キャンプに行くときはどうしてもいろんなものを買っちゃいます。買った後で「やっぱりこれはいらなかったな」と後悔することも。今回は私のキャンプの経験から「こういうものが欲しかった」というランタンケースをDIY(Do it yourself)で作っちゃいましたのでご紹介します。

その1)これが私のオリジナル・ランタンケース★筆者のBEST of DIY!ありそうでなかった完全なる自分仕様です!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

コールマンでおそらくいちばんスタンダードで人気の286Aタイプのランタンにぴったりとハマる木製ケースを自分でDIY、寸法を測って作成しました。

<材料はこれ>

●厚さ5mmのベニヤ(背板用)
●厚さ13㎜のホワイトウッド
●上部の大きめの取っ手
●扉の丁字フックと蝶つがいが2セット
●ネジ(取っ手と扉のフックと蝶つがい部分)28本程度
●釘 24本程度

材料はすべてホームセンターで購入。細かいパーツごとに購入すると値が張るので、サーフボードサイズの大きい板を購入し、鉛筆で線を引いてホームセンターで部品サイズにカットしてもらいました。

<製作上のポイント>

難しかったのは、ランタンをぴったりケースに収めるため、ランタンの直径+5mm(ゆとり)の幅を考慮して寸法を測ったことです。見てください、ランタンの底の部分は5mmのゆとり、その上部のガラス管の部分は指が入れられるよう両側に板1枚分(約10mmずつ)の隙間を作っております。

また、材木をカットしてもらった後に各部品をしっかりとヤスリ掛けし、ツヤだしと防水のための塗料を塗りました(見た目では分かりませんが塗って乾かしてを3回繰り返しております)。

組み立ててからの塗装は、はけでも塗料が届かない隙間が発生するので、材料をカットした時点でやってくださいね。

後は自分の寸法設計を信じて組み立てていくだけ。ヤスリ掛けなどでどうしても各パーツに誤差が出てしまうことは仕方がないですが、これもまあDIYならではの愛嬌ということで、何とか完成いたしました。

<ただのケースでは無いのです!>

こだわった点は、収納しても中身が少し見えるように、少し隙間を開けて2段扉にしたこと、扉の中に、ランタンのメンテナンスセット(リュブリカントとレンチ、ランタンのマントルなど)を入れておくスペースを作ったこと、そして取っ手の部分をワザとくぼませたこと。

なぜだかわかります?これはキャンプの際このケース自体が椅子として使えるようカスタマイズしたのです。(全く同じサイズの板を2枚用意し、上部の1枚は取っ手が設置できるサイズにくり抜いております。)

コールマンのランタンケースは既製品が販売されていますが、これはソフトケースのため、軽いというメリットはありますが、このような部品置き場がある、椅子にもなるような機能は持っておりません。せっかく作るなら、ということでここは特にこだわりました。

画像1: 【筆者愛用】DIYで作ったオリジナルランタンケースはアウトドアの最強アイテム!DIYでキャンプに備えよう!
画像2: 【筆者愛用】DIYで作ったオリジナルランタンケースはアウトドアの最強アイテム!DIYでキャンプに備えよう!

筆者撮影

また、小さなこだわりとして背板のベニヤも通気をよくするために、最初から等間隔で穴が開いている材料を選んでおります。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

少し重みがありますが、使ってみたい、開けたり閉めたりしてみたいという(自画自賛的な?)高揚感を感じるランタンケースはキャンプでの私の大切なパートナーです。

おすすめランタン&ギアとオリジナルランタンケースDIYに便利なグッズをご紹介

これからランタンを買うという方におすすめしたいグッズをご紹介します。

▼ランタンのおすすめはやはりコールマンのスタンダード 286A

画像4: 【筆者愛用】DIYで作ったオリジナルランタンケースはアウトドアの最強アイテム!DIYでキャンプに備えよう!
コールマン ランタン ワンマントルランタン 286A740J
明るさ:約200 CP/ 130 W 相当
燃料タンク容量:約590cc 、使用燃料:ホワイトガソリン
燃焼時間:約7.5~15時間
本体サイズ:約16x31(h)cm
重量:約1・4kg
¥22,000
2020-05-29 16:08

▼ランタンメンテナンスに必要な潤滑油・リュブリカント

画像5: 【筆者愛用】DIYで作ったオリジナルランタンケースはアウトドアの最強アイテム!DIYでキャンプに備えよう!
コールマン リュブリカント 149A5361
サイズ:約3×2×11.5cm
¥757
2020-05-29 16:09

▼コールマンランタンの専用工具はスーパーレンチ

画像6: 【筆者愛用】DIYで作ったオリジナルランタンケースはアウトドアの最強アイテム!DIYでキャンプに備えよう!
コールマン スーパーレンチ 149A9505
燃焼器具メンテナンスに対応。
¥1,000
2020-05-29 16:12

DIYすることで、ますます自分の持ち物を愛して大切にするようになる、
つまりモノを大事にする心が養われます。

何でも買えちゃう時代になったからこそ、改めて手作り品に価値を感じるようになりました。特に自分で作ったものは格別です。今回紹介したランタンケースはもしかしたらすでに作ったことがある、私よりも上手に作ったよという人もいらっしゃるような気がしますが、きっと役立っていることと思います。

DIYで手掛ける作品は、既製品を買うよりも高いコストになってしまうこともあります。しかしながら、自分で考え工夫を凝らして仕上げた作品は末永くキャンプのお供として、自分のアウトドアライフを盛り上げてくれること間違い無し。

キャンプで見つけた生活の不便さを解消する楽しさもDIYの魅力です。アウトドアが好きなみなさんには、オフシーズンのDIYもぜひお勧めします。

                         

こちらの記事もどうぞ

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.