トマトやピーマンなどの夏野菜を煮込んで作る「ラタトゥイユ」は、作り方が簡単な料理なので、普段のご飯ではもちろん、バーベキューなどにもおすすめ。ズッキーニを入れるイメージが強いラタトゥイユですが、他の食材で代用もできます。またチキンやチーズを使ったアレンジレシピも簡単。今回はそんな「ズッキーニなしのラタトゥイユ」の簡単レシピをご紹介します。

ラタトゥイユといえば、ズッキーニ! 「でも今は家にない!」そんなときに代用できる人気食材

画像: 一般的なズッキーニ入りラタトゥイユのイメージ

一般的なズッキーニ入りラタトゥイユのイメージ

ズッキーニを使用したラタトゥイユ、作りたいと思ってもズッキーニがない!ということもありますよね。普段、ズッキーニを料理で使わない家庭だったらなおさら。

「それでもラタトゥイユが食べたい!作りたい!」そんなときは、ズッキーニの代わりになる食材を使用するのがおすすめです。

ズッキーニの代わりに使える食材は、以下の種類です。

エリンギ

エリンギはヒラタケ科のキノコで、フランスやイタリアの料理によく使われる食材。しいたけやしめじよりも食感に弾力性があります。

食べた感じは貝類に似ているので、似たような食感のズッキーニの代用にもぴったりです。

マッシュルーム

マッシュルームもエリンギと同じくズッキーニと似たような食感なので、代わりの食材におすすめ。エリンギ同様、洋風の料理にもよくあいます。

マッシュルームは栽培するときの菌によって身の色が変わるため、ラタトゥイユに使用する際はお好みの色のマッシュルームを選ぶといいでしょう。

なす

ラタトゥイユの食材の1つでもあるなすは、ズッキーニの代用にも使えます。ズッキーニの食感と多少違うものの、もともとラタトゥイユの食材にもよく使われるので、味馴染みはバッチリ。

なすが自宅にたくさん余っているときは、なすの消費方法としてズッキーニの代わりに活用してみてはいかがでしょうか。

きゅうりは・・・?

きゅうりはズッキーニに見た目が似ているため、一見すると代用できそうな雰囲気がありますが、きゅうりでの代用はおすすめしません。きゅうりとズッキーニでは適した調理方法が異なるからです。

ズッキーニは油とも馴染みやすく、煮たり焼いたりする料理に向いた食材。一方きゅうりは水分が多いことから、生で食べたほうがおいしく食べられます。

食感も全く違うため、きゅうりをズッキーニの代用として使うのは止めておいたほうがいいでしょう。

ズッキーニの代用におすすめはエリンギ・マッシュルーム・なす!

以上のことから、ズッキーニの代わりに向いているのは「エリンギ」「マッシュルーム」「なす」です。そのため、今回作るラタトゥイユのレシピでは、「エリンギ」を使用していきます。

代用できる「エリンギ」「マッシュルーム」「なす」は、ズッキーニよりも手に入りやすいので、似た食感を楽しむにはぴったり。

でも、やっぱりズッキーニを入れて作りたい!」という場合は、ネットショップから購入するのも手です。

画像1: 【簡単レシピ】ラタトゥイユはズッキーニがなくても作れちゃう! アレンジ方法も伝授
丸和商店 <国内産> ズッキーニ 1kg
名称:ズッキーニ
容量:1kg (6本以上)
賞味期限:生ものなのでなるべく早くお召し上がりください。
保存方法:新聞紙で包むなど乾燥に注意し、冷蔵庫野菜室
β-カロテンやビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄分など様々な栄養素を含む定番野菜。相性の良いオイルと合わせたラタトゥイユなどの加熱調理はもちろん、薄くスライスしたサラダもおすすめ。夏野菜の定番をたっぷりとどうぞ。
¥2,480
2020-02-20 14:49

【ラタトゥイユの簡単レシピ】ズッキーニの代わりにエリンギを使う! 鍋で煮込んで作ってみよう

ズッキーニの代用食材が決まったら、早速ラタトゥイユを作っていきましょう!

【材料(2人分)】

  • エリンギ:2個
  • なす:1個
  • セロリ:20g
  • 玉ねぎ:1/2
  • パプリカ(黄):1/2
  • ピーマン:1/2
  • コンソメ:1個
  • トマトホール缶:1缶
  • すりおろしニンニク:小さじ1
  • 料理酒:大さじ1
  • 塩コショウ:少々
  • オリーブオイル:適量

【作り方】

1. エリンギ、なす、セロリ、玉ねぎ、パプリカ、ピーマンを1~2cmサイズのブロックに切っていきます。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

なすは切るとすぐに色が変わるので、すべての食材の最後に切るか、他の食材を切っている間は水につけておきましょう

水にさらすことで変色を防げますが、長時間つけていると栄養成分が出てしまうので、水につける場合は1~5分を目安にしましょう。

2. 鍋にオリーブオイルをひいて1を投入。弱火で炒めます。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

3. 料理酒、塩コショウ、すりおろしニンニクを混ぜます。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

4. 食材に火が通ってきたらトマトホール缶、コンソメを加えます。トマトは軽く木ベラで潰しましょう。火を中火にして煮込めば出来上がりです。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

具だくさんで、トマトの味もよく染みていておいしかったです。

【ラタトゥイユをアレンジ1】サラダチキンをプラスするだけ! チキンのラタトゥイユ乗せのレシピ

ラタトゥイユをアレンジしたレシピは作るのも簡単で、味も大満足な料理が作れます。今回は、あっという間にできるチキンのラタトゥイユ乗せレシピをご紹介します。

チキンはささみやむね肉などを焼くだけですが、今回はさらに手軽に作るためにサラダチキンを使用。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

サラダチキンは味付けがされていないプレーンを選んでください(スライスしてあるものでも塊のものでも、どちらでも大丈夫です)。

【材料(2人分)】

  • ラタトゥイユ:適量
  • サラダチキン(プレーン):2個
  • レモン:1/4
  • レタス:適量
  • 塩コショウ:少々

1. サラダチキンを食べやすい大きさに切り、塩コショウしたらフライパンで軽く焼き目を付けます。すでにスライス済みのサラダチキンなら、そのままでも構いません。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

2. 水で洗ったレタスを適当な大きさにちぎりお皿に敷いたら、1を盛り付けます。そこへラタトゥイユを乗せ、その上に絞ったレモン汁をかけて出来上がりです。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.