こんにちは!最近すっかりファミリーキャンプがメインになってしまったくにぱぐです。今日はファミリー向きのメニューとして「ピザ」をご紹介します。生地から手作りですが、粘土感覚でお子さんと一緒に作れる楽しいメニューです。焼く方法もあるものでなんとかなりますよ。味も市販のものと比較して遜色はなく、「楽しくて美味しい」を突き詰めた一品です。

初心者でも簡単にキャンプで作れちゃうピザ! ジップロックのまま粉をこねれば周りを汚さずに作れる

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

今回は「ピザ」を取り上げます。

実は我が家の最初のキャンプの時に作ったメニューだったりします。

最初のキャンプなので、設営などもトラブルが多くてすごく時間がかかったのですが、その中でちゃんとできて美味しかったのですから、キャンプでのピザづくりはそんなに難しいものではないのだと思います。

生地から手作りというとなんだか大変そうですが、粘土感覚でこねるだけなので小さなお子様でも手伝えるし、結構楽しそうにやってくれるものです。

「粉まみれになるのはちょっと…」と思われる方もいるかもしれませんが、ジップロックの袋ごとこねるので、ほとんど汚れは出ませんよ。

なお、今回はキャンプにおけるピザを焼く手段についても考えてみました。工夫次第でいろいろな焼き方ができので、「自分の持っているギアならどうするか」と考えるためのヒントになれば幸いです。

ピザに必要な材料と道具を伝授! 具材は自分好みのものにカスタマイズ出来ちゃうから楽しさ倍増!

ピザの食材(1枚・2~3人前)

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

・強力粉 …250g
・薄力粉 …50g
・塩 …5g
・ドライイースト …5g
・オリーブオイルかサラダオイル …大さじ1
・ぬるま湯 …150ml
・ピザソース …適量
・ピザ用チーズ …適量
・サラミ、ベーコン、ソーセージ、ミニトマト、バジルなど …お好みで適量

トッピングの食材はスタンダードなところでこんな感じですが、マルゲリータにするならチーズだけでもいいですし、バーベキューで焼いた肉など乗せると豪華な感じがしますね。この辺は好みなのでいろいろ考えてみてください。

ピザの調理に必要な道具

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

いろいろと試した中で一番のオススメは尾上製作所のピザオーブンです。

本来はバーベキューグリルに乗せて使うものですが、薪ストーブや灯油ストーブでも使えます。ピザストーンを熱してピザを焼く本格派の作りで、チルドのピザですらかなりしっかりと仕上がります。

画像1: 【レシピ公開】キャンプで作れる自家製ピザ! 子どもと生地から作る簡単作り方を紹介
尾上製作所(ONOE) コンパクトピザオーブン ON-1781
本体サイズ:37.5 x 29 x 13cm
重量:3kg
材質 本体:ステンレス
材質 本体持手:スチール(クロームメッキ)
材質 温度計:スチール
材質 ピザストーン:セラミック
材質 ピザピール:アルミ・スチール(粉体塗装)
オーブン室有効内寸:幅25x奥行25x高さ5cm
ピザストーンサイズ:25 x 28.5cm
付属品:ピザストーン、ピザピール、コンパクトピザオーブン用クッキング手帖
¥4,054
2020-03-10 14:27

ピザストーンは炭火などで直接焼くのとは異なり、高温になりつつピザ底面の焦げ付きを軽減してくれます。ですのでピザストーンだけを買い、アルミの鍋などを被せることで簡易的なピザオーブンを作ることも可能です。

画像2: 【レシピ公開】キャンプで作れる自家製ピザ! 子どもと生地から作る簡単作り方を紹介
デロンギ ピザストーン 円形 PSC
■ サイズ: 直径295mm ■ 材質: ピザ釜用粘土 ■ 対象機種・型番:EO1202J-W・EO1258J・EO1270J
¥2,838
2020-03-10 14:35
画像4: 筆者撮影

筆者撮影

ダッチオーブンがあるなら炭火を使えばピザが焼けます。中にクッキングシートかアルミホイルを敷いてからピザを乗せ、蓋の上からも炭を乗せることで、上下両面から焼き上げることができます。事前にしっかりと熱するようにしましょう。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

最後はなかばオマケなのですが、焚火台の熱を利用する方法もあります。画像はユニフレームの薪グリル(ノーマルサイズ)の下に、DODのソトメンシガーZという調理用テーブルをはめこんで作った簡易的なピザ窯です。

焚火台は構造上、火の下に空間があり、ここがかなり高温になります。この隙間にピザを置くことができれば、焚火を楽しみつつしっかりとしたピザを焼き上げることができるのです。

画像3: 【レシピ公開】キャンプで作れる自家製ピザ! 子どもと生地から作る簡単作り方を紹介
[ユニフレーム] 薪グリルsolo 682999
【使用時サイズ】約205×180×185(高さ)mm
【収納時サイズ】約135×210×65(厚さ)mm
【重量】約1.1kg
【材質】ステンレス鋼
【セット内容】収納ケース
¥6,550
2020-03-10 14:37
画像4: 【レシピ公開】キャンプで作れる自家製ピザ! 子どもと生地から作る簡単作り方を紹介
DOD(ディーオーディー) ソトメシンガーZ ソロキャンプでシステムキッチンを ゴトク内蔵型 ソロテーブル TB1-567
カラーカラー:ブラック
サイズ:W52.3-78.2×D21.2×H13-17cm
収納サイズ:(約)W23×D48×H4cm
重量(付属品含む):(約)2.1kg
材質:スチール
付属品:キャリーバッグ
¥6,890
2020-03-10 14:39

なお、私の最初のキャンプの時は、バーベキューグリルの上に厚手のアルミホイルを敷いてピザを乗せ、百均のアルミ容器を蓋にして焼きました。ちょっとこれは難しい焼き方かもしれません。

そうそう、仕上げにバーナーで焦げ目をつけるのもいいと思います。

画像5: 【レシピ公開】キャンプで作れる自家製ピザ! 子どもと生地から作る簡単作り方を紹介
ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450
本体サイズ:幅3.4×奥行12.2×高さ6.6cm
本体重量:153g
原産国:日本
燃焼時間:約2時間(ST-700使用時) ※30分の連続燃焼データより換算
発熱量:1.8kW(1,550kcal/h)(ST-700使用時) ※5分間の燃焼データを1時間に換算
火口径:直径22mm
専用容器(ボンベ)1本付
¥1,904
2020-03-10 14:41

簡単に出来るピザの作り方を教えます! パパの設営中にお子さんがこねこねできるから子ども連れにも◎

【1】
まずは出発前の下準備。強力粉、薄力粉、ドライイースト、塩をジップロックに入れておき、粉が飛び散らないようにしっかりとチャックを閉めておきます。ジップロックは二重にしてもいいでしょう。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

【2】
ここから先はキャンプ場の作業です。お湯150mlをぬるめに沸かし、大さじ1のオリーブオイルと一緒に持ってきた粉に混ぜていきます。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

【3】
ジップロックごとよく揉んでこねていきます。グルテンをくっつかせるためにテーブルに叩きつけたり踏んづけたりしてもいいのですが、ジップロックが破れないように注意してください。設営の傍ら、お子さんに手伝って貰うといいかもしれませんね。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

【4】
30分から1時間ほどよく揉んでから1〜2時間常温で置いておき、ジップロックから取り出します。こんな感じにまとまり、耳たぶぐらいの硬さになっていればOKです。置いておくのはイーストの二次発酵を促すものなので、あまり気温が低いところは避けるようにしましょう。焚火の近くなどで行ってもいいですね。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

【5】
手で円形に延ばしてから、中央部を凹ませていきます。この辺も粘土感覚ですね。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

【6】
ピザソースを塗ります。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

【7】
チーズを乗せ、サラミ、バジル、ミニトマトなどを乗せていきます。この時は前回のキャンプで作った自家製ベーコンなんかも乗せていますね。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

いよいよピザを焼きます。今回は尾上製作所のピザオーブンを使用しています。ピザオーブンを薪ストーブに乗せ、しっかり熱してから焼き始めます。ほんの数分で焼きあがりますので、焦げないように注意しましょう。

表面の焼き色が弱い場合、バーナーで炙ると見た目が良くなります。

本格的に作らなくてもピザの楽しみ方はいろいろ! 市販のピザ生地を使って作るのも簡単でおすすめ

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

今回のやり方はそれなりに労力がいりますし、何枚も作るのは大変です。

そこまでやれない、という場合は市販のピザ生地を使うと簡単ですね。こちらの画像はそうやって作ったものですが、手作りのもの(この記事のトップ画像)と変わらない仕上がりですよね。

さらに、冷凍のピザでもピザオーブンを使って焼けば、かなりの美味しさになります。これならとても簡単。設営前のランチにだってできますし、夜食に作ることもできます。

ピザは手軽に食べることも、しっかりと楽しむこともできる、アイデア次第の料理と言えますね。

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.