焚き火で、BBQで...思ったように火がつかない!なんて経験、ありませんか?初心者のうちは火起こしに苦戦することもしばしば。そんな時、頼りになるのが着火剤です。今回は、100均のダイソーとセリアで固形着火剤を3種類購入し、火のつけやすさや燃焼時間などをレポートします!

ダイソー・セリアなどの100均で着火剤が購入できる! 初心者には固形タイプがおすすめ

画像: 筆者撮影 スマートな焚き火に、着火剤があると便利!

筆者撮影 スマートな焚き火に、着火剤があると便利!

近頃は100均でも、様々なタイプの着火剤が販売されています。

その中で、筆者が初心者におすすめしたいのは固形タイプの着火剤!

その理由と、100均で購入できる固形着火剤を紹介します。

固形着火剤が初心者におすすめの理由

画像: 筆者撮影 固形着火剤に着火したところ

筆者撮影 固形着火剤に着火したところ

着火剤の種類は大きく分けて2つ。

【着火剤の種類】

  • ジェルタイプ
    成分:主にアルコール(メチルアルコール/メタノール)
    メリット:固形タイプよりも着火が比較的容易
    デメリット:注意点が多く扱いづらい
  • 固形タイプ
    成分:炭や紙など商品による
    メリット:初心者にも扱いやすい
    デメリット:着火時に煙や臭いが出る

筆者が初心者におすすめしたいのは断然固形タイプの着火剤です!

ジェルタイプの着火剤で生じる炎は色が薄く、特に昼間の野外など明るい場所では確認しづらいことがあります。

「あれ?火がついていないかな?」とうっかり手をかざしてしまって火傷したり...危険なことも。

さらに、火の付きが悪かった時など、上から継ぎ足すことは厳禁。

継ぎ足ししているジェルに炎が燃え移り、事故に繋がる危険があるのです。

画像1: たなみお

たなみお

筆者も子供の頃、ジェルタイプの着火剤を焚き火の上から継ぎ足そうとしてしまい、父に怒られた思い出があります...。

上記の理由から、着火剤の扱いに慣れていない初心者のうちは、固形タイプの使用をおすすめします

画像2: たなみお

たなみお

特にお子さんがいる場合、誤飲や目に入ってしまう心配も少ないので、固形タイプの方が安心ですね!

セリア・ダイソーで購入できる固形着火剤を3つ紹介

今回購入した固形着火剤はこちら↓

  • ダイソー「バーベキュー用着火剤」
  • セリア「FIRE LIGHTERS」
  • セリア「固形着火剤」
画像3: たなみお

たなみお

結論を先にお伝えすると、筆者は“とにかく早く火をつけたい”タイプなので、着火が容易で最初から高火力の、セリア「固形着火剤」が気に入りました!

この3つの使用感を、それぞれレビューしていきます。

着火にかかる時間・燃焼時間・1個あたりの金額も記載し、さいごに比較表も載せていますので、参考にしていただければ幸いです!

This article is a sponsored article by
''.