キャンプの料理に欠かせないガス。携帯用ガスには、カセットボンベやOD缶などさまざまな種類があります。「どのガスを選べば良いか分からない」という方のために、ファミリーキャンパーの筆者がガスの種類の違いと、おすすめのガス商品をご紹介します。携帯用ガスを常備しておくと防災にも役立ちます。

ガス缶について徹底解説! 主に「カセットボンベ(CB缶)」と「OD缶」の2種類 価格・入手方法など

キャンプでお湯を沸かしたり、料理を作ったりするために必要なガス。キャンプでガスを使うために必要な携帯用ガスには、主に「カセットボンベ」「OD缶」の2種類があります。

カセットボンベはCB缶とも呼ばれ、家庭用のカセットコンロでも使われるため、馴染みのある方も多いと思います。

一方でOD缶は「Outodoor缶」の略で、その名の通りアウトドア用なので、馴染みがない方も多いのはないでしょうか。

まずカセットボンベとOD缶の、それぞれの特徴を見てみましょう。

カセットボンベ(CB缶)

・スーパーやコンビニなどで売っており、手に入りやすい
・比較的安価
・寒さに弱い
・細長な形で収納しやすい

画像: 筆者撮影「手頃な価格で手に入れやすいカセットボンベ」

筆者撮影「手頃な価格で手に入れやすいカセットボンベ」

OD缶

・アウトドア用品店以外では、手に入れるのが難しい
・比較的高価
・火力が強く、寒さに強い
・ゴロッと大きく収納しにくい

画像: 筆者撮影「アウトドア用のOD缶」

筆者撮影「アウトドア用のOD缶」

カセットボンベは価格が安く手に入れやすい一方、屋内での使用を前提としている商品が多く、火力が控えめで寒さに弱いという特徴があります。

OD缶は価格が高く手に入れにくい一方、屋外での使用を前提としているため、火力が強く寒さに強いという特徴があります。

ガスの種類は、寒さに強い順に「プロパン」「イソブタン」「ノルマルブタン」があります。カセットボンベはその形状上、プロパンを多く詰められません。プロパンを詰めやすいOD缶の方が、よりアウトドア向きとされています。

なお筆者が両方使っていて感じることとして、カセットボンベは細長な形で道具箱のすき間などに収納しやすいのに対し、OD缶はゴロッと大きいので収納しづらいです。

用途に合わせてカセットボンベ(CB缶)とOD缶を使い分けよう! 初心者はカセットコンロがおすすめ

キャンプでは、カセットボンベとOD缶を、用途に合わせて使い分けるのがおすすめです。道具によって使用できるガスカートリッジが決まっているので、まず使用方法を確認しましょう。

商品によっては、ガスカートリッジのメーカーが限定されている場合もあります。

カセットボンベは主にカセットコンロで使用します。カセットコンロは自宅のガスコンロとに近い感覚で料理ができ、自宅で使っている鍋やフライパンをそのまま使えるのでキャンプ初心者におすすめです。

また価格も安いので、ガスをたくさん使うファミリーにも嬉しいですね。

画像: 筆者撮影「カセットコンロは自宅のガスコンロに近い感覚で使える」

筆者撮影「カセットコンロは自宅のガスコンロに近い感覚で使える」

ただし自宅のガスコンロより火力が弱く、風が吹いていたりすると、さらに火力が弱まってしまいます。

筆者は焼きそばやラーメンなどの麺類を調理する際に時間がかかり、麺が伸びてしまったという失敗経験があります。

ガスコンロは、ハイパワーで風よけが付いているタイプがおすすめです。

画像1: 【ガス缶初心者必見】カセットボンベ(CB缶)とOD缶の違いって? おすすめ商品も紹介
イワタニ カセットフー 風まるII CB-KZ-2
本体サイズ:幅357×奥行278×高さ115mm/商品重量:約2.2kg/カラー:[本体] ブラウンメタリック、[風防ユニット] ブラック/材質:[本体] 鋼板 (粉体塗装)、[風防ユニット] 鋼板+ホーロー、[バーナー] 真鍮、[器具栓つまみ] ABS樹脂、[キャリングケース] 高密度ポリエチレン樹脂/最大発熱量:3.5kW (3,000kcal/h)/連続燃焼時間:約66分 (気温20~25℃のとき強火連続燃焼にてカセットボンベを使い切るまでの実測値)/点火方式:圧電点火方式/安全装置:圧力感知安全装置 他/容器着脱方式:マグネット方式/使用ガス:イワタニカセットガス(別売り)/生産...
¥5,744
2020-04-19 23:55

OD缶はCB缶と違いランタンなどに使えてキャンプ気分が盛り上がる!? シングルバーナーは準備が手軽!

OD缶はバーナーやガスランタンなど、主にキャンプならではのアイテムに使います。見た目もかっこいいので、キャンプ気分が盛り上がります

ガスランタンは優しい明かりで雰囲気抜群。ただし小さな子供がいる場合は、ガスランタンは本体が熱くなってしまうので、LEDランタンがおすすめです。

OD缶を使うアイテムでおすすめなのは、シングルバーナー

画像2: 【ガス缶初心者必見】カセットボンベ(CB缶)とOD缶の違いって? おすすめ商品も紹介
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ 登山用 バーナー オーリック 小型 ガスバーナー コンロM-7900
サイズ:125x125x82(h)mm
最大火力:2700Kcal
ガス消費量:225g/h
重量:約300g
ガスカートリッジ(燃料)は別売。
収納サイズ:117x105x65(h)mm
<B>型番: </B> M-7900
<B>対象レベル: </B> 初心者
超小型ガスバーナー
ガスカートリッジは必ず同メーカー専用カートリッジのご使用をお願いいたします。
¥2,736
2020-04-19 23:56
画像: 筆者撮影「シングルバーナーでご飯も炊けます」

筆者撮影「シングルバーナーでご飯も炊けます」

コンパクトに収納でき、火力も強いので、お湯を沸かすのに欠かせません。

筆者は主にキャンプでは、カセットコンロで料理を作り、バーナーでお湯を沸かしたりご飯を炊くというスタイルを取っています。手軽なのでキャンプ初心者におすすめです。

画像: 筆者撮影「カセットコンロで調理し、バーナーでお湯を沸かします」

筆者撮影「カセットコンロで調理し、バーナーでお湯を沸かします」

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.