おぎやはぎのお2人がキャンプを教わりながら、めいっぱい楽しむ番組「おぎやはぎのハピキャン〜キャンプはじめてみました〜(メ〜テレ(名古屋テレビ放送)制作)」! 今回のプレゼンキャンパー、つるの剛士さんと過ごす時間も、いよいよ佳境に! 港からキャンプ場へと舞台を移し、時間は夕方へと差し掛かります。釣りとランチを満喫したメンバーを待っていたのは夕暮れの富士山の絶景と、最高のディナーでした!

※番組ロケの前編はこちらから

海に面したキャンプ場に到着! 絶景にも期待!

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

午前中から釣りに熱中し、釣った魚を使った豪華なランチを味わったおぎやはぎさん、あばれる君、吉崎綾さん、そして、つるの剛士さんの5人は、茅ケ崎市にある「柳島キャンプ場」へとやってきました。松林に囲まれた自然いっぱいのキャンプ場は、つるのさんがプライベートでも利用するお気に入りの場所。バッチリ海に面していて、景観も最高です。さすが湘南。

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

船に乗って魚と格闘してきたご一行、お疲れかと思いきや、まだまだイケそうなオーラを発しています。そうです。ここでヘバっていては、キャンプのお楽しみ、焚き火を囲んでのディナーにありつけません。

つるのさんからは、夕食用に用意された食材のご紹介。藤沢産の野菜と肉、釣った魚にプラスして、新鮮な魚介を追加。さらに、きりたんぽのように棒状に固めたご飯も準備してくれました。美味しそうな食材を前に、メンバーのモチベーションも俄然上がります。到着早々ですが、準備に取り掛からなくては!

ゲームで担当を決定して、いざ夕食の準備を開始!

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

肝心なのは、火おこし、調理、イスとテーブルの準備といった役割分担。担当を決め、効率よく準備を進めるという、重要なポイントを、おぎやはぎさんはしっかり理解しているご様子。だいぶキャンプ通になってきているみたいですね! そんな大事な担当決めだからこそ、楽しみながら進めましょう!

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

「これで決めましょうよ!」

とつるのさんが取り出したのは、何やら不思議な形のボード。これは「ティキトス」というゲームで、吊り下げられたリングを、ボード上のフックに引っ掛けて遊ぶ、いわば輪投げのようなものです。キャンプに持っていくと、みんなでワイワイ盛り上がれそうです。なるほど、これでバトルして、成功した順に好きな担当をゲットしていこうっていうことですね? 燃えるじゃないですか!

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

初めて見るゲームに戸惑いつつも、徐々にテンションの上がるメンバーのみなさん。ただ、なかなか難しい。みんな必死にトライしますが、リングがフックをかすめるのがやっとの状態。そのうち……

「もうちょっと上で離した方がいいんじゃない?」

「勢いが足りない! もうちょっと強く!」

「いや、弱く!」

と、競ってるんだか助け合ってるんだかわからない奇妙な展開に。

画像6: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

小木さん、プロっぽい(?)真剣なまなざしで挑むも、あえなく失敗(涙)。

画像7: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

結局、「全員が成功するのを待っていたら日が暮れちゃう」という賢明な判断の元、最初に成功した人をリーダーにして、話し合いで担当を決めることになりました。

そして、ナイスショットを決めてリーダーになったのは、あばれる君。すったもんだの末に決まった役割分担は、

火おこし:小木さん、あばれる君

食卓周りの設営:矢作さん

調理:つるのさん、吉崎さん

というラインナップに。さあ急ぎましょう。だいぶ日も傾いてきましたよ!

This article is a sponsored article by
''.