ソロキャンプでコーヒーを淹れたり、調理をするのに欠かせない「バーナー」と「カセットコンロ」。種類がたくさんあるのでどう選べば良いか迷ってしまうことも。今回はバーナーとカセットコンロの違いや選び方、おすすめ商品も紹介しているので参考にしてみてくださいね!

「バーナー」と「カセットコンロ」の違いは?

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

キャンプなどのアウトドアで熱源を使用するには、主に焚き火や炭火のほかに「バーナー」や「カセットコンロ」を使用するという方法があります。

日常生活ではあまり使わないアイテムなので、バーナーとカセットコンロの違いがよく分からないという方もいらっしゃるのでは?

ここではまず、バーナーとカセットコンロの違いについて解説します。

▼詳しくはこちらの記事で解説しています!

「バーナー」とは

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

バーナーは、特にキャンプなどのアウトドアで利用される燃焼器具で、商品によってガス式やガソリン式など、使用する燃料が異なります。

またバーナーの種類は、大きく分けて、

  • 焚口が1つの「シングルバーナー」
  • 焚口が2つの「ツーバーナー」

の2種類があります。

シングルバーナー

軽量で持ち運びやすいのが魅力ですが、コンパクトなため大きくて重い鍋を載せると安定しないことがあります。

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

ツーバーナー

自宅のガスコンロで料理しているかのような使い勝手の良さが魅力ですが、大きくかさばる商品が多いので注意しましょう。

画像1: ライター撮影 happycamper.jp

ライター撮影

happycamper.jp

「カセットコンロ」とは

画像: 「カセットコンロ」とは

家庭用でおなじみのカセットコンロは、自宅にあるという人も多いのではないでしょうか。

カセットコンロは、カセットボンベを燃料として手軽に使える燃焼器具で、災害時にも便利なのでひとつ持っておくと安心です。

ただし風防が付いていなかったりと、屋内での使用を前提にしている商品が多く、屋外では火力が安定しないことも。

「OD缶」と「CB缶」の違いは?

キャンプでは「OD缶」、「CB缶」という言葉がよく使われますが、日常生活ではあまり使わない言葉ですよね。

CB缶とは「カセットボンベ」のことで、スーパーやコンビニ、100円ショップでも売っているおなじみのガス缶です。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

自宅で鍋をするときに使ったことがある方もいらっしゃるのでは?

価格が安く手頃ですが、屋内での使用を前提としている商品が多く、屋外では火力が安定しないことも。

いっぽうOD缶(Outdoor缶)は、キャンプなどのアウトドアに特化した、ガスを燃料とする道具に使用するガスカートリッジです。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

屋外での使用を前提としているため、火力が強く寒さにも強いという特徴があります。

ただしアウトドア用品店以外では入手が難しく、比較的価格も高めです。

▼詳しくはこちらの記事で解説しています!

ソロキャンプで使いやすい「バーナー」と「カセットコンロ」の条件

バーナーやカセットコンロは、各メーカーからたくさんの商品が展開されています。

そこでバーナーやカセットコンロを購入する際には、必要条件をクリアにしたうえで、希望に合う商品を選ぶことが重要です。

ソロキャンプで使いやすいバーナーとカセットコンロの条件として、以下のような点が挙げられます。

コンパクトに収納できる

画像2: ライター撮影 happycamper.jp

ライター撮影

happycamper.jp

ソロキャンプでは、荷物をできるだけ少なくしたいという人も多いと思います。

そこでバーナーやカセットコンロも、コンパクトに収納できることが大きなポイントとなります。

車の荷室やバイクの荷台、徒歩キャンプならリュックサックの中など、収納するスペースをイメージしながら選んでみましょう。

軽い

画像3: ライター撮影 happycamper.jp

ライター撮影

happycamper.jp

バーナーやカセットコンロの重さも重要です。

とにかく荷物を軽くしたいなら、軽量なシングルバーナーは選択肢に入ってくるでしょう。

車が使えるオートキャンプで、より料理を重視したいという場合は、ツーバーナーやカセットコンロも検討したいですね。

小さめサイズ

画像4: ライター撮影 happycamper.jp

ライター撮影

happycamper.jp

バーナーやカセットコンロは、商品によって大きさに大きな差があるので、購入する前にサイズをよく確認しましょう。

収納時のサイズはもちろん、実際に使うときのサイズも、普段使っているテーブルに載るかどうかなど、実際の利用シーンをイメージしながらチェックしましょう。

身軽さと開放感が魅力のソロキャンプでは、バーナーやカセットコンロもできるだけ小さめサイズを選ぶのがおすすめです。

それではここから、以上の条件に合致する、おすすめのバーナーとカセットコンロをご紹介していきます!

ソロキャンプにおすすめの「シングルバーナー」4選

まずは軽量コンパクトでソロキャンプに欠かせない、シングルバーナーのおすすめ商品をご紹介します。

1. キャプテンスタッグ「オーリック 小型ガスバーナーコンロ(M-7900)」

画像: 筆者撮影 happycamper.jp

筆者撮影

happycamper.jp
画像1: ソロキャンプにおすすめのバーナー&カセットコンロ10選!軽くてコンパクトなアイテムを厳選
キャプテンスタッグ オーリック 小型ガスバーナーコンロ (ケース付) M-7900
サイズ:125x125x82(h)mm
最大火力:2700Kcal
ガス消費量:225g/h
重量:約300g
ガスカートリッジ(燃料)は別売。
収納サイズ:117x105x65(h)mm
<B>型番: </B> M-7900
<B>対象レベル: </B> 初心者
超小型ガスバーナー
ガスカートリッジは必ず同メーカー専用カートリッジのご使用をお願いいたします。
¥3,908
2022-06-28 13:43
  • 製品サイズ(約) 幅125×奥行125×高さ85mm
  • 収納サイズ(約) 幅117×奥行105×高さ65mm(ケース収納時)
  • 重量(約) 300g(ガスバーナーコンロのみ)
  • 材質(品質) ゴトク:鉄(クロムめっき)、バーナートップ:ステンレス鋼、器具せん:真鍮
  • 仕様/その他 点火方式:圧電着火方式
  • 出力:2,700kcal/h
  • ガス消費量(約):225g/h
  • 原産国 日本

キャプテンスタッグの「小型ガスバーナーコンロ」は、ソロキャンプに最適な、小型で持ち運びやすいシングルバーナー。

発火装置が付いているのでライターは不要で、弱火などの火力調節もカンタンなので初心者にもおすすめ。

愛用しているキャンパーも多い、定番アイテムです。迷ったらこのバーナーを選んでも良いでしょう。

▼愛用者のレビューはこちら!

2. プリムス「153 ウルトラバーナー」

画像5: ライター撮影 happycamper.jp

ライター撮影

happycamper.jp
画像2: ソロキャンプにおすすめのバーナー&カセットコンロ10選!軽くてコンパクトなアイテムを厳選
PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー
圧電点火装置付。出力3,600kcal/h(T型ガス使用時)。ガス消費量245g/h。燃焼時間約55分(IP-250タイプガス使用時)。
ゴトク径最大148mm/最小90mm。収納サイズ7.5×8.8×3.0cm。本体重量110g(本体99g+点火装置11g)。
¥9,287
2022-06-28 14:26
  • 出力:4.2kW/3,600kcal/h(T型ガス使用時)
  • ガス消費量:245g/h
  • 燃焼時間:約55分(IP-250タイプガス使用時)
  • ゴトク径:大148mm/小90mm
  • 収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm
  • 本体重量:116g
  • ナイロンスタッフバッグ付属
  • ガスカートリッジ別売

プリムスの「153 ウルトラバーナー」は、軽量コンパクトでありながら、3600kcal/hと圧倒的なパワーを誇るOD缶対応バーナー。

安定性の高い四本ゴトクと、垂直に配置した点火装置によって、スマートなデザインを実現。

X字型のゴトクによって、バーナーヘッドを4つに区切り、ひとつの区画が風で消えてしまっても、他の区画は着火を保つよう設計されています。

ハイキングから高所登山まで愛用者の多い、頼れるシングルバーナーです。

▼愛用者のレビューはこちら!

3. SOTO「レギュレーターストーブST-310」

画像: 編集部撮影

編集部撮影

画像3: ソロキャンプにおすすめのバーナー&カセットコンロ10選!軽くてコンパクトなアイテムを厳選
SOTO レギュレーターストーブ ST-310 新富士バーナー シングルバーナー 大きめのクッカーにも対応 軽量 コンパクト ソロキャンプ ツーリング 登山 防災
✅【SOTO レギュレーターストーブ】 低温下でも安定した火力を生むマイクロレギュレーターと大きめのクッカーも安定して載せられる大きなゴトクを備えたレギュレーターストーブです。
✅【寒冷地でも安定した火力を実現 マイクロレギュレーター】 低温下でガスの圧力が上がらない状況でも燃焼に適した量の気化ガスを出せる独自構造のマイクロレギュレーターを搭載。使用環境に左右されない安定した炎をもたらしてくれます。
✅【大きめのクッカーでも安心 調理時の抜群の安定感】 直結タイプのシングルバーナーでありながら、大きめのクッカーも安心して載せられる大きなゴトクを備えています。一度に数人分の調理もできます。...
¥6,800
2022-06-28 14:32
  • 重量:330g(本体のみ)
  • 使用時サイズ:幅166×奥行142×高さ110mm(本体のみ)
  • 収納時サイズ:幅140×奥行70×高さ110mm
  • 使用可能時間:約90分(「ST-760」1本使用時)
  • 発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)
  • 燃料:SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)

SOTOの「レギュレーターストーブ ST-310」は、CB缶を使える軽量コンパクトなシングルバーナー。

「マイクロレギュレーター」機能により、連続使用時や寒冷地でも安定した火力を維持できます。

ゴトクが大きいので、大きなクッカーも載せられる利便性の高さも魅力です。

▼愛用者のレビューはこちら!

4. スノーピーク「フラットバーナー」

画像6: ライター撮影 happycamper.jp

ライター撮影

happycamper.jp
画像4: ソロキャンプにおすすめのバーナー&カセットコンロ10選!軽くてコンパクトなアイテムを厳選
スノーピーク(snow peak) フラットバーナー GS-450R
サイズ:270×410×110mm(ホース、器具栓を除く)
重量:1.9kg(収納ケースを除く)
対応鍋径:Φ23cm以下/ダッチオーブン使用不可
材質:ステンレス、ブラス、アルミ、スチール、樹脂
出力:3,000kcal/h
¥15,500
2022-06-28 15:28
  • セット内容 バーナー本体、収納ケース、結束用バンド
  • サイズ 約270×410×110mm(ホース、器具栓を除く)
  • 出力 約3,000kcal/h
  • 重量 約1.9kg(収納ケースを除く)
  • 材質 ステンレス、ブラス、アルミ、スチール、樹脂
  • 対応鍋径 Φ23cm以下/ダッチオーブン使用不可)
  • 専用容器 スノーピーク専用容器
    GP-500GR/ギガパワーガス500プロイソ
    GP-250GR/ギガパワーガス250プロイソ
    GP-500SR/ギガパワーガス500イソ
    GP-250SR/ギガパワーガス250イソ
  • 燃焼時間 GP-500GR/210分、GP-250GR/110分)

スノーピークの「フラットバーナー」は、シンプルで洗練されたデザインの、使いやすいシングルバーナー。

バーナーヘッドが外部に露出していないため、耐風性に優れています

またバーナー上面に凹凸が少ないため、別売りのアイアングリルテーブルにセットするとフラットになり、テーブルの上を有効活用することができます。

画像5: ソロキャンプにおすすめのバーナー&カセットコンロ10選!軽くてコンパクトなアイテムを厳選
スノーピーク(snow peak) エントリーIGT CK-080
● 材質:集成材、アルミニウム合金、スチール(クロームメッキ)
● サイズ:865×440×400(h)mm
● 収納サイズ:832×440×50(h)mm
● 重量:6.5kg
● セット内容:本体、天板(1ユニット×2、ハーフユニッ ト×2)
¥18,540
2022-06-29 10:40

▼愛用者のレビューはこちら!

This article is a sponsored article by
''.