こんにちは、ライターの金山ユミです。キャンプであると助かるプラスワンアイテムが「焚き火リフレクター」。素材や形にもさまざまなバリエーションがあります。本記事では初心者でも扱いやすい、ギアトップのコンパクトな布製の製品をご紹介します。焚き火リフレクターを選ぶ際のポイントも分かるので、ぜひ参考にしてください。

ギアトップ「焚火陣幕」をおすすめする人

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

ギアトップ「焚火陣幕」は特にこんな人におすすめです。

焚き火リフレクターを使いこなす自信のない人

焚き火リフレクターは、大きなサイズのものもあります。

使いこなす自信のない人は、まずコンパクトで建てやすいギアトップ「焚火陣幕」がおすすめですよ。

このサイズ感であれば持ち運びや収納の負担も少なく、ソロでもファミリーでも扱いやすい大きさです。

焚き火をするときにもっと安心感が欲しい人

隣のサイトとの距離が近いときや、車がすぐ隣にあるとき、焚き火って少し不安ですよね。

焚き火リフレクターがあれば灰や火の粉が飛ぶ心配が軽減されるので、安心感がグッと増しますよ。

とりあえず試してみたい初心者さん

とりあえず試してみたい初心者さんにも、入門編としておすすめ。

焚き火リフレクターには、布製の他に金属製のものもあります。

筆者自身どちらも使ってきましたが、使い勝手と見た目の面で布製がおすすめです。

ギアトップ「焚火陣幕」はソロキャンプや初めての焚き火リフレクターにもおすすめ!

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

AmazonブランドのGEER TOP(ギアトップ)「焚火陣幕」は、おしゃれで建てやすいおすすめの焚き火リフレクター。

付属品が充実したオールインワンアイテムです。

焚き火以外にも調理時の防風や目隠しとしても使え、ひとつ持っていると便利に活躍できます。

コンパクトで扱いやすいサイズは持ち歩きや収納面での負担も少なく、ソロからファミリーまで安心して使えるでしょう。

「焚き火リフレクターを使ってみたい」初心者さんに、入門編としてもおすすめのアイテムです。

▼おすすめの焚き火台や、焚き火に燃えにくい便利アイテムもあわせてチェック!

This article is a sponsored article by
''.