キャンプの楽しみといえば焚火ですが、焚き火の敵は風!皆さんも、風に焚き火の邪魔をされたことはありませんか?焚火陣幕やウインドスクリーンがあれば、風のある日の焚火も格段に快適になります!今回は、焚き火や薪ストーブの風対策とサイトの目隠しにも使える、100均材料で作る焚火陣幕の作り方をご紹介します。

100均自作した焚き火陣幕をキャンプ場で張ってみよう! 設営にはガイロープとペグが6本ずつ必要!

さあ、ガイロープ6本とペグを6本用意して設営してみましょう。

画像16: (筆者撮影)
(筆者撮影)

最初に中央、①の支柱の位置を決めます。

①の支柱の先端にガイロープをかけてAの位置にペグダウンします。

①の位置を基準に②の支柱の位置を決めます。

画像17: (筆者撮影)
(筆者撮影)

②の位置が決まればタープを建てる時のようにB Cの位置でガイロープをペグダウンして固定します。

画像18: (筆者撮影)
(筆者撮影)

次にDの位置に①の支柱をガイロープでペグダウンし③の支柱の位置を決めます。

画像19: (筆者撮影)
(筆者撮影)

③の支柱の位置が決まればE Fの位置で③の支柱をガイロープでペグダウンします。

後は各ガイロープの張り具合を調整すれば出来上がりです。

100均自作した焚き火陣幕があればさらに快適に! キャンプサイトに合わせて好みの色や柄で作ろう!

いかがですか?ミシンが無くても裁縫技術が無くても糸と針を使ってちょっと手間をかければ自分のサイトに合ったオリジナルの陣幕が簡単に作れますよ。作り方は同じですので3面4面と面を増やして用途に合った使い方もできますね。

焚火陣幕さえあれば、風のある日の焚火もストレスフリーに楽しめますので、皆さんもぜひ焚火陣幕の100均DIYにチャレンジしてみてください!目隠しとしても活用でき、オールシーズン使い方はあなた次第です♪きっと、キャンプのマストアイテムになると思いますよ!

キャンプ用ゴミ箱、ウォータージャグスタンドの100均自作に興味がある方はこちらの記事もおすすめ!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.