こんにちは、ワークマンアンバサダーのサリーです。ついに梅雨シーズン。毎日傘が手放せません。あのワークマンから折りたたみ傘が発売されていたことをご存知でしょうか。2種類あり、どちらもワークマンらしい普通の傘とちょっと違った特徴があります。実際に雨の日に使用してみて、それぞれの特徴も掴んだので詳しくご紹介します。

こんなに軽くていいの!? ワークマンライトアンブレラ

画像1: 著者撮影

著者撮影

最初にご紹介するのは、ライトアンブレラです。型番はAGA02。鮮やかなブルーとイエローの取り合わせが気分を明るくさせてくれます。

画像2: 著者撮影

著者撮影

一見、普通の折りたたみ傘のようですが、実は超軽量&コンパクトなんです。重さを計ってみると、なんと102g!普通傘ってけっこう重さを感じるものなのに、このライトアンブレラはめちゃくちゃ軽い・・・!ちなみに私が以前から持っていたごく一般的な折りたたみ傘は189gでした。

画像3: 著者撮影

著者撮影

もちろん大きさもコンパクト。折りたたんだ全長は約21cm。

親骨の長さは約50cm。大人の男性が使うには、少し小さいと感じるかもしれません。やや小ぶりなサイズではありますが「今日は雨が降るかもしれないな~、でも荷物かさばりたくないし・・・」そんな時に小さめのバッグでもすっぽり入っちゃうサイズです。

特に荷物が多くて電車で移動しなくてはいけない時に、このコンパクトは活躍しそう。これなら梅雨シーズンは、常に1本バッグに入れておくと安心ですね。

画像4: 著者撮影

著者撮影

ただし、パッと開くタイプではなく、開くときは1本1本傘の骨を組み立てる必要があります。しまう時は逆に、1本ずつ折る必要があります。これがちょっと面倒ではあるのが本音です。これでパッと開くタイプであれば最強ですね。

実際に雨キャンプで使ってみましたが、防水性能はまったく問題なし!特に荷物が増えやすいキャンプ、小ぶりの傘があって、とても便利でした。このサイズなら、大きいバッグがなくても、ショルダーバッグにもポンと入れられます。

画像5: 著者撮影

著者撮影

カラーはブルーとイエローの2種類。アクセントにイージスのロゴマークが入っています。私は折り畳み傘の収納袋はあまり使わないタイプですが、もちろん購入時には付属してきます。

価格は980円と買いやすいワークマン価格です。記事執筆時点では、オンラインストアの在庫はない様子。店頭でも人気のため、在庫がない店舗や少ないところも多いようですので、ご注意を。

画像1: 【ワークマンで雨対策】サリーが折りたたみ傘2種類を徹底比較! 超軽量コンパクトとタフでビッグサイズ、どちらが好み?
AGA02 ライトアンブレラ | 作業着のワークマン公式オンラインストア
全国の店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!ワークマン公式オンラインストアはお店もネット通販も法人対応可能!作業服・作業着の大量注文お任せください。ライトアンブレラ(フリー イエロー)

自動的に開閉する「ハードアンブレラ」

次にご紹介するのは、ハードアンブレラ。型番はAGA01です。

画像6: 著者撮影

著者撮影

一瞬見ただけで「骨の数が多い!」と思いませんか?それもそのはず、先ほどのライトアンブレラが6本に対し、このハードアンブレラはなんと10本という骨の多さ。それだけ強度が高いというわけです。

画像7: 著者撮影

著者撮影

強度が高いだけではなく、もうひとつヒミツがあります。それはこの手元のボタン。

画像8: 著者撮影

著者撮影

ボタンを押すと、傘が自動的にシュパッ!と開閉します。これは楽しい、気持ちいい!自動的に開く傘があるというのは知っていましたが、実際に使ってみたのはこのハードアンブレラが初めてなので、うれしくて何度もプッシュしてしまいました。

折りたたみ傘は開閉時にかなり水滴が手に付くので、自動的に開閉できるととてもストレスが減ります。

サイズは先ほどのライトアンブレラに比べて10cmほど大きく、親骨の長さは60cm。風で雨が流れてきても、傘のサイズが大きいので濡れにくいです。

画像9: 著者撮影

著者撮影

ただちょっと気になる点もあり、持ってみるとわかるのですが、ずっしりと重いのです。重量は約430g。私が普段使う傘に比べても、重いなと感じます。さすがに10本骨があってしっかりしている分、重さがあるのは仕方ないので、どちらのメリットを取るかということになります。

画像: 自動的に開閉する「ハードアンブレラ」

そして折りたたんだ際のサイズもやや大きめ。32cmと先ほどのライトアンブレラと比べて11cm長くなります。ショルダーバッグに入れて気軽に持ち運ぶのは難しそうです。大きめのバッグが必要になります。

ペットボトルとワークマンの折り畳み傘2本を比較してみた

画像10: 著者撮影

著者撮影

傘2本と500mlのペットボトルを並べてみました。ライトアンブレラとペットボトルがほぼ同じ長さです。こうしてみると、ハードアンブレラはかなり大きく見えます。

ハードアンブレラについてもう一点。この自動開閉ボタンがけっこう固いです。片手でポチッと押そうとしても、固くて押せないことがあります。力を入れて、しっかり押さなくてはいけません。

簡単に開いてしまうと、ちょっとした弾みで急にすごい勢いで開いて怪我をする可能性があるため、あえて固い仕様にしているのかもしれません。子供がふざけて使う可能性もあるので、逆に固いのは安全と言えますね。

重さなど気になる点はありますが、骨10本の安心感は今までの折りたたみ傘ではなかった安心感です。特に風の強い日には、風にあおられても安心ですし、60cmというサイズは荷物を持っていても濡れにくいほどの大きさで、とても使い勝手が良かったです。

画像11: 著者撮影

著者撮影

我が家の場合は、雨キャンプ用に車で運ぶので多少重みがあっても問題ありませんし、長い普通の傘よりも畳めばもちろん小さくなるので、車の積載的にも使い勝手がよかったです。

カラーはブラックとシルバーの2種類。シンプルなカラーとデザインなので、どんな服装にもぴったり。

こちらもオンラインストアでは、現時点で在庫なしとなっています。店舗でも在庫僅少や、売り切れのところがあるとのことなので、ぜひ早めのチェックをどうぞ。

画像2: 【ワークマンで雨対策】サリーが折りたたみ傘2種類を徹底比較! 超軽量コンパクトとタフでビッグサイズ、どちらが好み?
AGA01 ハードアンブレラ | 作業着のワークマン公式オンラインストア
全国の店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!ワークマン公式オンラインストアはお店もネット通販も法人対応可能!作業服・作業着の大量注文お任せください。ハードアンブレラ(フリー ブラック)

ワークマンの傘で、梅雨も楽しく

画像: 筆者撮影

筆者撮影

今回はワークマンの折りたたみ傘を2種類ご紹介しました。

超軽量コンパクトなライトアンブレラと、60cmと大きく自動開閉、タフなハードアンブレラ。ワークマンらしい特徴のある傘、ぜひ店舗でチェックしてみてくださいね。

ワークマンのアイテムについてはこちらの記事もチェック!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.