アウトドアでちょっと休みたいときや行列待ちなどに使える、折りたたみ式の椅子。そこで今回は、携行性に優れた「LOGOS(ロゴス)」の超軽量コンパクトチェア「エアライト1ポールシート」シリーズ最新作をご紹介します。

エアライト1ポールシートは、高さ3段階・耐荷重120kgはそのままにハイポジションタイプも新登場

最新作となる「エアライト1ポールシート」は、腰掛に最適な1本足のコンパクトスタンディングチェア2種が登場します。もっとも安定するとされる両足とポールの3点で支えるため、見た目以上の安定感。持ち運びやすいよう軽量・小型にこだわっており、500mlのペットボトルよりも軽く、折り畳み傘サイズのコンパクト収納を実現しています。

最大74cm高の「LOGOS エアライト1ポールシート・ハイポジション」

「LOGOS エアライト1ポールシート・ハイポジション」は、通常モデルよりも座高を約13cmアップします。最大74cm高のハイポジションタイプのチェアで、背の高い方やお年寄りでも足に負担をかけず使用できるのが特徴です。

画像1: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

LOGOS エアライト1ポールシート・ハイポジション 価格 ¥5,900(税別)
【SPEC】
総重量:(約)450g
サイズ:(約)幅33×奥行28×高さ74/64/51cm
収納サイズ:(約)直径8×高さ38cm
耐荷重目安:(約)120kg※静止荷重
主素材:[フレーム]7075超々ジュラルミン、7001アルミ合金 [生地]ポリエステル(PUコーティング)

座高最大61cmの「LOGOS エアライト1ポールシート-BJ」

「LOGOS エアライト1ポールシート-BJ」は、座面高が最大61cmのチェア。座面には収納袋が取り付けられており、座面下へ格納すればクッションの役割も果たします。

画像2: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
画像3: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

また、収納袋にはベルトやカラビナが通るループが付いており、リュックやショルダーバッグにぶら下げて持ち運べるのでたいへん便利です。

画像4: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

LOGOS エアライト1ポールシート-BJ 価格 ¥4,900(税別)
【SPEC】
総重量:(約)400g
サイズ:(約)幅33×奥行28×高さ61/52/42cm
収納サイズ:(約)直径8×高さ32cm
耐荷重目安:(約)120kg※静止荷重
主素材:[フレーム]7075超々ジュラルミン、7001アルミ合金 [生地]ポリエステル(PUコーティング) [ジョイント]ポリカーボネート

画像5: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

どちらのチェアも耐荷重は120kgで、高さは3段階調節が可能。使用シーンやご自身の背丈に応じて柔軟に使ってくださいね。持ち運びやすいよう軽量・小型にこだわり、500mlのペットボトルよりも軽く、折り畳み傘サイズのコンパクト収納を実現しました。

画像6: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

1ポールというデザインは万人受けしないかもしれませんが、コンパクトかつ気楽に持ち運べる椅子が欲しい時にはもってこいのアイテムです。立ち座りを繰り返すフェスなどのアウトドアイベントや、椅子のない場所でのひと休みに愛用できるのではないでしょうか。

画像1: 【注目リリース】写真撮影や行列待ちに便利。LOGOS(ロゴス)の「エアライト1ポールシート」に新作が登場
LOGOS エアライト1ポールシート・ハイポジション
画像2: 【注目リリース】写真撮影や行列待ちに便利。LOGOS(ロゴス)の「エアライト1ポールシート」に新作が登場
LOGOS エアライト1ポールシート-BJ

お問い合わせ:ロゴスコーポレーション・コンシューマ係
0120-654-219
https://www.logos.ne.jp

こちらの記事もどうぞ

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.