

また、通常張り網はある程度遠くにペグダウンする必要がありますが、クロスポールが安定感を生んでくれるので、ペグダウンの位置をそれほど遠くしなくても大丈夫なんです。

画像1: 【ハピキャンギア紹介】『おもてなしキャンプ』に登場するギアをチェック! このギア「あると思います!」

クロスポールのハの字の幅を調節すれば、タープの高さ調節も簡単です!

画像6: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

初心者にとってタープの設営はなかなか骨の折れる作業ですが、このクロスポールなら比較的容易に設営することができます。 また、ペグダウンの数が減り張り網が少なくなれば、お子さんが足を引っかけてころんでしまうというリスクも減らすことができます。

ユーザー目線で作るられたコールマンのヘキサタープは、初心者にもオススメできるモデルです!

【XPヘキサタープ/MDX仕様】

耐水圧:約1,500mm
タープサイズ:約460×435×230(h)cm
収納時サイズ:約ø18×74cm
重量:約7.6kg
材質:タープ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール) ポール/(メイン)スチール約ø19mm×2 (サイド)スチール約ø19mm×2 長さ約180cm
付属品:サイドポール×2、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ

画像2: 【ハピキャンギア紹介】『おもてなしキャンプ』に登場するギアをチェック! このギア「あると思います!」
コールマン(Coleman) タープ XPヘキサタープ MDX グリーン
商品説明
コールマン(Coleman) タープ XPヘキサタープ MDX グリーン 2000028621
ブランド : コールマン(Coleman)

Coleman(コールマン) ワンマントルランタン 286A740J

画像7: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

続いては、2010年度のロングライフデザイン賞を受賞したコールマン『ワンマントルランタン 286A740J』。 燃料にはホワイトガソリンを使用。

近年は扱いやすく安全なLEDランタンが人気を博していますが、ガソリンランタンは実際に炎を灯すランタンです。 ゆらゆらと揺れる炎を眺めていると、自然とリラックスし、癒されること間違いなし。

画像3: 【ハピキャンギア紹介】『おもてなしキャンプ』に登場するギアをチェック! このギア「あると思います!」

たき火を見ているとリラックスできませんか? ランタンの炎も同じ効果なのかもしれませんね。

画像8: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

コールマンのロゴにはランタンがあしらわれています。元々コールマンはガソリン式ランタンを開発し発展していった会社だということをご存知でしたか? カラーやデザインが多少変わっても、レトロな雰囲気を醸しだすワンマントルランタンは、世代を超えて愛され続ける逸品なんです。

ガソリンランタンというと「使い方が難しそう……」と思われるかもしれませんが、コツをつかめば簡単に取り扱うことができますよ。 今回、木村さんが使い方をしっかりとレクチャーしてくれていますので、是非本編でチェックしてみてください。

【ワンマントルランタン 仕様】

明るさ:約200CP/130W相当
燃料タンク容量:約590cc
燃焼時間:約7.5~15時間
本体サイズ:約φ16×31(h)cm
重量:約1.4kg 
付属品:プラスチックケース 

画像4: 【ハピキャンギア紹介】『おもてなしキャンプ』に登場するギアをチェック! このギア「あると思います!」
コールマン Coleman ワンマントルランタン
■明るさ:約200CP/130W相当 
■燃料タンク容量:約590cc
■燃焼時間:約7.5〜15時間 
■本体サイズ:約φ16×31(h)cm
■重量:約1.4kg 
■付属品:プラスチックケース 
■使用ジェネレーター:Model 288-5891 
■使用グローブ:Model R214C046J

SOTO(ソト) マイクロレギュレーターストーブ FUSION Trek SOD-330

画像9: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

1978年に工業用バーナーの製造会社として設立された新富士バーナー。その新富士バーナーが展開するSOTO(ソト)は、カセットガスを燃料にした燃焼器具を中心に扱うアウトドアブランドです。

今回登場したのは、SOTOが販売する『マイクロレギュレーターストーブ FUSION Trek(フュージョントレック)SOD-330』

画像10: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

OD缶を燃料とした、分離型のマイクロレギュレーターを搭載するコンパクトなストーブです。

連続使用時や低温時のボンベ内の圧力低下に影響されにくく、安定した火力を発揮することができます。

画像11: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

3本脚を採用したゴトクは、不安定な地面でも安定感を発揮。また、折りたためばコンパクトに収納可能で、本体のみの重量は182gと非常に軽量です。

ただし、点火装置がついていないため、点火には別途ライターなどが必要です。

画像12: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

炎口はおよそ300個。火足の短い炎で火力を安定させ、すり鉢状のバーナーヘッドで風の影響を受けにくい構造になってるのが特徴です。

OD缶に直接装着するバーナーは、軽量コンパクトに収納できますが、安定性がOD缶の大きさに依存してしまうため、使えるクッカーのサイズが限られてきます。そのため、どちらかと言えば登山やソロキャンプ向けです。

分離型のストーブであればゴトクの安定性が増すため、より大きなクッカーサイズや調理にも対応可能。グルキャンやファミキャンでもしっかり使えるコンパクトストーブとなっています。

画像5: 【ハピキャンギア紹介】『おもてなしキャンプ』に登場するギアをチェック! このギア「あると思います!」

大きなクッカーを使いたい場合は分離型がおすすめです。

【マイクロレギュレーターストーブ FUSION Trek SOD-330 仕様】

外形寸法:幅430X奥行140X高さ100mm(使用時・本体のみ・ホース長さ含む)      
     幅110X奥行60X高さ100mm(収納時)
ゴトク径:160mm(外径)、62mm(内径)
重量:182g
発熱量:3.3kW(2,800kcal/h)
使用時間:約1.5時間(SOD-725T 1本使用時)
使用容器:SOTO製品専用容器(ボンベ)(OD缶タイプ)
材質:ゴトク・器具栓つまみ・バーナーヘッド :ステンレス
付属品:収納ポーチ

画像6: 【ハピキャンギア紹介】『おもてなしキャンプ』に登場するギアをチェック! このギア「あると思います!」
SOTO(ソト) レギュレーターストーブ FUSION Trek(フュージョントレック) SOD-330
本体サイズ:幅43×奥行14×高さ10cm
重量:0.182kg
収納時サイズ:幅11×奥行6×高さ10cm
発熱量:3.3kW(2,800kcal/h)
使用時間:約1.5時間(SOD-725T 1本使用時) 使用容器:SOTO製品専用容器(ボンベ)(OD缶タイプ)
¥9,900
2020-09-17 21:36
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.