金欠女子が編み出した、憧れの海外キャンプに行く方法...それは「妄想キャンプ」。今回もまだまだカオヤイでのキャンプを楽しんじゃいます! 今回はタイの定番朝ごはんを堪能! それから、ついに象さんとご対面です。というか、乗っちゃいます(笑)そして、なんといってもグランピングにも挑戦しちゃいますよ!

タイの朝ごはんの定番「ジョーク」!

おはようございます。 Lam Ta Khong(ラン・タ・コン)キャンプ場に宿泊した私は、雨季のキャンプということで不安でしたが、今日も天気が良さそうで安心しました。気分も晴れたところでまずは、ごはんです。

今回の朝ごはんはマクドナルドで食べます! え~~~~~! なんでタイまで行って、ファストフードなの! というツッコミが聞こえてきそうですが、食べるのはハンバーガーじゃありませんよ。

今日の朝ごはんは「ジョーク」、日本でいうおかゆです。タイの人たちは朝ごはんを、屋台で食べることが多いそうなのですが、人気なのがこの「ジョーク」なんだそう。

画像: 123rf タイの簡単朝食『ジョーク』イメージ

123rf タイの簡単朝食『ジョーク』イメージ

美味しそうですよねー! このあとの予定的に重くない食べ物のほうがいいなぁと思っていたので、ちょうど良さそう!

しかも、カオヤイはリゾート地だからかなかなか屋台がなく、ジョークが食べられないかも…とちょっと心配してましたが、マクドナルドで食べられるなんて嬉しくないですか? 朝マック限定なので遅れないように早速出発します!

移動はタクシーで向かいます! カオヤイ国立公園は広すぎて…今、居るキャンプ場からは車で40分ほどかかるようですが…。

カオヤイは自然が多くて、出身が青森なので地元を思い出しちゃいますね。いや、カオヤイの方が栄えていますけど! 車道も4車線もありますし…と、考えていたところで到着しました。

画像: 引用元:123rf タイ・マクドナルド イメージ(写真はバンコク市内のマクドナルド)

引用元:123rf タイ・マクドナルド イメージ(写真はバンコク市内のマクドナルド)

ちょっと余談ですけど、バンコク市内ではドナルドが合掌しているお店があるみたいです。この合掌は「ワイ」といい、タイが誇る伝統文化のひとつで日本のお辞儀みたいなものと聞きました。これを見ると、おもわずお辞儀したくなっちゃいますよね~。

さて私が行ったカオヤイのマクドナルドは、外観は日本のマクドナルドと変わりませんが、メニューにはお米を使ったものがあるなど、やっぱりアジアだなぁ~なんて思っちゃいました。

ジョークの値段は、ドリンクとセットで49バーツ=約170円!(1バーツ=3.41円 ※2019年8月13日付)安いです! ちなみにジョークは2種類あって、トッピングされているお肉がポークかチキンかが選べます。

んー、悩みますね…。私はなんとなくですが、チキンにしようかな…。しかも、10バーツで卵の追加があります!美味しそうだし、卵も追加しちゃいます!

げっ! おっ! うめ!あっさりしていますが、だしがきいています! 朝にちょうどいい優しい味です。おかゆとトッピングのチキンも合いますし、これはけっこうありですね!

まぁ、妄想なんですけど…ネ。

味付けは、塩とナンプラーがメインなので、日本でも作れそうかも!と、したらタイ米が必要になりますよね!

これは、アレンジにも使いやすいレトルトのご飯なんだとか!ジョークを作る時にはもちろん、ちょっと贅沢にタイカレーを食べる時にはいいかもしれません!

☆私が妄想で行ったカオヤイのマクドナルド
<基本情報>
【McDonald's THE MARKET VILLAGE KAOYAI】
住所:No. 299/42 Moo 18 , Tambon Pak Chong , Nakhon Ratchasima 30130 .
電話:044316774

スリル満点アクティビティ!カオヤイ国立公園で象の背中に乗ってトレッキング!

マクドナルドからさらに20分ほどで今回の目的地に到着です! 今回挑戦するのはトレッキングです。しかもただのトレッキングではありませんよ。なんと象に乗ってトレッキングしちゃいます!

画像: 引用元:123rf エレファントトレッキング イメージ

引用元:123rf エレファントトレッキング イメージ

エレファントトレッキンングは「ジャングルハウスホテル」というホテルが運営しているそうです。予約不要でホテルのロビーで受付を行っています。料金は1人400バーツ=約1,370円。ドキドキワクワクで、受付済ませて順番待ち~!

はえ!(津軽弁で「早い」の意味)…どうやら、もう私の番に…。今度はズッキンズッキンと鼓動が激しくなってきちゃいました。カタコトの日本語で係のおじさんが象に乗るように促してきます。

って!いや、まいねじゃ!!このままに乗るんだが!!???

象はおろか、馬とかの動物にすら乗ったことないよ!! 急には無理!!!「まいね」は津軽弁でだめって意味です!「まいねじゃ」というのは「だめだよ!!」という感じのニュアンスです!

乗るんだが? の「だが」は「~だけど?」という意味ではなく「乗るの?」という感じですね! いや、そんなことより急な展開にあたふたしますが、おじさんは容赦無く私を象の上に設置された椅子の上に座らせました。象さん…、どうか大人しくしててね…。

画像: 123rf 写真はエレファントトレッキング イメージ

123rf 写真はエレファントトレッキング イメージ

さっそく象さんが歩き出しました。椅子の上にいることもあって、結構高くて、周りの景色が良く見えます! これは普通のトレッキングじゃなくて正解かも♪ しかも、足も疲れませんし。

ただ、象さんはめちゃくちゃ自由に歩くので、周りの枝なんかにバシバシ当たりまくります。しかも、川も渡っちゃいます! このスリル感は、自然の中ならではという感じですね!

でも、水に濡れてもいいように防水ソックスを履いておけば安心だったかも

防水な上に防寒にも使えるのでこれがあれば、普通のトレッキングにも役立ちそう!ちょっとだけ後悔…。

無事にトレッキング終了しました! 結構揺れたり、象さんの自由っぷりに少し焦ったりしましたが、最後の方は慣れてきて楽しかったです! まぁ、妄想なんですけど…ネ。

<基本情報>
【ジャングルハウス カオヤイ(Jungle house khao yai)】
住所:215 Moo 5, Thanarat Road Km. 19.5 | Moo See, Pak Chong 30130 , Thailand
電話:(+66)-44-297-307

カオヤイで話題のグランピング施設「Lala Mukha tented resort Khao yai」へ!

いよいよ憧れのキャンプ地に向かいます! 今回はなんとグランピングをしちゃいます!今回泊まるのはここ!「Lala Mukha tented resort Khao yai(ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ)」です!

めちゃめちゃ良さげでしょ!日本人キャンパーの間でも話題のグランピング施設なんだとか。
お部屋はこんな感じ!

私が借りたのは「デラックス テント」というテント。今はローシズンなので少し安くなっていて、平日3,840バーツ(約13,000円ちょっと)、土日4,200バーツ(約14,000円ちょっと)でした。

いいなぁ、こんなに可愛いテントならさらにデコしてインスタにあげたくなっちゃいますね!例えば、こんなのがあったら可愛いんじゃないかなーなんて!普通のテントにも合いそうだし、フラッグありかも!

ちなみにテントの他にもツリーハウスも借りられるそうです!そちらも大人気なんだとか! 部屋には、テレビ、冷蔵庫、エアコン、WI-FIが完備されている快適空間!一見、普通のお部屋のようですが、屋根はテント!って感じがいい

しかも、施設内はかなり広くて探索できちゃほど...吊り橋があったり、プールまで完備なんです。話題になる理由がわかりますね…。これはたげ(すごく)テンション上がります!

〈基本情報〉
【Lala Mukha tented resort Khao yai(ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ)】
住所:515 Moo 5, Tambon Mu Si, Amphur Pak Chong Nakhon Ratchasima 30310,Thailand
電話番号:(+66)44 297 760

次回はタイキャンプ第4弾!

とんでもなくいいところに来ちゃったみたいです!! 次回は、ホテルに荷物を預けてからまたおでかけします! まだお昼も食べてませんしね! とりあえずランチにも行きたいし、それから話題のワインナリーに行きたいなーなんて! 好奇心が尽きない旅になりそうです。

まぁ、妄想なんですけど…ネ。

『妄想女子キャンプ』の過去記事はこちら!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.