こんにちは。実はラーメンより日本蕎麦が大好きなくにぱぐです。蕎麦はさっと茹でるだけで食べられるので、テント設営前でも簡単に食べられますし、キャンプのランチでは比較的定番という印象があります。今回はこの日本蕎麦を、冷しゃぶと食べるラー油でトッピングし、一気にボリューム感とパンチのある味に変えてしまおうというメニューをご紹介します。作る際の負担は極力抑えてみましたので、手軽にキャンプの最初の食事を楽しんでみてください。

冷しゃぶラー油肉そばのポイントは「冷しゃぶ」 美味しく作るコツは片栗粉と粗熱の取り方

画像: ※イメージ画像

※イメージ画像

今回つくる冷しゃぶラー油肉そばは、歯応えのあるもりそばに、たっぷりの冷しゃぶをトッピングしたメニュー。

これをラー油ととろろの利いたつけ汁でズルリと頂く、ボリューミーでパンチのきいたガツン系蕎麦です。

非常に簡単に誰でも美味しく作ることができますが、そのためにポイントとなるのが、蕎麦の上に乗っかっている「冷しゃぶ」です。

冷しゃぶを柔らかく仕上げると、蕎麦との一体感が増してぐっと美味しくなるからです。

この冷しゃぶの作り方は冷しゃぶ単独で食べる際にも役立つので、覚えておいて損はないですよ。

冷しゃぶラー油肉そばの食材と作り方

冷しゃぶラー油肉そばの食材(3人前)

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

・蕎麦(乾麺) …300g
・豚ロース肉かバラ肉(冷しゃぶ用) …150g
・麺つゆ(3倍濃縮タイプ) …150cc
・食べるラー油 …大さじ3
・とろろ(パックのもの) …1個
・きざみのり …30g
・白ごま …大さじ3
・長ねぎ …1本
・一味 …お好みで
・生卵 …お好みで(1人1つ程度)
・揚げ玉 …お好みで
・片栗粉 …大さじ1
・日本酒 …大さじ1

蕎麦はなんでも平気ですが、なるべく太く、コシの強いものがおすすめです。

今回使用したのは岩手県の「土川蕎麦物語」という商品です。

通販でも買えますが、かなりコシがあり、ラー油に負けない存在感があります。

画像1: 【レシピ公開】キャンプ場でのランチで美味しいガツン系! 冷しゃぶラー油肉そば
土川製麺 岩手名物 土川そば物語600g×10個セット 送料無料
【送料無料】商品価格に送料が含まれております ただし、沖縄県と四国・九州地域へのお届けは別途送料を頂戴致します。 沖縄県:1980円 四国・九州全域:600円 品名:干しそば 原材料名:小麦粉、そば粉、食塩 内容量:600g×10個 賞味期限:1年 発送温度帯:常温 製造者:有限会社 土川製麺 岩手県八幡平市大更32-578 ※原材料においてアレルギー疾患のある方はご注意ください。
¥ 6,000
2020-09-25 14:25

とろろはすり下ろすのが手間なので、パックのものを使いましょう。

冷凍のものも売っています。

麺つゆは濃いめにしたいので、なるべく濃縮タイプを使いましょう。

冷しゃぶラー油肉そばの調理に必要な道具

・ざる
・鍋

明確に必要なものはないですが、蕎麦を茹でて冷水で冷やすので、鍋とざるはいりますね。

別段キャンプ用の道具ではありません。

もちろんバーナーも忘れずに。

それと、ゆでた蕎麦を締めるのに冷水を使います。

一般的なキャンプ場なら水道が来ているとは思いますので、それを使えば問題ありません。

キンキンに冷やすのであれば、グロウラーに氷を入れて持参するとかでしょうか。

画像2: 【レシピ公開】キャンプ場でのランチで美味しいガツン系! 冷しゃぶラー油肉そば
STANLEY(スタンレー) クラシック真空グロウラー 1L グリーン ビール 炭酸 保冷 アウトドア スポーツ観戦 保証 02111-013 (日本正規品)
サイズ:幅147×高さ252×本体径102mm
重量:630g
容量:1L
材質:本体(胴部・内びん)/ステンレス鋼、蓋/ステンレス鋼・ポリプロピレン、パッキン/シリコーン
保冷力目安:6度以下/6時間
食洗機使用可
¥7,150
2020-09-25 14:31

片栗粉を肉にまぶしてから茹でる! 冷しゃぶラー油肉そばの作り方

1)
まずは冷しゃぶの作り方です。
豚肉は日本酒を振ってから、片栗粉をまんべんなくまぶします。
この片栗粉によるコーティングで、肉のうまみを閉じ込めるのです。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

2)
お湯を鍋で沸かしてから、片栗粉をまぶした豚肉をバラバラと投入します。
これで茹でるだけ。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

3)
豚肉は生では寄生虫のリスクがありますので、完全に熱が通ってからざるに引き上げます。
肉は冷水で締めず、そのまま空気に晒して自然に粗熱を取ると、柔らかいまま食べることができます。

ある程度冷めたらクーラーボックスに入れてもいいですし、数時間なら保存も利くので、ここまで家で調理しておいてもいいでしょう。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

4)
肉が冷めるまでにざっと鍋を洗ってから再度お湯を沸かし、蕎麦を茹でます。こちらは指定時間通りに普通に茹でてから、よく冷水で締めましょう。蕎麦湯を食後に飲みたい場合は、少し蕎麦湯を鍋に残しましょう(あらかた捨ててもOKです)。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

5)
麺つゆは濃縮されているものを使い、濃いめに割ります。今回は3倍濃縮のものを2倍に希釈しています。

一人分ずつ器に入れて、とろろと食べるラー油、さらに一味を入れておきます。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

6)
蕎麦に肉、刻んだネギ、ゴマ、海苔をたっぷり乗せれば完成です。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

冷しゃぶラー油肉そばちょい味変は生卵と揚げ玉で! 蕎麦湯割りも美味しい!

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

冷しゃぶのコツはあるにしても、基本的にトッピングだけで出来上がるメニューなのでとても簡単ですよね。

しかし、味の病みつき具合はなかなかのものです。

「簡単だけど面白いメニューを」

と考えている人にはオススメです。

味変をしたい場合、食べる途中で、麺つゆに生卵や揚げ玉を入れてみてください。

一段と味に深みが増します。

私はこのメニューが好きで、蕎麦200gぐらいは一人で食べてしまいます。

蕎麦を食べ終わったら熱く熱した蕎麦湯を少々入れ、飲める程度に薄めてから飲むとまた違った味わいが楽しめますよ。

その他、キャンプ場で簡単に食べられるレシピはこちらもご覧ください!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.