「靴から水が染み込んで足がビショビショに…」誰もが一度は経験したことがある、雨の日の嫌なトラブル。想像しただけで雨のお出かけが憂鬱になりますよね。そこでおすすめなのが、ワークマンの『防水サファリシューズ(品番6527)』!筆者も購入から毎日愛用しています。今回は、実際の履き心地やデザイン、防水性などを徹底レビューします!

ワークマン『防水サファリシューズ』の気になる点:白線や側溝の金網などの上ではスリップ注意&履き口が肌に触れて擦れることも!

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

しっかり固まった雪の上を歩く分には全く問題ありませんでしたが、雨天時の白線やマンホール、側溝の金網などの上を歩くときは、滑りやすいので注意が必要です。

あと気づいた点と言えば、ハイカットのため履き口の上部内側が足に擦れてしまう点。

筆者も履き始めて数日は少し痛かったので、肌を覆う長めのソックスやタイツを履いて対処しました。履いているうちに足に馴染んだからなのか今では平気です。

歩き方にもよるかと思いますが、長時間歩く場合は注意した方が良いでしょう。

ワークマン「防水サファリシューズ#6527」の評価をWEBクチコミ情報でチェック!

ハイカットスニーカーのように履きこなせて秋冬コーデにぴったり。オシャレをしながらしっかり防水もできる優秀アイテム。

ラバー素材で防水、水深7cmまで入れる優れもの。これで1500円とかコスパ最強!

旧型も持っていますが、改良され軽く、柔らかくなり、ヒモも伸びるようになったので一段と履きやすくなりました!雨の日にはこちらの防水シューズを履いて出かけますが、側溝の金網のフタは滑りますので注意を!

ワークマン『防水サファリシューズ』はコスパ良し、性能良し、デザイン良しの万能アイテム!

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

今回は、ワークマン『防水サファリシューズ』の履き心地やデザイン、防水性などを、愛用者の目線からレビューしました。ビショビショに濡れた道を歩く時のストレスが軽減され、しかもおしゃれなデザインの防水シューズ。1,500円とは思えないコスパの良さです!

天気が悪い日の多い地域に暮らす筆者は、「買ってよかったものNo.1」といっても過言ではないくらい活躍しています…!憂鬱だった雨や雪の日のお出かけが楽しくなること間違いなしなので、ぜひ手に入れてみてください。

This article is a sponsored article by
''.