こんにちは、ワークマン大好きのざるです。ワークマン2022春夏モデル、みなさんチェックされましたか? カタログも発表され、気になる新作も続々と販売され始めていますね。今回はその中から、筆者おすすめのワークマン屈指の定番パンツと、新作の超軽量リラックスパンツ2選をご紹介していきます!

キャンプグッズに注目が集まるワークマン 定番~新作ウェアも見逃せない!

アウトドア・キャンプグッズが本格的に展開され始め、さらに注目度が上がっているワークマンですが、定番~新作のウェアも見逃せません。

読み応えのあるカタログをチェックしていると、気になるウェアが多数あります。

2022春夏モデルの中で、まず筆者が購入したのが『エアロストレッチクライミングパンツ』『リペアテック超軽量シェフパンツ』の2本。

今回はこの2本のパンツをご紹介していきたいと思います。

Field Core エアロストレッチクライミングパンツ(春夏モデル)

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

まずは、数あるワークマンウェアの中でもベストセラーとなっている人気モデル『エアロストレッチクライミングパンツ』です。

春夏用、秋冬用と毎シーズン発売されるのですが、発売と同時にあっという間に売れていく定番モデルなんです。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

ウエストはリブ仕様で圧迫感が少なく、なおかつベルトループもついています。

シンプルなデザインで生地は伸縮性もあり、非常に履きやすい1本に仕上がっています。

すでにご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、改めてこのパンツの魅力を振り返ってみたいと思います。

エアロストレッチクライミングパンツの仕様

【スペック】

  • サイズ:S~4L
  • 素材:ポリエステル90%、ポリウレタン10%

毎シーズン進化するエアロストレッチクライミングパンツの魅力とは

では、実際に愛用している筆者が感じるエアロストレッチクライミングパンツの魅力をご紹介していきます。

スリムフィットでシルエットがキレイに見える

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

エアロストレッチクライミングパンツが人気である理由に、細身のスリムフィットでスタイルがよく見えるということが挙げられます。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

また、無地でシンプルなデザインなのでコーディネートしやすいのも魅力です。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

スニーカーにもアウトドアシューズにも合わせやすく、細身のシルエットとの相乗効果で全体的にスッキリした印象を与えてくれるんです。

最も汎用性が高いのはブラックでしょう。その為ブラックはすぐに売り切れてしまいがちなのでブラック狙いの方は注意!

もちろんブラック以外にもカラーがありますので、好みのカラーを見つけてみてくださいね。

春夏にピッタリな吸汗速乾素材で、蒸れにくくサラリとした履き心地

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

触ってみると薄めでサラっとした生地感。吸汗速乾素材となっているので、通気性がよく、蒸れを軽減してくれます。

肌寒い時期に履いてみると、冷気がパンツ内に侵入してくるのがわかります。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

パンツ本体だけでなく、ポケットもメッシュ仕様で通気性抜群です。

その為、暑い時期には長時間快適な履き心地を保ってくれるんです。

伸縮率130%のストレッチ性

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

生地は伸縮率130%のストレッチ素材。軽く引っ張ってみても、よく伸びてくるのがわかります。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

縦にも横にも伸びてくれるので、ストレスフリーな履き心地を体感できます。

ウエストもリブ仕様になっているのでよく伸び、圧迫感を軽減してくれます。

180°開脚可能! クライミングカットで股の動きを妨げない

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

エアロストレッチクライミングパンツは、股下の部分が180°開脚が可能なクライミングカット仕様になっています。

股下に上下の縫い目がないため、横にガバっと広がる作りになっています。

筆者は180°開脚なんてとてもできませんが、クライミングパンツと銘打っているだけあって、開脚しやすくなっていることが動きやすさに役立っているポイントです

例えば、自転車に乗ろうとまたぐ時、生地が突っ張らずに楽にまたぐことができます。

足を広げても突っ張らず、非常に動きやすいなと感じました。

3Dムービングカットで膝の曲げ伸ばしも楽々

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

膝部分は3Dムービングカットになっています。

3Dムービングカットを施すことにより、膝部分が立体的になり、屈伸がしやすくなります。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

実際にしゃがんでみても、ほとんど圧迫感は感じません。

写真では生地が突っ張っているようにも見えますが、生地の伸縮性と3Dムービングカットのおかげで締め付けられるような感覚はナシ。

立ってもしゃがんでも、ストレスを感じることなく過ごすことができます。

6つものポケットを配置! ファスナー・スナップボタン付きポケットでモノを落としにくい

エアロストレッチクライミングパンツには、全部で6つものポケットが配置されています。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

フロント部分左右には、ファスナー付きポケットを配置。

さらに、左側の太もも付近にはもうひとつのファスナーポケット、右側にはスナップボタンで留めるフタ付きポケットも配置されています。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

バックポケットは、左側がスナップボタンで留めるフタ付きポケット。右側はファスナーもボタンもついていません。

6つのうち5つのポケットにはファスナーやスナップボタンが取り付けられているため、モノを落としにくい作りになっています。

画像: 6つものポケットを配置! ファスナー・スナップボタン付きポケットでモノを落としにくい

特に太ももに配置されたポケットは、スマートフォンを入れるのにピッタリなサイズ感です。

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

ただし、タイトなサイズで履いてしまうとスマートフォンなどの小物が突っ張って足を圧迫してしまうかもしれません。

普段からポケットを使用している方などポケットをフル活用したい場合は、ゆとりのあるサイズを選ぶと良いと思います。

UVカット機能を搭載している

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

春夏に多く履くことになるパンツですが、特に気になるのは夏の紫外線ではないでしょうか?

生地には90%以上紫外線から肌を守ってくれるUVカット機能が付いているので、夏場も安心して着用することができますよ。

カラビナループに反射プリントなど、細かい機能にも注目

ワークマンならではの細かい機能性が付加されている点にも注目しておきましょう。

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

画像19: 筆者撮影

筆者撮影

左太ももあたりと、右膝あたりに配置されたロゴプリントは、リフレクターの役目を果たしてくれます。

このリフレクターは、シンプルなディテールの中にワンポイントデザインとして際立ってくれています。

画像20: 筆者撮影

筆者撮影

また、ウエスト右側面のベルトループ下部には、カラビナを取り付けられるカラビナフックがついています。

画像21: 筆者撮影

筆者撮影

右太もも部分のポケット、このフタの部分中央は穴が空いています。

実はこれ、ペン挿し用のポケットなんです。

もちろんペン以外のものを挿してもOKですが、作業着のノウハウを生かしたワークマンらしい機能性ですね。

機能性バッチリなのに1,900円(税込み)

画像22: 筆者撮影

筆者撮影

進化を続け、多数の機能性を備えたエアロストレッチクライミングパンツ。これで1,900円(税込み)で購入できるのは驚きです。

低価格が故に、色違いで揃えてしまうという方も多くいらっしゃるようですよ。

エアロストレッチクライミングパンツの気になるポイントは?

筆者としては非常に高評価なエアロストレッチクライミングパンツですが、愛用してわかった気になるポイントを解説していきます。

撥水性はなく水に弱い

画像23: 筆者撮影

筆者撮影

撥水・防水性はないため、水には非常に弱いパンツです。生地に水が染みこみやすいので、雨の日に履いていくのはおすすめしません。

ただし速乾性は高く、濡れても乾きやすいという利点があります。

筆者の経験ですと、夜に洗濯しても脱水をしっかりしておけば、一晩でほぼほぼ乾いていました。

サイズ選びには注意が必要

画像24: 筆者撮影

筆者撮影

今回筆者はMサイズを着用していますが、一般的なサイズに比べてやや小さめな印象です。普段と同じサイズで選んでしまうと、小さく感じるかもしれません。

ぴったりとスキニーパンツのように履きたいのであれば良いと思いますが、あまりタイトになるのが嫌な方はワンサイズ上を選ぶとよさそうです。

可能であれば、お店での試着をオススメします!

丈が長い

画像25: 筆者撮影

筆者撮影

このエアロストレッチクライミングパンツは丈が長めにできています。身長177cmの筆者が履くと、裾がかなり長くダボっとしてしまいました。

折り返して履けばさほど気にはなりませんが、裾をスッキリさせたい方は裾上げ必須と言えるでしょう。

This article is a sponsored article by
''.