「登山で美味しいコーヒーを飲みたいけど、道具を揃えるのは大変!」こんな風に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、登山歴3年のぼくがおすすめするコーヒーアイテム、グロワーズカップの『COFFEE BREWER』をご紹介。道具を揃えずに手軽にコーヒーを楽しみたい方は、記事を参考にしてください!

なぜ? 登山で気軽においしいコーヒーが楽しめないワケ 持ち物の多さを一気に解消するアイテムとは?

画像1: Snapmart

Snapmart

登山やキャンプなどのアウトドアで、手軽に美味しいコーヒーを飲みたいと思ったら、「必要な道具を一通り揃えないといけない」と考えてしまう方も多いかもしれません。

実際に、屋外でコーヒーを飲むために必要な道具はたくさんあります。

・ドリッパー
・コーヒー豆
・フィルター
・ケトル
・ミル
・マグカップ
・ガスバーナー
        etc...

道具を揃えることから始めると、「気軽に」はコーヒーを楽しめません。そこでこの記事では、できるだけ道具を揃えずに美味しいコーヒーが飲めるおすすめのアイテムをご紹介します。

【登山におすすめ】今人気のアイテム! グロワーズカップのCOFFEE BREWERには4つの特徴が!

画像1: (筆者撮影)

(筆者撮影)

今回ぼくがおすすめするのは、グロワーズカップから発売されている『COFFEE BREWER』というアイテム。BREWERというのは「抽出機」という意味で、COFFEE BREWERは「コーヒーを抽出するための道具」を意味しています。

COFFEE BREWERが登山やキャンプなどに適している理由は4つあります。

1. 軽くて薄い
2. 抽出機が必要ない
3. 誰が淹れても失敗しない
4. フィルターは再利用可能

それぞれ順番にくわしく説明していきます。

1. 軽くて薄い

COFFEE BREWERは、軽くて薄いのが特徴です。その重さわずか20g! 厚みもほとんどないので、バックパックのどの場所に入れてもスペースをとらないのがいいんです。実際に登山の荷物をパッキングする際、荷物が多くなってしまうこともしばしば。そんなときでも、COFFEE BREWERであれば、サッとザックに入れて持ち運ぶことができます。軽量かつコンパクトな点は、UL(ウルトラライト)ハイカーにとっても嬉しいポイントです。

2. 抽出機が必要ない

COFFEE BREWERは、抽出機を必要としません。COFFEE BREWER自体がフィルターとなっており、その名のとおり抽出機の役割を担ってくれるためです。ですので、山で美味しいコーヒーを飲むために、コーヒー道具を一式揃えなくてもいいんです。道具を揃えるのにはお金もかかりますし、また登山やキャンプでは荷物も増えてしまいます。その点、COFFEE BREWERはこれひとつで完結するので便利です。

3. 誰が淹れても失敗しない

COFFEE BREWERは、誰が淹れても失敗しません。というのは、パッケージに注ぐお湯の量がわかりやすく記載されているためです。

画像2: (筆者撮影)

(筆者撮影)

写真のように「お湯の注ぎ線」がわかりやすく記載されています。コーヒーを淹れたことがない方でも、簡単に美味しいコーヒーを飲むことができます。

4. フィルターは再利用可能

COFFEE BREWERのフィルターは、次のような手順で再利用できます。

①抽出後のコーヒー粉を取り出す
②フィルターを軽く洗う
③フィルターをよく乾燥させる

フィルターを乾燥させた後は、新しく挽いたコーヒー豆を入れて使うことができます。ただし、COFFEE BREWERの構造上、フィルターが乾きにくいので、しっかり時間をかけて乾燥させなければなりません。とはいえ、再利用できる点は自然に優しく経済的なので、とてもおすすめです。

グロワーズカップ製COFFEE BREWERの使い方は簡単! たった4つの手順で美味しいコーヒーが楽しめる

COFFEE BREWERの使い方はとても簡単です。

画像3: (筆者撮影)

(筆者撮影)

①お湯を準備する
②注ぎ線までゆっくりお湯を入れる
③上部のチャックを閉じ、2分〜6分待つ
④お気に入りのマグカップに注ぐ

くわしく解説していきます!

①お湯を準備する

まずはお湯を準備します。ガスバーナーで沸かしてもいいですし、保温水筒(サーモス社の山専用ボトルなど)を持参してもいいでしょう。ちなみに、ぼくはいつも山ごはんを作るので、PRIMUSのウルトラバーナーとコッヘルを持参してお湯を沸かしています。

・バーナー

画像1: 【登山におすすめ】手軽にドリップコーヒーを楽しめる『COFFEE BREWER』をご紹介
PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー
最新テクノロジー搭載モデル
チタンバーナーのデザインコンセプトを受け継ぎ、4本ゴトク、3,600cal/を実現。点火装置もスマートなバーチカル(垂直)タイプ。ハイパワ-、コンパクト、軽量の三拍子揃ったプリムスの自信作。
HighPower3600kcal/h
最高出力3600kcal/hを実現。手軽に素早く調理ができる。
Ignition Trigger
操作の容易なトリガー式バーチカル点火装置を採用。点火操作性も向上している。
¥ 8,910
2019-12-11 10:07

【スペック】
圧電点火装置付出力3,600kcal/h(T型ガス使用時)
ガス消費量:245g/h
燃焼時間:約55分(IP-250タイプガス使用時)
ゴトク径最大:148mm/最小90mm
収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm
本体重量:110g(本体99g+点火装置11g)。

・コッヘル

画像2: 【登山におすすめ】手軽にドリップコーヒーを楽しめる『COFFEE BREWER』をご紹介
PRIMUS(プリムス) ライテックトレックケトル&パン 【食品検査済日本正規品】 P731722
原産国:中国
重量: 280 g
収納サイズ:径 13 xH 14.5 cm
メッシュ収納袋付属
¥ 3,511
2019-12-11 10:09

【スペック】
重量::280 g
収納サイズ:径 13 xH14.5 cm
メッシュ収納袋付属

②注ぎ線までゆっくりお湯を入れる

画像4: (筆者撮影)

(筆者撮影)

お湯が沸いたら上部のチャックを開けて、注ぎ線までお湯を入れます。濃いコーヒーがお好きな方は「strong」と書いてある線まで。一方、あっさりめのコーヒーがお好きな方は「mild」と書いてある線まで注ぎましょう。使用するお湯は約300mlです。

③上部のチャックを閉じ、2分〜6分待つ

注ぎ線までお好みの量のお湯を入れたら、チャックを閉じて2分〜6分待ちます。抽出時間が長ければ長いほど、重めのコーヒーに仕上がります。逆に抽出時間が短いと、すっきりとした飲み口のコーヒーに仕上がります。

④お気に入りのカップに注ぐ

画像2: Snapmart

Snapmart

抽出が完了したら、キャップをひねってお気に入りのマグカップに入れましょう。あとは美味しいコーヒーを楽しむだけです。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.