自宅でもアウトドアを楽しみたいキャンプ好きに新たな朗報! “裏庭から荒野まで”をテーマに、2017年よりスタートしたカナダのガレージブランド「Wolf and Grizzly(ウルフ アンド グリズリー)」。日本ではあまり知られていない注目ブランドが、今期より本格的に日本上陸を果たします。

元々エンジニアだったジョージ・リスカラが、自宅や友人宅の裏庭でもアウトドアフィールドでも簡単に持ち運べ、スマートな見栄えのギアを作りたいという想いから始まったというウルフ アンド グリズリー。収納性と携帯性に優れ且つデザイン性にも優れた高品質なギア作りが特徴で、今回ラインナップされたのは、「M1グリル」と「ファイヤーセーフ」のふたつです。

キャンプに欠かせない焚き火用グリル

画像1: 出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

軽量かつとてもコンパクトに収納でき、どこへでも持ち運べる、焚き火用グリル。丸められる網と折り畳み可能な脚からなり、1台で炎の大きさに応じたサイズ調整が可能です。

画像2: 出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

画像3: 出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly
出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

また、高さは3段階で調節できるので、キャンプで座りながら調理する場合はローで使ったり、自宅の庭では高めに設定して使い分け、焚き火から卓上BBQまで幅広く使用して、美味しい料理を楽しめます。

画像4: 出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

グリルM1 エディション with ファイヤーセット 価格 ¥12,800(税別)
【SPEC】
重量:1.25(アクセサリー含む) 耐荷重:13kg
素材:ステンレス サイズ:(設営時)W27.5×H28cm(収納時)W5×H40cm
内容:グリル本体、マイクロファイバークロス、クリーングツール、ファイヤースターター、収納袋

キャンプの楽しみを倍増させるファイヤーセーフ

画像5: 出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly
出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

一方こちらの軽量な焚き火台は、フラットに収納できコンパクトな仕様が特徴。

画像6: 出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

キャンプでの楽しみは何と言っても「焚き火!」、そんなキャンパーも多いことでしょう。コンパクト性や軽さを重視した本品。ミニサイズとはいえ性能は十分。グリルM1の網をセッティングすれば、チャコールブリック(成形された炭)でのBBQも楽しめるし、暖も取れる。それでいて省スペースなので、テント設営時に場所を取らずノーストレス。

画像7: 出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

また、蛇腹のパネルで灰の処分もしやすい点も魅力です。

画像8: 出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

出典:ウルフ アンド グリズリー https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

ファイヤーセーフ 価格 ¥9,800(税別)
【SPEC】
耐荷重:13kg 素材:ステンレスサイズ:(設営時)W28.6×H27.8×D5cm(収納時)W29.2×H10.5×D2cm内容:焚き火台本体、収納ケース

単品でそれぞれ楽しんでもよし。2つを組み合わせれば自宅のバックヤードから外遊びのフィールドまで、色々な場所で楽しめること間違いなし! これだけコンパクトなのに、鋳鉄スキレットのような重いものがOKなグリルはあまりないのでは?キャンプ用品の新しい候補に覚えておきたいブランドのひとつです。発売は2020年1月を予定。 

お問い合わせ:エイアンドエフ
03-3209-7575
https://www.aandf.co.jp/brands/wolf_grizzly

こちらの記事もどうぞ

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.