キャンプ用ナイフは、焚き火の材料作りや野外料理をするための必須アイテム。種類やブランドは多数ありますが、愛用者の多い定番のひとつに「モーラナイフ」があります。モーラナイフはなぜキャンパーに人気なのか?今回はモーラナイフの魅力を、愛用者である筆者が徹底的に深堀りしました!

研ぎ方を覚えてモーラナイフの切れ味を復活させよう

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

「メンテナンスは面倒」と思う人も多いかもしれませんが、考えようによっては、メンテナンスまでじっくり楽しめるということ…!

ステンレスにしろ、カーボンにしろ、切れ味が落ちてきたら研ぐのが一番です。

実は筆者、職業訓練で1年木工をがっつり基礎から学び、ノミやカンナの刃を研ぐ毎日を経験したのですが、それにもかかわらず研ぎは大の苦手。

だからこそ、知識をつけて、丁寧に正しい研ぎ方ができるように今も意識しています。

刃物は使う砥石や研ぎ方を間違えると、逆に切れ味が悪くなります。

ただし、正しい研ぎ方を覚えれば、家庭の包丁やハサミ、屋外の刃物など、自分で研げるので一生ものの技術になりますよ。

砥石の種類 おすすめは#1000と#3000

砥石は、紙ヤスリと同じで、数字によって目の細かさが異なります。数字が大きくなるほど、目が細かく、仕上げ研ぎに適します。

まずは#1000~#1200くらいの砥石で研ぎ、さらに切れ味を鋭くしたい方は#3000で仕上げるとよいでしょう。

▼おすすめの砥石はこちら

画像4: キャンパーに人気の「モーラナイフ」 人気の理由&おすすめ3選をご紹介
スエヒロ 研ぎ器 キッチン両面砥石 #3000/#1000 全ゴム台付 SKG-27
<b>メーカー型番:</b> SKG-27
<b>サイズ:</b> 幅150×奥行50×高さ27mm
<b>質量:</b> 400g
<b>材質:</b> セラミック、エラストマーゴム
¥1,958
2020-07-30 20:47

片面は#1000、裏は#3000と1つで研ぎを完結できる砥石。滑り止めのゴム足付きです。

シャープナーで研ぐのもアリ!

砥石で研ぐのは苦手という筆者のような方は、シャープナーを使う方法もあります。

▼おすすめのシャープナーはこちら

画像5: キャンパーに人気の「モーラナイフ」 人気の理由&おすすめ3選をご紹介
LANSKY(ランスキー) シャープナー ブレードメディック LSPSMED01
サイズ:10×3.3×1.3cm
重量:105g
タングステンカーバイド:ナイフブレードを3~4回手前に引くようにスライドさせるだけで素早く刃を立てることができます。
セラミックシャープニングロッド:刃のポリッシュと仕上げ研ぎが3~4回手前に引くようにスライドするだけでできます。
波刃シャープナー:目の細かい波刃、粗い波刃にご使用できます。
ダイヤモンドテーパードロッド:素早くストレートナイフや波刃ナイフのメンテナンスができます。
¥1,679
2020-07-30 20:51

コンパクトなのでキャンプに携帯でき、キャンプ場で切れ味が悪いと思ったときにすぐに研げるのが便利。

研ぎ方のコツ

砥石やシャープナーは水で濡らしてから研ぎ始め、出た研ぎ汁は黒ずんでも捨てないでください。

力の入れ加減と角度を一定に、前後に押したり引いたりして研ぎ、最後に洗い流して水分を拭き取ります。

カーボンブレードの場合は、その後リップクリームやオイルを塗布します。

ハピキャンでは、オピネルのナイフを使って研ぎ方を動画で紹介していますので、こちらも参考になさってくださいね。

モーラナイフのおすすめ3選! 自分にあった種類をチョイスしよう

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

種類が豊富なモーラナイフ。

公式サイトではアウトドア、キッチン、クラフトやカービングなど、用途によって分類されており、色や材質によっても名前が分けられています。

種類が豊富なのは選ぶ楽しさも広がり嬉しいのですが、迷ってしまうことも。

そこで、ビギナーにおすすめのモーラナイフを筆者が3つ選びました!

1)人気のモーラナイフ:コンパニオン ヘビー デューティー MG

ブレードはステンレスとカーボンを選べる、購入しやすい価格帯のナイフ。初めてのキャンプナイフにもピッタリの1本です。

「おぎやはぎのハピキャン(メ~テレ制作)」でも、おぎやはぎさんが初めての1本に選んでいました!

愛用者が多いので、メンテナンス方法や使い道などの情報を入手しやすい点も初心者には嬉しいですね。

▼カーボンはこちら

画像6: キャンパーに人気の「モーラナイフ」 人気の理由&おすすめ3選をご紹介
モーラ・ナイフ Mora knife Companion MG (カーボン)
ブレード素材:カーボンスチール ハンドル素材:ラバー
刃体の長さ:約10.4cm 全長:約21.8cm 刃厚:約2.0mm 重量:約77g(ナイフのみの重量)
付属品:プラスチックシース 生産国:スウェーデン ※刃背側は多少粗い加工となっております
※正当な理由なくこの商品を携帯することは法令により禁止されております。
※18歳未満の方はこの商品を購入しないようお願いします。
¥2,035
2020-07-30 20:55

▼ステンレスはこちら

画像7: キャンパーに人気の「モーラナイフ」 人気の理由&おすすめ3選をご紹介
モーラ・ナイフ Mora knife Companion MG (ステンレス)
ブレード素材:ステンレススチール ハンドル素材:ラバー
刃体の長さ:約10.4cm 全長:約21.9cm 刃厚:約2.5mm 重量:約84g(ナイフのみの重量)
付属品:プラスチックシース 生産国:スウェーデン
※正当な理由なくこの商品を携帯することは法令により禁止されております。
※18歳未満の方はこの商品を購入しないようお願いします。
¥2,090
2020-07-30 20:57

2)ブッシュクラフトに憧れるなら:ブッシュクラフト サバイバル

画像8: キャンパーに人気の「モーラナイフ」 人気の理由&おすすめ3選をご紹介
Mora kniv モーラナイフ ブッシュクラフト サバイバル ナイフ / Mora knife Bushcraft Survival Black 11742 モーラ・ナイフ
ナイフ Mora knife / モーラナイフ Mora kniv モーラナイフ Bushcraft Ultimate:FT11742 重量:0.65lbs 生産国:スウェーデン 9 1/4" overall. 4 1/8" carbon steel blade. Rubberized handle. Molded composition belt sheath with integrated diamond sharpener and all-weather Morakniv fire starter. Black composition interchangeable belt cl...
¥ 9,980
2020-09-21 18:59

モーラナイフのブッシュクラフトには、ブラック、オレンジ、デザートなど種類があります。

ブッシュクラフトサバイバルシリーズは、刃の厚みが3.2mmもあり、上からコンコンと叩くバトニングにも耐える丈夫さと、フェザースティックは綺麗なカールができる繊細さを兼ね備えています。

ファイヤースターターとシャープナーが付属するのは、ブッシュクラフトサバイバルシリーズならでは。

3)焚き火を前にクラフトを楽しむ:カンスボル マルチ マウント

画像9: キャンパーに人気の「モーラナイフ」 人気の理由&おすすめ3選をご紹介
モーラ・ナイフ Morakniv Kansbol Multi-Mount MG
ブレード素材:ステンレススチール ハンドル素材:TPEラバー、ポリプロピレン(中央部)
刃体の長さ:約10.9cm 全長:約22.6cm 刃厚:約2.5mm 重量:約100g(ナイフのみの重量)
付属品:マルチマウントシース, ベルトループ 生産国:スウェーデン
※正当な理由なくこの商品を携帯することは法令により禁止されております。
※18歳未満の方はこの商品を購入しないようお願いします。
¥7,150
2020-07-30 21:10

バトニングからクラフトまでこなせるマルチなナイフ。

ハンドルから刃先の中心あたりまでは刃が厚く、先端に向かうにつれ細くなるつくりになっています。

バトニングでは厚みのある箇所を叩き、フェザースティック作りや木工工作などの作業は先の方で繊細な作業が楽しめます。

モーラナイフをキャンプの相棒に! 用途にあった種類を選ぶのがおすすめ

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

もともと木工のために生み出されたモーラナイフは、木々が生い茂った里山や川沿いのキャンプにピッタリ。

自分にあった1本を選んで、メンテナンスしながら長く愛用していきましょう。

モーラナイフとともに、最高のキャンプを楽しんでくださいね。

▼ナイフ選びならこちらの記事もどうぞ!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.