こんにちは、ソロキャンパーのもめです。ソロキャンプはファミリーキャンプやグループキャンプとはまた別のキャンプアクティビティとして捉えられることが多いですが、ソロキャンプならではの「あるあるネタ」なんていうものも存在するのでしょうか。そんな気になる「ソロキャンプあるある」を、ハピキャン読者のソロキャンパーにアンケートで聞いてみました!

ソロキャンプではすべて自分で対処!ソロキャンプで失敗したことはある?

ソロキャンプは「自分が納得できればOK」という気楽さがある反面、「何かあったときには自分で対処しなければならない」という大変さもあります。

ここからは、ソロキャンプでの失敗エピソードを見ていきましょう。

忘れ物をしてしまう

画像: 筆者撮影 箸を忘れて自作したことある人、多いのでは…?

筆者撮影 箸を忘れて自作したことある人、多いのでは…?

先ほどのあるあるでも触れましたが、忘れ物はソロキャンプでよくある失敗として挙げている人が多かったです。

画像: 40代男性

40代男性

真冬に寝袋を忘れて、こたつ布団とゴミ袋を巻いて寝ました。

画像3: 50代男性

50代男性

毎回何かしら忘れ物をします。結果、何とかなるんですが…。

やはり気を抜きすぎた結果、うっかりしてしまうのでしょうね。

ただ、「さすがソロキャンパー」というべきか、大抵の場合は自分でなんとか対処できるようです。

忘れ物をした時の緊急対処を楽しむのもまたソロキャンプの魅力なのかも?!

画像1: 筆者

筆者

真冬に寝袋を忘れると危ないので、お気をつけて…!(笑)

荒れ狂う天候と1人孤独に戦う

画像: 筆者撮影 どんなに大雨の中の撤収でも1人で頑張るしかない。

筆者撮影 どんなに大雨の中の撤収でも1人で頑張るしかない。

キャンプの宿敵ともいえる悪天候ですが、ソロキャンプだと1人で天候と戦う必要があり、ファミリーキャンプやグループキャンプ以上に大変な思いをしやすいです。

画像1: 50代女性

50代女性

雨に降られてテント内浸水!ガイロープをしっかり引っ張りなおしたりして調整し、水はタオルで拭きとり&絞るの繰り返しでぐったり……。

画像4: 50代男性

50代男性

風が強すぎてテントが建てられなかった。

「風強いからそっち押さえてて!」と言える相手もいないので、上記のようなシチュエーションに遭遇してしまうと、どうしてもつらいところがありますね。

1人のときは、いつもよりも天候やテントサイトの状況を事前確認するのが重要なのかもしれません。

▼雨の中キャンプを楽しむ方法についてはこれらの記事も要チェック!

テントから離れるときに荷物が心配になる

ソロキャンプだと盗難リスクがより一層跳ね上がりますが、盗難に遭うような事態には遭遇したくありませんよね。

テントを離れないのが一番ではあるものの、買い出しに行ったり、トイレに行ったりするなどで一時的に離れるときにも、ちょっと不安になります。

画像2: 50代女性

50代女性

サイトに不在時、荷物が心配……。

ちなみに筆者は盗難対策として、「長時間離れるときはテントの出入り口に鍵を付ける」「テント内でランタンをつけっぱなしにする」といったことをしています。

また、寝るときは外に道具を置きっぱなしにすることもできるだけ避けています。

ソロキャンプは気を抜いても良いのが魅力ですが、盗難対策と天候対策に関しては、ファミリーキャンプやグループキャンプよりも気を付ける必要がありそうです。

▼こちらの記事では盗難について取り上げています。自分で積極的に盗難対策を行いましょう!

なぜわざわざ”ソロ”を選ぶ?!ソロキャンプを始めたきっかけは?

ここまで、ソロキャンプのあるあるや失敗談などを見てきましたが、ソロキャンパーのみなさんはどういった経緯でソロキャンプを始めたのかも気になりますよね。

アンケートではソロキャンプを始めたきっかけも聞いてみましたので、ご紹介していきます!

1人の世界が好き

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

「そもそも1人の世界が好き」というソロキャンパーが多いようです。

画像5: 50代男性

50代男性

1人になりたいから、ソロキャンプを始めました。

画像6: 50代男性

50代男性

1人の世界を楽しみたいからです。

日常生活ではいろんな人と関わりあいながら過ごしますが、たまには1人の時間も必要。「1人の時間を確保できるからソロキャンプを始めてみた」という人は一定数いそうですね。

他の趣味から派生して

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

「他の趣味から派生してソロキャンプをするようになった!」という方も。

画像7: 50代男性

50代男性

スーパーカブ を乗るようになり、ツーリング仲間からキャンプに誘われてグルキャンをやるように。そして、もっと自由にキャンプをしたくなりソロキャンを始めました。

画像8: 50代男性

50代男性

魚釣りがきっかけです。

画像9: 50代男性

50代男性

ツーリング時の安価な宿泊方法として、ソロキャンプをするようになりました。

バイクや魚釣りはもともと1人で楽しむことも多い趣味である上に、キャンプとの相性も良いことから、そこから派生してソロキャンプも始める人が少なくないのだと考えられます。

画像2: 筆者

筆者

ちなみに、私の場合は先にソロキャンプをしていて、そこからバイクに目覚めました!

誰かの影響・おすすめを受けて

昨今では、SNSやメディア、アニメなどでいろんなキャンプスタイルを見かけるからこそ、誰かの影響を受けてソロキャンプを始めた方もいるようです。

画像3: 50代女性

50代女性

キャンプにハマった女子友達に、どうやっているのかを聞いたら「ソロでやっている」と、こともなげに返答。思わず「危なくないの?」と聞き返してしまいましたが、今は知識も身につき、わたしもソロキャンプをときどきやっています。

画像: 60代男性

60代男性

ゆるキャンのりんちゃんのお祖父さんを見て「渋いなぁ」と思い、あんなふうになりたいと思ったから。

ちなみに筆者のソロキャンプを始めたきっかけは、もともと一人旅が好きだったところに、ゆるキャン△のリンちゃんを見て「キャンプにも1人で楽しむスタイルがあるんだ!」と知ったことです。

画像3: 筆者

筆者

1人が好きで、一人旅の趣味が派生、さらにリンちゃんの影響を受けている私は、今回挙げているきっかけに全部当てはまります(笑)

ソロキャンパーが選ぶお気に入りギア3選 ソロキャンプを彩るギア達は?

ソロキャンパーの中には「他のソロキャンパーがどんなギアを持っているのか知りたい」という人も少なくないはず!そこで、アンケートでみなさんのお気に入りギアを聞いてみました。

アンケートの回答から、筆者も愛用しているものや、特に「いいな!」と思ったものをピックアップしてご紹介します。

FEUERHAND(フュアハンド)「ベイビースペシャル276」

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

FEUERHAND(フュアハンド)の「ベイビースペシャル276」は、レトロなルックスのランタンとして有名なモデルで、キャンパーの中でも人気のオイルランタンです。

光量は強くありませんが、ソロキャンプの雰囲気作りならこれだけでもOK。その小さく揺れる炎に魅力を感じるソロキャンパーも多いのではないかと思います。

お手入れや使い方が簡単な点も、気楽にやりたいソロキャンプにぴったりです。

画像1: ソロキャンプあるあるをアンケートで調査!ソロキャンプの魅力を徹底解剖
FEUERHAND(フュアーハンド) ベイビースペシャル 276 モスグリーン 12621
本体サイズ:15×26cm
重量:520g
タンク容量:340mL
燃料:灯油、またはスターパラフィンオイル
材質:本体/ガルバナイズドスチール
燃焼時間:20時間以上
明るさ:5W
¥4,800
2023-07-20 8:23

▼FEUERHAND「ベイビースペシャル276」の詳細はこちら!

E.Thomas & Williams(イートーマス&ウィリアムス)「マイナーズランプ」

画像: ハピキャンライター撮影 happycamper.jp

ハピキャンライター撮影

happycamper.jp

E.Thomas & Williams(イートーマス&ウィリアムス)「マイナーズランプ」は、石炭を採掘する炭鉱用として設計されたオイルランタン。頑丈で、外部要因で火が消えにくい仕様になっているのが特徴です。

前の「ベイビースペシャル276」に続いてオイルランタンの紹介となりますが、個人的には光量がそこまで強くないオイルランタンはソロキャンプ向きだと感じているため、こちらもピックアップしてみました。

デザインの意匠も凝っているランタンなので、見ているだけで気分が上がります。

画像4: 筆者

筆者

1人の時間に静かにランタンを眺めながらニヤニヤしているソロキャンパー、たくさんいるのではないでしょうか。

画像2: ソロキャンプあるあるをアンケートで調査!ソロキャンプの魅力を徹底解剖
E.Thomas & Williams マイナーズランプ (Gold)
・生産国:イギリス製 ・サイズ:26×12cm ・重量:1300g ・材質:真鍮
1860年に炭鉱ランプメーカーとして設立されたイギリスのE.Thomas&Williams。創業以来1世紀以上もの長い間販売され続けた安全なランタンです。
デザインや品質の良さから、現在皇室間の贈答品としても使われています。アウトドアの実用としてはもちろん、その美しさからお部屋のインテリアとしても十分に魅力的です。
燃料は、燃焼用ランプ専用オイル(屋内用)を使用されることを、お勧めします。
¥24,980
2023-07-20 8:28

▼E.Thomas & Williams「マイナーズランプ」の詳細はこちら!

ZANE ARTS(ゼインアーツ)「GIGI-1」

画像3: ソロキャンプあるあるをアンケートで調査!ソロキャンプの魅力を徹底解剖
ゼインアーツ ZANEARTS GIGI-1 PS-011
¥73,980
2023-07-20 8:35

ZANE ARTS(ゼインアーツ)「GIGI-1」は、1人~2人用のシェルターです。

シーンや環境、気分にあわせて自由気ままにアレンジができるGIGI-1は、1人で特別な時間を楽しみたいソロキャンパーにぴったりなアイテムだなと思います。

シェルター内でのんびりと過ごす、ロースタイルのソロキャンプを楽しめますよ!

▼GIGI-1をはじめ、おしゃれなZANE ARTSのキャンプギア特集はこちらをチェック!

意外と共通項も多い?!あるあるの共有でソロキャンプの魅力を再認識できた

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

今回は、ハピキャン読者のみなさんにアンケートを取らせていただき、ソロキャンプのあるあるや失敗談、魅力などについて聞くことができました。

「わかる!」と頷けるものから、思わずふふっと笑ってしまうものまで、ソロキャンパーらしい回答が出揃っており、私もまとめるのが楽しかったです。

ちなみに、ソロキャンパーは何に魅力を感じてソロキャンプをするのかもアンケートで聞いてみたところ、次のような結果となりました。

【第1位】静かに1人の時間を過ごせる
【第2位】自由に時間を使える
【第3位】思い立った時にキャンプへ行ける

こうして見ると、「自分だけの時間を過ごせる」ということは、ソロキャンプの魅力における大きな共通項のように思えます。

あるあるや失敗談も自分だけの時間を使えるからこそのものが多く、ソロキャンパーがどんなところに魅力を感じてソロキャンプをしているのかを再認識できました。

自分だけの時間であるソロキャンプをどう楽しむのかは、自分次第です。各々が思う「ソロキャンプの楽しみ方」をどんどん極めていくのが、さらにソロキャンプを楽しむ方法かもしれませんね。

また、ときにはソロキャンパー同士で、あるあるネタや失敗談の共有をしてみると、新たな魅力を発見できるかもしれません!ぜひ、周りのソロキャンパーと語り合ってみてくださいね。

ソロキャンプについてはこちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.