さわやかな渓流や河原での釣りをキャンプで楽しむのは、釣り好きにとってはたまらなく贅沢な時間ですよね。心置きなく釣りに専念するには、釣った魚の鮮度を保つクーラーボックスの選び方が鍵となります。今回はキャンプで釣りをする方に向けた、クーラーボックスの選び方おすすめの商品を紹介します。

保冷力と運びやすさ、釣りをサポートする機能があるものを選ぼう 釣りに適したクーラーボックスの選び方

「保冷日数」が長いほど保冷力が高い クーラーボックスの素材は真空断熱パネルがベスト

保冷力が低いと、鮮度が保てているかどうか心配になってしまいますよね。釣りを心置きなく楽しむためにも、保冷力の高いクーラーボックスを選ぶのが最低条件。その保冷力を知る目安となるのが「保冷日数」です。これが長ければ長いほど、保冷力に優れていると言えます。クーラーボックスの使用時間に合わせた保冷日数のものを選びましょう。

保冷力を保つための素材には、一般的に発泡スチロールや発泡ウレタンなどが使われますが、おすすめは真空断熱パネルが使われたもの。価格は上がりますが、せっかく釣った魚を腐らせてしまっては台無しですから、こだわりたいところです。

たためてコンパクトになるソフトクーラーも人気ですが、保冷力を考えると、密閉性の高いハードクーラーの方が良いと思います。

軽量orキャリーが付いていると運びやすい さらに上に荷物を載せられるものがおすすめ

キャンプで釣りをするときは、拠点から少し離れた場所に移動することもあります。その際、重いクーラーボックスを担いで運ぶのは大変ですよね。したがって、軽量もしくはキャリーがついている運びやすいものを選ぶことが大切です。クーラーボックスの上に釣り道具を乗せて運べるタイプのものだと、さらに移動が快適になりますよ。

釣りをサポートする機能が付いている 竿を立てられるロッドホルダーがあると便利

クーラーボックスの中には、釣りをするのに便利な機能がついているものがあります。例えば、小さな魚ならフタ全体を開けずに入れられる投入口があったり、竿を立てられる「ロッドホルダー」がついたものがあったりと種類はさまざま。キャンプでの釣りが、より快適になるものを選んでみましょう。

画像: 釣りをサポートする機能が付いている 竿を立てられるロッドホルダーがあると便利

真空断熱パネルで抜群の保冷力をもつダイワのクーラーボックス キャリーハンドル付きで移動しやすい

ダイワ(DAIWA) クーラーボックス シークールキャリーII(25L)

釣り具メーカーのダイワによる、魚釣りに適した保冷力の高いクーラーボックス。底一面の真空パネルと側面のウレタン素材により、氷が解けきるまで75時間ももつという(※)圧倒的な保冷力を誇ります。価格はAmazonで約20,000円ほどと若干高めですが、この保冷力なら納得です。

容量は25Lで、2Lペットボトルが6本入る大きさ。これだけのサイズならば、魚以外の食材や飲料のスペースも十分確保できます。片手でふたが開けられるため、釣り竿を持ちながらの開閉も可能。

最もおすすめしたいポイントは、キャスター付きで移動しやすいところ。キャリーハンドルは伸縮可能で、最大約87cmまで伸び、移動もラクラク。別売りの「ラゲッジネット」や「ショルダーベルト」で荷物を固定すれば、クーラーボックスの上に釣り道具を重ねて移動もできます。まさに、釣り人のことを考えられてつくられた商品ですよね。

※JIS規格の簡便法に基づいて算出した目安のため、実際の保冷時間とは異なります。

大容量80Lで釣りやキャンプ道具がまとめて入るクーラーボックス 長時間の保冷は向かないがその分安め

FIELDOOR(フィールドア) クーラーボックス 80L

80Lと大容量なので、魚の餌や釣り具、防臭スプレーなど必要な道具も余裕で入ります。大物が釣れたとき、クーラーボックスに入らなくて困るなんて心配もありません。また、魚が釣れなかった場合に備えて別の食材も準備しておけば、食材不足でキャンプが台無しになることもなく安心です。

真空断熱パネルを使っていないため長時間の保冷には向きませんが、価格はその分比較的安めで、Amazonでおよそ10,000円前後。とはいえ、デイキャンプには十分な保冷力です。

「デイキャンプだからそこまで保冷力は必要ないけど、大人数だからとにかく容量が大事」という場合や、「大物を狙いに行ったり、みんなの釣果をまとめて入れたりするから、一定の保冷力と容量が欲しい」というときにおすすめ。

ロッドホルダー、小型の投入口など釣りをサポートする機能が充実 保冷時間30時間と長め

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 12L フィクセル ライトゲームスペシャル

釣り具メーカーのトップブランド、シマノが手掛けるクーラーボックスです。釣った魚をスムーズに入れられるよう、様々な工夫が施されています。左右どちらからでも開けられるふたは、手を放せば勝手に閉まってロックまでかかる設計。

さらに、ふたとは別に小型の投入口から魚を入れられる仕様も、一般的なクーラーボックスにない釣り具メーカーならではの特徴です。また、竿を立てられるロッドレストは、釣りを快適にサポート。底には滑り止めゴムが付いており、防波堤の上など不安定な場所でも安心して使えます。

特におすすめのポイントは、保冷時間(目安)が30時間も続くこと。釣った魚が傷むことを気にせず、釣りに集中できます。価格はAmazonで15,000円前後。一般的なクーラーボックスと比較して若干高めですが、釣り用途をメインで考えるなら間違いのない製品です。

魚の傷みを気にせず快適に釣りやキャンプを楽しめる 用途に合ったクーラーボックスを選ぼう

画像: 魚の傷みを気にせず快適に釣りやキャンプを楽しめる 用途に合ったクーラーボックスを選ぼう

魚が傷むのを気にすることなく釣りに専念するためにも、使用時間や用途に合ったクーラーボックスを選んでみてください。さらに釣りに適した機能を備えているものを選べば、釣りもキャンプももっと快適に楽しめますよ。

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.