こんにちは! キャンプといえば料理と酒のことしか頭になさそうなくにぱぐです。今回初めて料理以外のテーマで寄稿をします。テントやタープの設営に欠かせないのが「ペグダウン」です。毎度のキャンプで必ず行うペグダウンだからこそ、効率的に行い、なるべくサッサと切り上げたいものですよね。そのためには硬くてペグが刺さりにくいサイトへの対策が欠かせません。この対策というと、誰しも頭に思い浮かぶのは「鍛造ペグ」だと思いますが、実はペグだけではなく、ハンマーも非常に重要なギアなのです。

ペグ用ハンマーは軽視されがち!? ハンマーにもこだわることで、設営がスムーズになり快適に!

今回取り上げるのは「ハンマー」です。地味ですね!ちょっとだけ、なぜこのテーマの記事を書こうと思ったか? について触れてみます。

それは、「地面が硬いサイトには鍛造ペグが間違いない」という記事があまりに多く世にあるからです。とはいえ、これは間違った内容の記事ではないですし、ハードなサイトに対して鍛造ペグが有効であることを知っておくのは、キャンパーとして大切なことだと私も思います。

ただ、一方でその点だけがフューチャーされてしまっており、もう一つのペグダウンの主役、つまり「ハンマー」に関して触れている記事がそれほど多くなく、実際にキャンプ場でハンマーを軽視しているキャンパーさんが苦しんでいるケースを何度も目撃しているため、一度この点はスッキリと整理しておこうと考えた、という次第です。

前置きが長くなりましたが、今回はそういうわけで「ハンマーを重視しよう」という記事になります。

鋳造ペグだけでは効果なし!? ペグ付属のハンマーでは押し込む力が足りず、ペグダウンできないことも

画像: 鋳造ペグだけでは効果なし!? ペグ付属のハンマーでは押し込む力が足りず、ペグダウンできないことも

ここまで「鍛造ペグ」という言葉を何回か書いてきました。

一応これについて触れておきますと、鍛造とは高圧で金属を押し潰すことで金属の密度を上げ、それによって硬度を上げる、という金属加工の手法のひとつです。日本刀などもこの製法で作られていますが、この技術を活かして作られたペグが鍛造ペグというわけです。

商品として有名なのはスノーピークのソリッドステーク、また、村の鍛冶屋のエリッゼステークの2種類です。

ソリッドステーク

画像2: ペグダウンのテクニック紹介 ペグ用ハンマーを重視すると設営がらくらく快適に!?
スノーピーク(snow peak) ペグ ソリッドステーク30(6本セット) R-103-1
「ペグは消耗品」という概念を変えた最強ペグ。スノーピークのシンボルです。燕三条に伝わる鍛造製法で、どんなに固い地面にも確実にテントやタープを固定し、安全を生み出します。
¥ 2,726
2019-11-09 11:28

エリッゼステーク

画像3: ペグダウンのテクニック紹介 ペグ用ハンマーを重視すると設営がらくらく快適に!?
エリッゼ(ELLISSE)鍛造ペグ エリッゼステーク 28cm カチオン電着塗装 8本セット MK-280K MADE IN JAPAN
エリッゼ(ELLISSE)・・・イタリア語で楕円を意味しております。
【仕様】
全長:280mm
ヘッド部:楕円13×17mm
打込み部:太さ9×7mm
素材:S55Cスチール
塗装:カチオン電着塗装
重量:(約)185g/本
入数:8本
製造:新潟県三条...
¥ 2,904
2019-11-09 11:29

鍛造ペグは確かに硬さも鋭さも申し分ないため、多くのキャンパーが保有をしています。

ところが実際に硬いサイトに鍛造ペグを突き刺しても、テントに付属しているハンマーでは、ほとんどペグは地面に潜っていってくれません。それどころか、ペグが跳ね返って地面から飛び出てくることもあります。

テントに付属しているハンマーは、軽い金属製やプラスチック製で、重みがなく、ペグを押し込む力が圧倒的に不足しているのです。また、軽い分バランスが悪くて取り回しがよくなく、体重を乗せにくいという問題もあります。

過去、私が知人である本職の大工さんに、テント付属の金属製ハンマーでペグ打ちをさせてみたところ、きちんと体重を乗せて打ってくれたのですが、結果一発でハンマーのヘッド(ペグを打つ部分)が数メートル先まで飛んでいってしまいました。そのぐらいテント付属のハンマーでは厳しいと言えます。

ペグ用ハンマー選びで重要なのは重量! スノーピーク製のものや大工用の工具ならペグダウンが簡単に!

画像: 画像はイメージです

画像はイメージです

では、どんなハンマーを使えば良いか? ということになるのですが、これは一言で「重いハンマー」ということでまとめられると思います。重量さえあれば、鍛造ペグはその性能をいかんなく発揮し、ちょっとした石ぐらいなら砕いて地面に刺さってくれます。

その重さですが、理想としては1キログラム程度のものです。ふもとっぱらなど、硬いことで有名なキャンプ場でも、このぐらいの重さがあると、面白いようにペグが刺さります。

ただし、1キログラムもあるハンマーはそれ自体取り扱いが難しく、非力な女性の方やお子さんなどでは怪我に繋がる恐れもあります。

ですので、0.4〜0.8キログラムぐらいのもののほうが、そういった意味では程よいバランス感があり、よいと思います。ペグ用のハンマーというとスノーピークのペグハンマーPROが有名ですが、こちらも0.6〜0.7キログラムぐらいなので、まさに条件的にはピッタリです。

画像4: ペグダウンのテクニック紹介 ペグ用ハンマーを重視すると設営がらくらく快適に!?
スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.C N-001
材質:ヘッド/銅、スチール(黒電着塗装) 柄/かしの木
サイズ:直径35×120×290mm 重量:670g
¥ 6,820
2019-11-09 11:31

ただ、こうしたペグ専用の品はかなり値段が高いので、コストを重視するなら、ホームセンターの大工道具・DIY用道具売り場に行きましょう。

画像: 筆者撮影

筆者撮影

1000〜2000円程度で様々な重さのハンマーが手に入ります。扱えるギリギリぐらいの重さのものを選ぶといいでしょう。

鋳造ペグだけでなくペグ用ハンマーにもこだわろう テント設営が早く終わればキャンプを更に満喫できる

画像: 鋳造ペグだけでなくペグ用ハンマーにもこだわろう テント設営が早く終わればキャンプを更に満喫できる

ちなみに私は男の割に筋力がないので、0.6キログラムのハンマーを愛用しています。

すべてのキャンプ場で、このハンマーを使ってペグダウンをしていますが、「手こずった」と感じることはほとんどありません。

整地が十分にされた高規格のキャンプ場でも使用しますが、そういう場合でもスピードが違います。先にテント設営に取り掛かっているご近所さんをペグダウンで追い抜いてしまうことも結構あります。

それだけテント設営が素早く、簡単に終わっているわけです。それってかなり重要なことですよね。
キャンプ場での時間は有限ですから、さっさと終わらせたほうがよいことは終わらせましょう。

ですので、鍛造ペグ、だけではなく、重量のあるハンマーも用意を欠かさないようにしてみてくださいね。

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.