キャンプにもオフシーズンがあり、それにあたるのが冬の寒い時期になります。しかし最近では冬でも営業しているキャンプ場が多く、また夏より冬のキャンプが好きという人もたくさんいます。そこで、防寒対策のひとつとして冬キャンプで大活躍するアイテム「湯たんぽ」について解説していきます!

【キャンプに湯たんぽを導入するメリット】電源不要・持ち運びに便利!

画像: 【キャンプに湯たんぽを導入するメリット】電源不要・持ち運びに便利!

【キャンプに湯たんぽを導入するメリット】

  • ストーブや電気毛布などと違って電源が不要
  • テント内で火を使わないから一酸化炭素中毒の心配もなく安全!
  • 持ち運びに便利

冬のキャンプでは、特に朝晩の寒さ対策が必須となります。そこで注目したいのが、昔ながらの冬の定番アイテム「湯たんぽ」。

湯たんぽとは、金属/陶器/樹脂などでできた中空の容器の中に熱湯を注ぐことで、いつでもどこでも暖をとることができる便利なアイテムです。

ストーブなどと違って電源も不要、一酸化炭中毒の心配もなく安心して冬キャンプでも暖まることができます!

【キャンプでの湯たんぽの使い方】効率的に暖まる活用方法は!?

画像: 【キャンプでの湯たんぽの使い方】効率的に暖まる活用方法は!?

では、湯たんぽはどのように使うと効果的なのでしょうか。

寝る前に寝袋へ

寝る30分ほど前に湯たんぽにお湯を入れて、布団の中または寝袋の中に入れます。

そうすることで、寒いキャンプ場でも暖かい布団や寝袋に入ることができますよ。

ホッカイロ代わりに

無難に、チェアに座りながらお腹に抱くとお腹からじんわり体を温められます。

また、地面にシートを敷いてその上に湯たんぽを乗せ、足を湯たんぽの上に乗せれば足先を温められます。冷え性で足先の冷えに悩んでいる人におすすめです。

<注意点>低温やけどに気をつけよう!適切なお湯の温度は?

低温やけどを防ぐために、湯たんぽは直接肌に触れないように必ず厚手のタオルやカバーなどで包んでから使用しましょう。

また、タオルなどで包んだ上で、長時間体の同じ位置に触れないように気をつけて使用してください。

湯たんぽに適切なお湯の温度はメーカーによって異なりますが、約70℃以下程度にするとちょうど良い熱さになることが多いようです。

キャンプでは、沸かしたお湯を少し冷ますか、水と混ぜてから湯たんぽに注ぐと良いでしょう。

This article is a sponsored article by
''.