キャンプにもオフシーズンがあり、それにあたるのが冬の寒い時期になります。しかし最近では冬でも営業しているキャンプ場が多く、また夏より冬のキャンプが好きという人もたくさんいます。そこで、防寒対策のひとつとして冬キャンプで大活躍するアイテム「湯たんぽ」について解説していきます!

【湯たんぽ】昔ながらの防寒グッズ いつでもどこでも暖をとることができる 冬キャンプにもおすすめ

画像: 【湯たんぽ】昔ながらの防寒グッズ いつでもどこでも暖をとることができる 冬キャンプにもおすすめ

冬のキャンプでは、特に朝晩の寒さ対策が必須となります。そこで注目したいのが、昔ながらの冬の定番アイテム「湯たんぽ」です。現在では各家庭で暖房やコタツが普及しているので、若い人だと湯たんぽは知っていても、見たことがない、という人も多いかもしれません。

しかし、近年では省エネなどの面からも注目されるようになっています。湯たんぽとは、金属/陶器/樹脂などでできた中空の容器の中に熱湯を注ぐことで、いつでもどこでも暖をとることができる便利なアイテムです。

一般的には潰れた楕円形の形状で、強度を作るために表面が波型になっているものがほとんどです。 サイズは様々で、大きいもので容量3.5リットル~小さいものでは容量150ミリリットルとポケットに入るほどのものもあります。

大きいサイズのものほど長時間暖かく、小さいものは軽くてスペースを取らない、といったそれぞれの利点があります。もちろん屋外でも使えるので、寒い時期のキャンプで大活躍しますね!

防寒に優れた湯たんぽ キャンプで電源がなくて電気毛布が使えないときに大活躍 安価で利便性も高い

画像: 防寒に優れた湯たんぽ キャンプで電源がなくて電気毛布が使えないときに大活躍 安価で利便性も高い

一般的に冬というのはキャンプのオフシーズンとされていますが、上級者の人は防寒対策をしっかりすることで冬でもキャンプを楽しんでいます。

電源サイトのあるテントサイトなら、電気毛布やホットカーペットを使うこともできますが、電源のない場所では当然使うことができません。特に、広大な自然が周りにあって眺めのよいキャンプ場などでは、電源がないところが多いのも事実。

寝袋のなかにはマイナス20度にも対応するようなものもありますが、当然それらは高額でなかなか手が出せません。キャンプ初心者でしたら、なおさらです。

しかし、湯たんぽなら安価で利便性も高いです。冬キャンプでは寒くてよく眠れないこともありますが、湯たんぽを使うことで身体が温まり、眠りやすくなるというのもポイントです。

時間が経つとだんだんヌルくなってきますが、その場合は再び熱湯を入れれば、また暖かくなるので簡単です!

無印、ダイソー等のポリエチレン製の湯たんぽはおしゃれ可愛くて現代的 保温性なら金属製の湯たんぽ

現在販売されている湯たんぽの多くが、金属製かポリエチレン製が多いです。それぞれにメリット・デメリットがありますので、購入前に確認しておきましょう!

金属製の湯たんぽメリット・デメリット

金属製の湯たんぽは、「直火にかけられる」という点が特徴です。湯たんぽに水を入れ、直火で温めることが可能。ただ、火傷する可能性もあるので、加熱方法については説明書をよく読んで対応してください。

湯たんぽが冷えても中の水を交換せずに、また火にかけて温かくできるので、キャンプ場では金属製で直火にかけられるタイプのほうが利便性が高いといえるでしょう。

ただ、すべての金属製湯たんぽが直火OKというわけではないので、説明書を必ず確認してください。熱伝導率が高いので保温性も高く、通常タイプの大きさなら1度のお湯で、だいたい半日は温かさが持続します。

ポリエチレン製の湯たんぽメリット・デメリット

ポリエチレン製の湯たんぽは、最近各メーカーも販売するなど人気となっている湯たんぽです。「無印」『ニトリ」「ダイソー」などで売られている湯たんぽもポリエチレン製のため、おしゃれでかわいい感じの、現代的な湯たんぽといっていいでしょう。

お湯を沸かして入れるだけで使えて、金属製よりも火傷のリスクが低いというのが特徴。また、価格も金属製より安価なので、湯たんぽを初めて使う方にオススメです。ただ、保温性が金属製より低いというデメリットもあります。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.