こんにちは。酒量が増えすぎ、ついに業務用ペットボトルのウイスキーを買い出したくにぱぐです。今回は燻製メニューの中では極めてポピュラーな「ベーコン」を紹介します。ただし、燻製器は使わず、焚き火の煙で燻すという、いわゆる「吊るしベーコン」です。キャンプにおける最大の楽しみのひとつである焚き火。その焚き火を使ってどこまで美味しいベーコンが作れるか、挑戦してみました。なお、駆け足ではありますが、通常のベーコンの作り方も解説しています。

焚き火の煙で作る「吊るしベーコン」 燻製器を使わずに燻製の定番メニュー「ベーコン」を自作しよう

※著者が以前キャンプ場で作った燻製器を使った自家製ベーコン

私が10年以上前に燻製をやりだしたのは「自分で作った美味しいベーコンが食べたい」が一番大きな動機でした。

ベーコンとは改めて書くと、豚バラブロックを塩漬けしてから燻製したものを指します。燻製の中ではもっともポピュラーなメニューですが、結構手間がかかるので正直なところ、あまりキャンプで作るメニューではありません。

ただし、自家製ベーコンは市販のものとはまったく味が違うので、是非ともチャレンジして欲しいメニューでもあります。そこで今回は、焚き火だけで作る燻製器不要の吊るしベーコンを作ってみました。

やはり結構手間が多い気はしますが、失敗はしにくいレシピにしましたので、参考になさってください。

【燻製ベーコンの材料】豚バラと塩こしょう・砂糖以外に臭みをとるウイスキーやスパイスも用意しよう!

食材(4〜5人分)

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

画像1: 【簡単レシピ】燻製器不要! 焚き火の煙で作る「吊るし燻製ベーコン」の道具&作り方

・豚バラブロック …500ℊ
・食塩 …35g
・砂糖 …12g
・黒コショウ …5g
・オールスパイス …3g(なければ食塩を33gに減らし、黒瀬スパイスやマキシマムスパイスを5g)
・ローレル …1枚
・ウイスキー …10cc
・チューブニンニク …少量

【吊るし燻製ベーコンに必要な道具】筆者愛用の肉を吊るすファイヤーハンガーや焚き火台もご紹介!

筆者撮影

・タコ糸、もしくはネット
・低温調理器、もしくは炊飯器(保温機能があるもの)
・温度計
・肉を吊るすハンガー
・スモークチップ
・薪
・焚火台
・フォーク

肉を吊るすハンガーは、通常「焚き火ハンガー」と呼ばれるアイテムです。

メーカーからもいろいろと発売されていますが、個人で作られているものがオークションによく出品されており、私のハンガーもそうですが、これがなかなか無骨でかっこいいです。とはいえ結構マニア向けのギアですから、肉を吊るしたいだけなら、木の棒などを利用する方法でも構わないと思います。

37CAMP ファイヤーラック「ハンギング」(焚き火ハンガー)

画像2: 【簡単レシピ】燻製器不要! 焚き火の煙で作る「吊るし燻製ベーコン」の道具&作り方
37CAMP ファイヤーラック「ハンギング」FR201
メインシャフト1本(直径16mm異形鉄筋 長さ1000mm)
アンカーシャフト1本(直径16mm異形鉄筋 長さ400mm)
吊り下げ用アーム 1本(直径9mm 長さ400mm)ハンガーアーム 1本(直径13mm長さ250mm)
ロストルアーム 1本(直径13mm、9mm 長さ400mm ロスト部分は300mm×150mm)
収納ケース (キャンバス地:幅300mm、長さ1000mm)
¥11,800
2020-02-15 10:40

筆者撮影

焚き火台は何でもよいですが、煙が風に流されにくいように、今回は反射板のついたユニフレームの薪グリルラージを使用しました。(実は私、まあまあの焚き火台マニアです)

ユニフレーム(UNIFLAME) 薪グリル ラージ (焚き火台)

画像3: 【簡単レシピ】燻製器不要! 焚き火の煙で作る「吊るし燻製ベーコン」の道具&作り方
ユニフレーム(UNIFLAME) 薪グリル ラージ 682920
【使用時サイズ】約68×40×40(高さ)cm
【収納時サイズ】約35.5×56×8(厚さ)cm
【重量】約4.6kg/【分散耐荷重】約20kg
【材質】ステンレス鋼
【付属品】収納ケース
¥24,800
2020-02-15 10:20
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.