テレビ番組でその魅力を紹介されたことをきっかけに、大ブームとなったサバ缶。一時はスーパーから姿を消すくらいの人気ぶりで、今でも高い需要があります。しかしいくら栄養価が高くても、いつも同じ味を食べ続けていると飽きてしまいますよね。そこで今回は、少ない材料でパパッと作れるサバ缶レシピを3つご紹介します。お弁当や日々のおかずにどんどん活用してみてください。

ネギ味噌バターなどおすすめサバ缶レシピを紹介! 簡単で美味しいので、毎日の食事に取り入れよう

サバ缶は加圧加熱調理で骨まで食べられるほど柔らかくなっており、さらに下味がついています。少し手を加えるだけで、全然違う料理を楽しめます。

種類としては、塩で味付けしただけのシンプルな「水煮缶」の他に、「味噌煮缶」や「醤油煮缶」などさまざまな種類があります。料理に使うなら、何にでもアレンジしやすい「水煮缶」がおすすめです。

ここでは水煮缶を使った簡単アレンジレシピを3つご紹介します。

レシピ① サバ缶のねぎ味噌バター

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

サバ缶というとあっさりした和食をイメージするかもしれません。けれど味噌バターで味付けしたら、ジャンキーな気分のときにうれしいおかずに大変身。お酒のおつまみにもぴったりです。

【材料】
サバ水煮缶 1缶(280g使用)
味噌 大さじ1
バター 5g
ネギ 10cm
七味 お好みで

【作り方】
①ネギは小口切りにします。

②耐熱容器にサバ水煮缶を汁ごと入れて、味噌を加えて軽く混ぜます。

③ラップをして、600Wのレンジで5分温めます。

④よく混ぜて味噌を溶かし、バターを加えてさらに混ぜます。

⑤上からネギを散らして、お好みで七味をかけたら完成です。

レシピ② サバのクリームグラタン

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

魚嫌いの子どもも、グラタンなら喜んで食べてくれるはず。出来合いのホワイトソースを使えばすぐにできる、主役級メニューです。

【材料】
サバ水煮缶 1缶(280g使用)
玉ねぎ 1/4個
ホワイトソース 大さじ3
とろけるチーズ 1枚

【作り方】
①玉ねぎは薄くスライスして、フライパンで茶色く色づくまで炒めます。

②サバ水煮缶は身だけを取り出し、キッチンペーパーで汁気をとります。身が大きければ、一口サイズになるよう軽くほぐします。

③グラタン皿に炒めた玉ねぎとサバを入れて、ホワイトソースをかけます。

④とろけるチーズを散らして、180度に予熱したオーブンで15分ほど焼きます。

⑤チーズが溶けて焦げ目がついたら完成です。

レシピ③ サバ大根

時間がかかりそうな本格的なサバ大根も、サバ缶を使えば煮込み時間をグッと短縮できます。お鍋ひとつでできるので、洗い物が少ないのもうれしいポイントです。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

【材料】
サバ水煮缶 1缶(280g使用)
大根 約10㎝
みりん 大さじ3
酒 大さじ3
しょうゆ 大さじ3
砂糖 大さじ1

【作り方】
①大根は2㎝の厚さでイチョウ切りにします。

②小鍋に大根とひたひたの水(分量外)を入れて、大根が柔らかくなるまで加熱します。

③サバ缶を汁ごと入れて、砂糖、みりん、酒を加えて5分ほど煮込みます。

④しょうゆを加えて落し蓋をし、さらに10分ほど煮込みます。

⑤火を止めて一旦冷まして、大根に味がしみこんだら完成です。

サバ缶はタンパク質など栄養豊富で調理も簡単! 健康・美容効果もあるので家に常備するのがおすすめ

画像: サバ缶はタンパク質など栄養豊富で調理も簡単! 健康・美容効果もあるので家に常備するのがおすすめ

今回は、少ない材料でパパッと作れるサバ缶レシピを3つご紹介しました。健康にうれしい効果が期待できるサバ缶は、保存が利くのでまとめ買いもおすすめです。家に常備して、さまざまなアレンジ料理を楽しんでみてくださいね。

他記事でもサバ缶を使った簡単&美味しいアレンジレシピを公開中! 健康・美容が気になる方は必見!

This article is a sponsored article by
''.