発売直後から話題となり、大人気となった100均「ダイソー」のメスティン。筆者は予約から1カ月ほどで購入することができました。気になるのは有名なトランギア製のメスティンとの違いですよね。今回は両方のメスティンを購入した筆者が、実際に使用して比較した結果をご紹介します。

定番中の定番! トランギアのメスティンがキャンプ・アウトドアで大人気の理由とは? 中に収納可能

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

メスティンといえばトランギア製のものを想像するほど、キャンパーにとってトランギアのメスティンは定番中の定番。

そもそもメスティン(Messtin)とは、フタの付いた調理用容器(日本語で言えば飯ごう)を意味します。

トランギア以外のメーカーからも販売されていますが、中でもトランギア製が一番の人気です。

画像1: 【100均】ダイソーのメスティンと圧倒的人気トランギアのメスティンを徹底比較!
trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】
サイズ/16.5×9.0×6.5cm。重量160g。
¥2,990
2020-08-14 10:26

昔ながらの飯ごうと比べ、長方形というシンプルな形状と、軽量さ、中に燃料などの関連グッズを収納できる点などが人気の理由。

ご飯を炊く以外のレシピも楽しめるので、今では多くのメスティンレシピが紹介されています。

角丸フォルムがキュート! ダイソーのメスティンはトランギアの約3分の1の値段 500円で買える!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

ほぼトランギア製一択だったメスティンの世界に、キラ星のごとく登場したダイソーのメスティンは、販売から瞬く間に人気が出ました。

注目度の高い一番の理由は価格です。

トランギアのメスティン(レギュラーサイズ)が定価1,600円(税抜)なのに対し、ダイソーメスティンはなんと税込550円!

2つ購入しても、トランギアのレギュラーメスティンより安価。

筆者がダイソーメスティンを手に取った最初の感想は「軽い!」で、箱の中を開けて実物を手にしたときの感想は「角が丸い!」でした。角丸の形状が愛らしいですね。

This article is a sponsored article by
''.