座り心地の良さとデザインに惹かれて購入した、スノーピーク「ローチェアショート」。最近涼しくなってきて、ベランピングにも大活躍してくれています。今回はスノーピークのローチェアショートの特徴と、実際に使用した感想を紹介します!

【スノーピーク・ローチェアショートの特徴③】グイッと広げるだけ簡単設置! 収納袋できれいに収納

ローチェアショートは特別な組み立てが必要なく、女性一人でも簡単に設置できますよ。収束型のため、収納袋から取り出してグイッと広げるだけで完了です。

フレームをつなげたり組み立てたりする必要がないので、 使いたいときにすぐに使えるのが魅力。慣れていない方でも10秒あれば組み立てられるかと思います。

また、折りたたんだローチェアショートがすっぽり収まる収納袋が付属しています。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

収納時のサイズは「幅160×奥行180×高さ840mm」と、そこまでコンパクトというわけではありませんが、収納袋のおかげで持ち運びには便利。肩にかけて楽々持ち運びができます。

こちらの収納袋、実はくるくると巻いてマジックテープで留めることで、使わないときにはコンパクトにしまっておけるんです。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

これを背もたれ裏側のDカンに引っ掛けることで、収納袋を紛失することなく保管できますよ。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

スノーピーク『ローチェアショート』と『ローチェア30』の違いは? 背もたれの高さ・背面ポケット

スノーピークには『ローチェアショート』と似ているチェア『ローチェア30』も販売されています。この2つの大きな違いは、背もたれの高さ。

ローチェアショートがローバックなのに対して、ローチェア30はハイバック

ローチェアショートでも十分リラックス感がありますが、ローチェア30なら頭を預けて寄りかかることができるので、よりゆったり過ごしたい方に向いていると思います。

見た目のデザインにも違いがあり、ローチェアショートの肘掛がチーク材なのに対して、ローチェア30は明るい色味の竹材。

またローチェア30には、背面ポケットやDカンが付いていないという違いも。

すっきりとしたナチュラルな見た目が好きな方にはローチェア30、高級感と機能性を求める方にはローチェアショートがおすすめです。

座り心地・デザインが◎ スノーピーク『ローチェアショート』はキャンプ・ベランピングにおすすめ!

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

スノーピーク『ローチェアショート』は機能・デザインともに妥協したくない方にぴったり。普段使いはもちろん、キャンプでも重宝しますよ。

おしゃれで座り心地の良いチェアがほしい方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼その他の、キャンプやベランピングにおすすめなアウトドアチェアも合わせてチェック!

This article is a sponsored article by
''.