みなさんこんにちは、のざるです。おぎやはぎさんの絶妙なトークが楽しい『おぎやはぎのハピキャン』(メ~テレ制作)には、様々なキャンプギアが登場しています。今回はどんなギアが登場するんでしょうか? 筆者の注目は、スノーピークのメカニカルなシングルバーナー。その他にも、番組内で登場するギアをたっぷりご紹介していきます!

テンマクデザイン『青空タープTC』 火に強い素材&ベンチレーター採用で、直下に薪ストーブを設置可能

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

まずはこちらのタープ、tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)の『青空タープTC』。タープのサイズは約5×5mもあり、面積は約25㎡。ポールの推奨サイズは、センターポールが高さ約2.8m、四隅のポールは高さ約1.8m。十分な高さを確保すれば、腰をかがめることもなく出入りができ、大人数でも使える解放感が魅力的です。※ポールとペグは別売りです。

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

このタープの特徴は、なんといってもTC素材(ポリエステル65%・コットン35%のコットン混紡素材)を採用していること。焚火の火の粉があたっても、燃えにくく穴の空きにくい仕様になっています。

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

天井中央部分には、ベンチレーターが配置されています。これにより、焚火の煙も効率的に排気することが可能。さらに表面には撥水加工も施してあります。雨にも強いとあって、「雨が降っているけど焚火がしたい」といったワガママを叶えてくれる素敵なタープです。

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

さらにベンチレーター部分には、写真のように薪ストーブの煙突を設置することもできます。

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

従来、薪ストーブの火の粉による穴あきを防ぐために、ストーブをタープ下に置くことは難しかったのですが、TC素材になったことでタープ下でも薪ストーブを設置することができるようになりました。

画像6: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

寒い冬キャンプ、中心に薪ストーブを置いてぐるりと囲めば、大人数で団らんしながらも暖かく過ごせます。

解放感あふれる広さに、TC素材で遮光性も抜群。さらに撥水性も備わった青空タープはオールシーズン使える機能性の高いタープです。

画像1: スノーピークのバーナーやテンマクデザインのタープなどハピキャンロケ使用ギアを紹介
テンマクデザイン 青空 タープ TC
■サイズ(約):490×490×(H)100cm ■素材: [本体]素材ポリエステル65%、コットン35%(表面撥水加工[縁部、テープ類]ナイロン ■重量(約):6,264g(本体/5,270、アクセサリー/594g、収納袋/400g) ■付属品:収納ケース、張り網、ポール固定テープ、クロステープ ■Made in Vietnam ※ポールは別売りです。
¥ 30,580
2020-01-29 10:57

Fe★NEEDS『ブラスタートング』 火吹き棒&薪ばさみ 薪や炭を追加しながら空気も送れる優れもの!

画像7: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

続いては、こちらのちょっと変わったアイテム。何に使うのかわかりますか? 見た目はトングですが、持ち手部分には謎の丸い半球のようなパーツがついています

画像8: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

実はこれ、ファイヤーブラスター(火吹き棒)と薪ばさみ(トング)を一体化させたFeNEEDS(フェニーズ) の『ブラスタートング』というもの。矢作さんが使っている様子でわかるように、先ほどの半球部分は、口をあてて空気を吹き込む部分だったんです。

矢作さんが頬を膨らませて空気を送り込む姿、ぜひ放送でご覧ください!

画像9: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

もちろんトングとしての機能も優秀です。開閉しやすいよう、トングにはバネが仕込んであるので、薪や炭を挟みやすい作りになっています。

画像10: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

薪や炭を追加しながら空気も送れてしまうという便利な焚火ツール。焚火に必要な機能がひとつにまとめられているという点が、とても魅力的なブラスタートング。手持ちの焚火セットに加えておきたい一品です!

画像2: スノーピークのバーナーやテンマクデザインのタープなどハピキャンロケ使用ギアを紹介
Fe★NEEDS フェニーズオリジナル キャンプ 焚き火 ギアFCG020ブラスタートング
ファイヤーブラスター(火吹き棒)+薪ばさみ(トング)が一体化! 丸い吹き口から空気を送れば、焚火の炎を増幅させることが可能です。またトングにはバネが仕込んであるので、楽に開閉ができ、薪を持つときのストレスがありません。 特許取得品。 素材:鉄・ウォルナット材 注意点 火を扱う商品ですので、お子様が使用するときには大人の方がついてください。 開閉固定用のネジを緩めすぎると先端のパーツが取れることがあります。これはネジの調整用の仕様ですので不具合ではありません。先端パーツを無くさないために、ネジの緩めすぎにはご注意ください
¥ 8,800
2020-01-29 11:08

GSI 『グレイシャーステンレス トゥループクックセット』 焚き火調理向きの鍋&フライパンセット!

画像11: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

続いては、GSIの『 グレイシャーステンレス トゥループクックセット』。焚火調理に強く耐久性のある、ステンレス製の鍋とフライパンがセットになったクッカーセットです。

画像12: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

画像13: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

しっかりと頑丈な蓋がついている鍋は容量8.5L。大人数で囲む鍋料理に最適です。

画像14: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

大型の鍋ですが、持ち手もついているので持ち運びやすい作り。素材がステンレスの為、持ち手部分は熱くなっています。やけどしないよう、耐熱グローブを使いましょう。

画像15: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

こちらは、焼き物・炒め物でも使える10インチ(25cm)サイズのフライパン。

画像16: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

画像17: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

持ち手部分は折りたたむことができるので、鍋とスタッキングして収納することができる構造。収納スペース削減にも一役買っています。

画像18: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

シングルバーナーで調理をすると、フライパンの中心部分ばかりが熱くなってしまい、焼きムラができてしまうなんてこともありますよね。しかしこのフライパンは、三層クラッド構造(ステンレス・アルミ・ステンレスという三層構造)になっているので、全体を均等に加熱することができるようになっています。

耐食性・耐熱性に優れた18-8ステンレス素材でできているので、コンロでも焚火でもガンガン使えるのがいいですね。

画像3: スノーピークのバーナーやテンマクデザインのタープなどハピキャンロケ使用ギアを紹介
GSI グレイシャーステンレス トゥループクックセット 11872051000000
重量:3700g
素材: ステンレススチール
セット内容:5L鍋、8.5L鍋、フライパン
¥ 26,180
2020-01-29 11:13
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.