ファミリーキャンパーのいく子です。キャンプギアが一通り揃ってくると、今度はテーブル周りや便利なキャンプ小物も気になってきますよね。ちょっとおしゃれな小物があるだけで、キャンプサイトの雰囲気がガラリと変わります。行く場所や季節、気分によって、小物でアレンジをするとキャンプの楽しみが更に広がりますよ。本日はそんなキャンプサイトアレンジにおすすめの100均高見えアイテムをご紹介します!

1.おしゃれでコンパクト! デザインがかわいいセリアの炭取りスコップ

画像: 右:セリア『炭取りスコップ』 / 左セリア『火ばさみ』(画像:筆者撮影)

右:セリア『炭取りスコップ』 / 左セリア『火ばさみ』(画像:筆者撮影)

バーベキューで大活躍するセリアの『炭取りスコップ』。炭や灰をすくったり、普通のスコップとしても使用できる便利なアイテムです。色も形もおしゃれですよね。

我が家で炭入れとして使っている、コストコのアンモボックス大にピッタリ収まるサイズです。こういうオシャレな小物はキャンプサイトに出しっぱなしにしてもごちゃごちゃして見えないのが良いですね。

素材:スチール
サイズ:約26.7cm

一緒に写っているブラックの火ばさみ(炭用トング)もセリアのもので、こちらもアンモボックスに収まるサイズで持ち運びしやすくて区に行っています。

2.たった100円で料理がおしゃれに! ダイソーのカッティングボード 

画像: ダイソー『アカシア カッティングボード』(画像:筆者撮影)

ダイソー『アカシア カッティングボード』(画像:筆者撮影)

こちらはダイソーの『アカシア カッティングボード』です。

違う素材の商品は良く見かけますが、アカシアでしかも100円商品は初めて見ました。これはとってもお買い得ですね! カッティングボードとして使う他に、プレートとして使うとお料理が一気にオシャレに見えます!

サイズ:約11.8cm × 32cm

画像1: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

普通のパンもこのカッティングボードに乗せるとなんだか美味しそうに見えますよね。サイズが小ぶりなので、朝食用プレートとして使うなら、1人1枚あると良さそうです。

3.キャンプで人気のオルテガ柄 テーブルの雰囲気が一瞬で変わるセリアのコットンマット

画像: セリア『コットンマット』(画像:筆者撮影)

セリア『コットンマット』(画像:筆者撮影)

おしゃれなテーブルコーディネートに欠かせないマットやクロス。さっと1枚敷くだけで雰囲気が変わってきます。

今回はセリアで買った『コットンマット』をご紹介します。厚みとハリのある丈夫なコットン100%で、アウトドアで使うのにはピッタリです。汚れてしまっても家で手軽に洗えるのは便利ですね。

画像: セリア『コットンマット オルテガ柄』

セリア『コットンマット オルテガ柄』

キャンパーに人気のオルテガ柄のコットンマット。不思議と、オルテガ柄が入るとアウトドア感が一気にアップしますね。

こちらもフリンジ付きと同じコットン100%でしっかりした素材です。写真の濃いブルーの他にも薄い水色もあります。

コットンマット フリンジ付き サイズ: 28cm × 35cm
コットンマット オルテガ柄 サイズ:35cm × 50cm

4.セリアで売り切れ続出! 食材の保存に便利なボヌールのタッパー

画像: セリア『ボヌール ランチスクエアLL』(画像:筆者撮影)

セリア『ボヌール ランチスクエアLL』(画像:筆者撮影)

セリアで発売されてから売り切れ店が続出したボヌールシリーズのタッパー。以前も紹介したのですが、新しくスクエアタイプ『ボヌール ランチスクエアLL』が登場しました! 何かと荷物が多いキャンプでは、四角い形がスペースを無駄なく使えそうですね。

画像2: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

先日のキャンプでは、夜に少し残ってしまった食材をボヌールに入れてからクーラーボックスにしまっておきました。家で下ごしらえした食材を持って行ったり、食べきれないものがあったり、そんな時にフタ付きの入れ物があると安心ですね。

カラー:レッド・クリームホワイト
本体素材:ポリプロピレン
パッキン素材:シリコーンゴム
耐熱温度:140℃
耐冷温度:-20℃
容量:440ml

▼以前ボヌールをご紹介した記事はこちらです

5.スマホに取り付けるだけで写真がおしゃれに キャン★ドゥの広角&マクロレンズ・魚眼レンズ

画像: キャン★ドゥ『広角&マクロレンズ』 / 『魚眼レンズ』(画像:筆者撮影)

キャン★ドゥ『広角&マクロレンズ』 / 『魚眼レンズ』(画像:筆者撮影)

スマホに取り付けるだけで、簡単にいつもと違う写真を撮ることができるレンズが100均でも販売されています。私は2種類のレンズをキャン★ドゥで買いました。

広角&マクロレンズ

こちらのレンズは2重になっていて、そのまま使えば広角レンズ、上のレンズを外すとマクロレンズになります。広角は自撮りの際や、背景をより広く映したい時にピッタリのレンズです。これで自撮り棒がなくても、簡単に集合写真も撮れますね。マクロは接写がキレイに写ります。

画像: 上:マクロレンズ使用 / 下:通常レンズ(画像:筆者撮影)

上:マクロレンズ使用 / 下:通常レンズ(画像:筆者撮影)

マクロレンズを使用して、比較写真を撮って見ました。同じように撮ったつもりの写真も、全く写り方がちがいますね。私の使用しているiPhoneのカメラではここまでの接写はこのレンズがないとできませんでした。アウトドアでの植物観察などにすごく役立ちそうですね!

魚眼レンズ

魚眼レンズは風景などをより広く映して広大感をだしたり、被写体に近づけて面白い写真を撮ったりすることができます。

画像: 上:魚眼レンズ使用 / 下:通常レンズ(画像:筆者撮影)

上:魚眼レンズ使用 / 下:通常レンズ(画像:筆者撮影)

魚眼レンズを使用した比較写真です。丸く横に伸びたような写真になっています。今回はカッティングボードとタッパーでお試し撮影しましたが、風景なども面白い写真が撮れそうですね。

100均を活用してお手軽におしゃれキャンプを楽しもう!

今回ご紹介したアイテムはどれも100円には見えないアイテムばかりです。

キャンプシーズン本番となり、100均でも続々とキャンプ用品が発売されていますし、キャンプ用品でなくても、キャンプで使えるアイテムがたくさんあります。ちょっと取り入れるだけで、キャンプサイトがおしゃれに見えたり、キャンプが便利になったりするので、気になるアイテムがあったら是非チェックしてみてくださいね!

こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.