DIYと焚き火が大好きなキャンパーことキャンプするマン(父)です。キャンプでは拾った木や枝を薪にして焚き火をすることも多いのですが、今回はそれらを利用して、焚き火料理に役に立つ「トライポッド(三脚)」をDIYしたいと思います。簡単にできて楽しいのでオススメですよ!

キャンプDIYをするときに覚えておきたい結び方「自在結び」! ひと結び(ハーフヒッチ)を繰り返す

画像: キャンプDIYをするときに覚えておきたい結び方「自在結び」! ひと結び(ハーフヒッチ)を繰り返す

「ひと結び(ハーフヒッチ)」のやり方

画像: ひと結び(ハーフヒッチ) (筆者イラスト)

ひと結び(ハーフヒッチ)

(筆者イラスト)

「自在結び」をする上で基本となるのは、輪の中に通すだけのこの結び方!「ひと結び(ハーフヒッチ)」といいます。

「自在結び」のやり方

さて、自在結びですが…

画像: 自在結びの手順 (筆者イラスト)

自在結びの手順

(筆者イラスト)

上図を見ると覚えられなさそうな感じがするかもしれませんが、使うのは先ほどのひと結びだけです。

① ひと結びをします。
② 少し離したところで再度ひと結び。
③ ②のすぐ上でひと結び。
④ ②のすぐ下でひと結び。
⑤ 締めて完成です。

「自在結び」を覚えておけばキャンプにアウトドアに何かと役に立つことも多いですよ!

木と枝を使って自作した「DIYトライポッド」を焚き火で使ってみた キャンプで自然に溶け込む三脚に 

実際に焚き火で使ってみました!!

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

飯盒での炊飯をしました。自在結びの結び目を移動することでフックが持ち上がり、火加減を調整することができます。これは便利ですよ。

自然の素材を活かしたDIYトライポッドがあるとサイトの雰囲気がすごくよくなりますね。料理が終わって暗くなってきたらランタンを吊るしたりしてもさらに良くなりそうですね。

自画自賛で恐縮ですが…なんというか…玄人感が出る気がします。

飯ごうだけではなく、つる付きのクッカーを揃えて焚き火料理を色々とやりたくなってきますね。

【焚き火料理におすすめ】DUG(ダグ)焚火缶 S/Mセット DG-0101

画像3: 【DIY】キャンプの焚き火料理に役立つ 拾った木と枝で『トライポッド(三脚)』を自作
DUG(ダグ) 焚火缶 S/Mセット DG-0101
サイズ S/本体:103H×127mm(径)(1160ml) 蓋:51H×122mm(径)(440ml)、M/本体:110H×153mm(径)(1880ml) 蓋:47H×146mm(径)(620ml)
重量 S/本体:117g 蓋:71g、M/本体:150g 蓋:78g
材質 アルミニウム(アルマイト加工済) 取手:ステンレス
付属品 ナイロンケース
総重量 416g
¥2,245
2020-08-31 14:47

DIYトライポッドはロープの結び方をマスターすれば誰でも自作可能 キャンプで焚き火料理を楽しもう

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプした場所で大自然の材料を調達してDIYをするとキャンプの充実感がすごく増す気がします。ちょっとしたブッシュクラフト気分が味わえますね。

ロープの結び方さえ覚えてしまえば、DIYトライポッドは難しい加工が必要ないので、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

トライポッド(三脚)や焚き火台、キャンプ用品のDIYをご紹介した記事はこちらもおすすめ

This article is a sponsored article by
''.