【チェアリング】というワードが話題になっています。キャンプよりお手軽なアウトドア体験ができるとのことで、実際にチェアリングやってみました!実体験を元に考えた「チェアリングの始め方」と「チェアリングにおすすめなチェア」を詳しく解説いたします。

実際にチェアリングをしてみました

筆者も、実際にいくつかのパターンで「チェアリング」をしてきました!

チェアリング体験(1) 近所の公園で

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

まずひとつ目にご紹介するのは、「ママは仕事があるのに小学生の子どもがどうしても公園で遊びたい」と言ってきた時のチェアリング体験です。

写真のように、ノートパソコンを持っていき、「子どもが遊んでる様子が見え、かつ、日陰」というゾーンを選んでチェアを設置。チラチラと子どもを見ながら仕事をしました。

近所の公園だったため、顔見知りの人もちらほらいる環境の中「Myチェアで仕事をする」は最初はちょっと恥ずかしいのですが…(笑)、やっているうちに慣れてきて「これ意外といいな!」と思いました。

「チェアリング@近所の公園」の感想

  • 家でやるよりも格段に清々しく仕事ができた
  • 「子どもの公園遊び付き添い」にチェアがあるとめっちゃ楽
  • 公園常設のベンチは数が少なかったり陽が当たって暑かったりするが、自分のチェアがあれば公園の中の心地よい場所で休めるのが良い
  • 徒歩で行くのでチェアはリュックに入るサイズで、なるべく軽量のものが良さそう

チェアリング体験(2) 自転車で少し遠出して

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

続いてご紹介するのは、eバイク電動のスポーツ自転車)にチェアやドリップコーヒーセットを詰めたトランクカーゴを乗せて、徒歩では行けない距離にある公園で自転車チェアリングをした経験です。

筆者は「子ども乗せ電動ママチャリ」しか持っておらず、その電動ママチャリ歴・早10年なのでスポーツタイプの自転車の乗り心地は全く未知の世界。

そんな筆者が、電動自転車専門店モトベロとトランクカーゴとカリタがトリプルコラボした特別イベント(イベント詳細は下記の記事)で、「eバイクでチェアリング」という体験をさせていただきました。

いや〜、スポーツ自転車は乗り心地がめちゃめちゃ良いですね!ママチャリとは全く別の乗り物です!

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

この体験イベントでは、eバイクとセットでHelinox(ヘリノックス)の「グラウンドチェア」と、カリタのコーヒーミル・ポット・ドリッパー・カップ・バーナー・水…などのギアが全てセットで借りられる!(←すごくないですか?!)…のですが、これら全てが収納できてしまうトランクカーゴもめっちゃすごいと思いました。

画像: 筆者撮影(本以外は体験イベントで借りられるアイテムセット)

筆者撮影(本以外は体験イベントで借りられるアイテムセット)

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

トランクカーゴは自転車の荷台に乗せてもすごく安定感があり、チェアリング現場では「テーブルとして使える」んです。見た目もカッコ良いですよね!!

自転車×トランクカーゴは、すごく「アリ」だと思いました。

▼トランクカーゴの収納テクニックはこちらの記事をどうぞ

さてさて。

チェアリング×アウトドアコーヒーは、初体験。ドキドキ。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

もちろん、めちゃくちゃ美味しいです!!

外で珈琲を挽いてドリップで飲むなんて、キャンプでないとできない贅沢なことだと思っていましたが、自転車チェアリングなら気軽にできてしまうんですね。

いや〜。ほんとに贅沢な時間を過ごすことができ、珈琲も格別の味でした!!

そして、トランクカーゴとグラウンドチェアが欲しくなりました!

※注意:火器を使ってお湯を沸かす場合は、そのチェアリングスポットが「火器の使用がOK」かどうかを必ずご確認ください。もし「火器NG」の場合は、沸かしたお湯をマグボトルなどに入れて持っていくと良いですよ。

「自転車 × チェアリング」の感想

  • 持っていける荷物の量がちょっと増えるので、チェア以外にもドリップコーヒーセットなどが持ち出せる
  • 徒歩圏外のスポットにも足を伸ばせるので、チェアリングスポットの候補地が一気に増える
  • トランクカーゴのような収納ボックスを自転車に積んで持っていけばテーブルとしても使えるので、よりリッチなチェアリングになる

▼今回ご紹介した「eバイク×チェアリング」はこちらでも体験できます

tern e-bikeで行くチェアリング@多摩川サイクリングロード~手軽で気軽に河原でコーヒー~

坂のある街でも、重い荷物があっても、手軽に移動できるのが魅力のe-bike。アウトドア用の折りたたみチェアを持って散歩しながら、自分好みの場所を見つけて気軽にくつろぐチェアリング。

電動自転車専門店モトベロが、カリタのコーヒー機器が入ったトランクカーゴのロータイプ「TC-30S LOW」を装着した、Ternのe-bikeのカスタム車両を使って、手軽で気軽にコーヒー&チェアリングを体感頂くイベントを開催致します。

★開催日時:7月23日(土) 集合10:00、解散12:00予定 ※雨天中止

★場所:モトベロ二子玉川

★参加方法:モトベロWEBサイトのイベントページから事前申し込み

4名さま限定のイベントになるので、ご興味のある方はお早めにお申し込みをお願いいたします!

チェアリング体験(3) 旅行先のワンモアアクティビティで

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

続いてご紹介するのは、「旅行先にチェアを持って行って、現地でチェアリングする」という体験です。

友達家族との旅行で千葉の房総エリアを訪れた際に、「使うかわからないけど、とりあえずチェアを持っていくか」ということでみんなで各々のチェアを持っていきました。

泳げる気温ではなかったのですが子どもたちが砂浜で遊びたいというので(ありがちパターン)、大人たちは持っていったチェアを砂浜で広げて、子どもたちを監視しながらゆったりとくつろぎました。

オーシャンフロントでのチェアリング、、すご〜く気持ちよかったです!!

とりあえずでもチェアを持って行っておいて本当に良かったですよ。

「旅行先 × チェアリング」の感想

  • 偶発的に見つかる「チェアリング向きスポット」でチェアリングができる可能性が高いので、より非日常なチェアリング体験ができる。
  • 旅行先で「ゆったりくつろいだわぁ〜」という記憶が残る(なんやかんやで旅行中は慌ただしくなりがちの人は特に)
  • 車で行く旅行の場合は、ちょっと大きめでゴージャスなチェアも持っていける
  • 宿の庭やベランダでも朝カフェタイムができたりする(※施設へチェアリング可否を要確認)

いかがでしたでしょうか?!

チェアリングってどんな体験ができるのか、イメージが膨らんできましたか?

This article is a sponsored article by
''.