キャンプって楽しそうだけど、道具を揃えるのが大変そうだし、初めてなのに泊まるのはちょっと不安…と考えてキャンプデビューできていない人はいませんか? 今回は、日帰りで気軽に始められるデイキャンプの魅力と持ち物、予約不要の関東近郊おすすめキャンプ場をご紹介します。デイキャンプを通じてキャンプの楽しみを体験してみましょう!

【アウトドア初心者におすすめ】関東でデイキャンプ! ピクニックとは一味違う日帰りキャンプとは? 

これからキャンプを始めようと考えている人の中には、デイキャンプって何?という人や、ピクニックとどう違うの?と疑問を持たれる人もいると思います。明確な定義はありませんが、ピクニックは主に自然豊かな場所で持参したお弁当や食事を楽しむことを指します。対してデイキャンプは「日帰りでキャンプを楽しむ」ことが目的。キャンプ場で料理を作ったり焚き火をしたりして楽しんだ後、泊まらずに帰宅するキャンプなので、手軽に始めることができます。

画像: 筆者撮影
筆者撮影

【デイキャンプに必要な持ち物リスト】日帰りだから荷物も少ない! 手軽にキャンプを楽しめておすすめ

日帰りで楽しむデイキャンプはテントや寝袋など宿泊用具が不要なので、本格的なキャンプに比べて準備する道具はそれほど多くありません。ではどんな道具があればデイキャンプを楽しめるのか、リストアップしてみます。

【デイキャンプに必要な持ち物】

  • 調理道具:まな板や包丁、フライパン、鍋、皿、カップ、箸など
  • コンロ・グリル:焼き物や煮物など調理をする時に使います
  • 焚き火台:直火NGのキャンプ場で焚き火をするための道具
  • 水・食料:水は現地で調達しても良いですが、水を入れる容器は持って行きましょう
  • テーブル・チェア:調理や食事、焚き火をする時に使います
  • レジャーシート:厚手のブルーシートでも代用できます
  • 照明:陽が落ちるまで居る場合はランタンやLED照明など
  • 軍手:焚き火に使う薪を集めるときなどに使います
  • ガスライターなど:焚き火や調理の時に使います
  • ゴミ袋:焚き火で出た灰や、調理時のゴミなどを入れて持ち帰りましょう

余裕があればタープ(日除け&雨除けの屋根)を準備しましょう。出掛ける前に、張り方や撤収の方法を動画などで調べておくと、慌てずに設営ができます。

画像: 【デイキャンプに必要な持ち物リスト】日帰りだから荷物も少ない! 手軽にキャンプを楽しめておすすめ

それでは、デイキャンプにおすすめな関東近郊のキャンプ場を3つご紹介いたします。

【関東でデイキャンプ①】焚き火ができる トイレなどの設備完備で安い! 青根キャンプ場(神奈川)

1. 緑の休暇村 青根キャンプ場(神奈川県)

近くに道志川(どうしがわ)が流れる、自然豊かな人気のキャンプ場です。車が横付けできるオートフリーサイトは100組が利用できる広さで、レンタルできる備品も豊富に揃っています。さらに小さなお子さま向けの遊具もあり、広々とした敷地では愛犬と一緒にキャンプが楽しめます。また、このキャンプ場は焚き火台を持っていない人でも直火で焚き火ができるので、焚き火をしたことがない人も是非チャレンジして炎の美しさを味わってください。

大自然の中でも、不自由なく携帯電話が使えたり、トイレは洋式(温水式洗浄便座)が設置されていたりと、ここまで設備が行き届いた格安キャンプ場は全国でも珍しいと思います。デイキャンプやオートキャンプなら予約不要(バンガローの宿泊は要予約)。8:00から当日分の受付開始で、先着順となっています。

青根キャンプ場がある休暇村センターの敷地内には、車で2~3分程の場所に「いやしの湯」という天然温泉があるので、デイキャンプの後に立ち寄って汗を流すのもおすすめです。

画像: 青根キャンプ場を空撮でご紹介いたします。 www.youtube.com

青根キャンプ場を空撮でご紹介いたします。

www.youtube.com
  • キャンプ場名:緑の休暇村 青根キャンプ場
  • 住所:神奈川県相模原市緑区青根807
  • 電話:042-787-1380
  • 営業時期:年中無休(年始・年末を除く)
  • 利用時間:8:00~17:00(デイキャンプの場合)
  • 入場料:デイキャンプ・大人(中学生以上)430円/子供(3歳以上)330円
  • 持ち込みテント敷地料:6人用以上1,100円/5人用以下 850円
  • 駐車場:小型(乗用車)520円/単車 310円
  • オートサイト:あり
  • URLhttp://aonecamp.jp/
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.