おぎやはぎのお二人が、大自然の中でキャンプの醍醐味を味わい尽くすテレビ番組「おぎやはぎのハピキャン(メ~テレ<名古屋テレビ放送>制作)」。シーズン6のプレゼンキャンパーは、女性ソロキャンプの第一人者であり、イラストレーターとしても活躍中のこいしゆうかさんです! 番組史上最高(!?)の盛り上がりを見せた今回の湖畔キャンプ。その理由は、フワちゃん、ジョージさん(JJコンビ)といった異色のゲスト陣による化学反応? それとも随所でさりげなく登場し、出演者たちをとりこにしたキャンプグッズによるもの?

おしゃれキャンパーの定番、キャンプワインに最適! コンパクトに畳める&割れないワイングラス

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

おしゃれキャンパーの間では、もはや定番となっている“キャンプでワイン”ですが、せっかく美味しいワインを嗜むならば、本格的なグラスを用意したいところです。とはいえ、野外への持ち出しや運搬のことを考えると、ガラス製品はなるべく避けたいというのがキャンパーの本音。ワイングラスの特徴であるステム(脚)も、収納の観点から見るとちょっと厄介な代物です。

しかし、キャンパーたちのそんなワガママな言い分を見事にクリアした製品があります。それが、GSIのネスティングレッドワイングラスです。パっと見では高級ガラスの質感を醸し出しているこちらのワイングラスは、プラスチックの一種・BPAフリーコポリエステル素材。しかも、ステムはねじ式で本体から取り外せるため、あっという間にコンパクトな形状に変形するというわけ。

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

ガラスと違って割れにくいうえに軽量で見た目は本格派。持ち運びにも最適な設計なので、言うなればキャンプのためのワイングラス。ちなみに番組内では、このグラスにこいしさんお手製のフレッシュジュースを注いで乾杯しましたが、「水辺ではマグカップよりもグラスに注いだ飲み物が美味しく感じられる」らしいので、まさに湖畔キャンプには最適なセレクトだったと言えそうです。

GSI ワイングラス ネスティング レッド

画像1: コールマンのチェアやヘリノックスのテーブルなど、こいしゆうかさん愛用のキャンプギア
GSI ネスティングレッドワイングラス 2個セット 11872030000000
1985年、ブリティッシュコロンビアからアメリカ西海岸沿いのサンディエゴに移住した兄弟によりGSI Outdoorsがスタートしました。わずかなエナメルウェアとキャンプファイヤーアクセサリー製品の販売から始まったGSI Outdoorsは、野外用調理器具、食器、そしてアクセサリーへの販売を拡大させた事により、これまで以上に革新的な製品群の設計、製造、販売及びマーケティングの強化を続けていきました。GSI Outdoorsが成長を続ける中、創業者のDon・Ian、そしてKathy兄弟は本拠地の移動を決断し、現在のワシントン州のスポケーンに移動しました。優れた品質、そのテクニカルなパフォーマ...
¥ 3,240
2019-09-24 15:01

リクライニング機能付きのアウトドアチェア コールマン(Coleman)の「インフィニティチェア」

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

「おぎやはぎのハピキャン」ではお馴染みのテーブルやチェアをひと通り組み立て、即席の野外リビングを完成させた直後、こいしさんがおもむろに腰かけた見慣れないチェアに一同の視線が集まりました。どうやらリクライニングチェアのようですが、見るからに心地よさげです。

それを見た矢作さんやフワちゃんは、すぐさま、こいしさんに手ほどきを受けながらチェアに座ってリクライニング。その瞬間、この日一発目の驚嘆の声が湖畔に響きました。

お二方が座り心地のよさに驚き、声を上ずらせた製品は、コールマンのインフィニティチェア。それもそのはず、こちらは「一度寝たら起き上がりたくなくなるほど快適」と評判の極上のリラックスチェアだったのです。

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

大人の頭からふくらはぎまでをスッポリと包むサイズ感、好きな角度で固定できるリクライニング機能、座った瞬間から肌に馴染むポリエステルのメッシュ生地などなど、快適さの理由はどれだけでも挙げられますが、百聞は一見にしかず。このチェアに身を委ね、空を見上げた時の極上のリラックス感は、皆さんが想像する快適さを軽々と超えてきます。ぜひ一度お試しあれ。

コールマン(Coleman) チェア インフィニティチェア

画像2: コールマンのチェアやヘリノックスのテーブルなど、こいしゆうかさん愛用のキャンプギア
コールマン(Coleman) チェア インフィニティチェア
●リラックスを追及した贅沢なアウトドアチェア
●ストレスレスで、雲の上に寝転んでいるような上質な座り心地
●簡単3秒設営/収納
●座ったままでリクライニング可能【2018年春夏モデル】【2018ssmodel】【コールマン】【COLEMAN】【lb_pt_0621】【VICP20190710】【LBP20190711】【LBHP0718】【VICHP0718】【コールマン】【こーるまん】【coleman】【coleman】【COLEMAN】【Coleman】【koleman】【coreman】【coolman】【コウルマン】【Men's】【Mens】【メンズ】【めんず】【男性】【Lady...
¥ 8,080
2019-09-24 15:05

BBQグリルメーカー「ファイヤープレイス」 海外キャンパー定番のラウンドタイプの焚き火台

画像6: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

番組では恒例となっている、小木さんのファイヤースターターでの火おこしシーン。今回は番組史上最大サイズの焚き火台が使われており、ツヤ感のあるブラック塗装されたボディもあいまって抜群の存在感を醸し出していました。

画像7: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

その正体は、アメリカ発のBBQグリルメーカー、ウェーバー社のファイヤープレイスでした。

私たち日本人キャンパーにとって、すり鉢状のラウンドタイプの焚き火台といえば、すぐに思いつくのはコールマンのファイヤーディスクくらいですが、こういった製品は海外では「ファイヤーピット」と呼ばれ、非常に馴染み深い形状です。

画像8: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

一見、シンプルな見た目ながら、底面がラウンドしていることによって空気が対流しやすく、燃焼効率も高いため、実は非常に理にかなった設計なんです。それでいてブラックコーティングされたホーロー加工鋼の本体と、無塗装のシルバーのレッグとの組み合わせは、どこかインダストリアルな雰囲気も感じられ、焚き火の炎がより色っぽく見えることうけあいです。

日本ではあまり見かけることのない、焚き火台用の蓋も海外のファイヤーピットでは定番の付属品。これを火の上にかぶせれば、あっという間に火を消せますし、ホルダーに立てかければウインドストッパーとしても機能してくれます。長くて太い薪もしっかり飲み込んでくれるアメリカンサイズの本体も、大人数で暖を取るのに最適です!

ウェーバー(Weber) バーベキュー コンロ BBQ グリル ファイアープレイス

画像3: コールマンのチェアやヘリノックスのテーブルなど、こいしゆうかさん愛用のキャンプギア
ウェーバー(Weber) バーベキュー コンロ BBQ グリル ファイアープレイス 【日本正規品】 2750
蓋付きなので点火時の風よけ、火消しも簡単が簡単。
蓋を立てかけて固定させるリッドホルダー付き。
蓋をリッドホルダーに立てかければ風が吹いて火が消えるのを防いでくれます。
蓋と本体が密閉しているため、鎮火が早く火消しが簡単。
本体下部のヒートディフレクターで床が熱くなるのを防ぎます。
ハンドルが熱くならないヒートシールド付き。
米国製
10年保証
¥ 23,990
2019-09-24 15:09
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.