人気過ぎて予約困難な「ほったらかしキャンプ場」。今回は運良く宿泊できた「ほったらかしキャンプ場」魅力と、予約のコツをたっぷりレポートします! 富士山や甲府盆地を見下ろす絶景ロケーション、売店・レンタルサービスの充実、入浴施設「ほったらかし温泉」など魅力満載のキャンプ場です。実際に利用して感じた"テントサイトの気になった点"などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【オススメ周辺スポット】:山梨県といえば「果物」笛吹川フルーツ公園&くぼた園

日本新三大夜景にも選ばれた「笛吹川フルーツ公園」

せっかく「ほったらかしキャンプ場」を利用するなら、是非のんびり堪能してみたいですよね!

チェックイン可能の13時に到着するのが理想ですが、時間に厳しい「ほったらかしキャンプ場」は受付が13時キッカリに始まります。

そのため、早く到着しても無駄なので、そういう場合は近場を観光して時間を合わせるのはいかがでしょうか?

画像28: 筆者撮影

筆者撮影

筆者のオススメ「笛吹川フルーツ公園」は、山梨の産物や風土を五感で楽しめるテーマパーク。

さまざまな遊具やアスレチックのほかレストラン、カフェ、ショップ、農業体験、料理教室など子供から大人まで一年を通して楽しめます。

公園から見晴らす富士山と甲府盆地の景色は、過去に日本新三大夜景のひとつとして認定されました。

画像29: 筆者撮影

筆者撮影

「ほったらかしキャンプ場」からは車で5分ほどの立地で遊具も沢山ありますので、子供連れのファミリーキャンプの場合は事前にフルーツ公園で楽しむのがオススメです。

画像30: 筆者撮影

筆者撮影

また、公園内にレストランやカフェもあるので昼食を取るのもオススメです!

クリスマスの日に利用した筆者ファミリーは近隣スーパーなどでチキンやサンドイッチを購入し、遊びながらランチを頂きました。

さくらんぼとぶどうを堪能できる人気スポット「くぼた園」

ほったらかしの湯から車で約10分の場所にある、これからの季節におすすめのスポット!

山梨の美味しいさくらんぼ・ブドウ狩りを楽しみ味わう事ができる、くぼた園です。

栽培品種は様々な種類があり、いずれも甘味たっぷり! 農園の周りにはドクダミ草やノビル、桑の実など、多種のハーブが溢れていて、香りを楽しむこともできます。

山梨の美味しい旬の果物を堪能して、心も体もいっぱいになりましょう!

「ほったらかしキャンプ場」は富士山が見れなくても楽しめる見どころがたくさん!

画像31: 筆者撮影

筆者撮影

今回、初めてクリスマスに「ほったらかしキャンプ場」利用しましたが、予約が取れないほど超人気の理由がよく分かった気がします。

富士山の絶景を見れるキャンプ場は沢山ありますが、実際天候が悪く富士山が見れないと残念な気持ちになってしまいますよね。

その点、「ほったらかしキャンプ場」は富士山を見れなくても他の魅力が豊富なので、天候に左右されやすいキャンプには最適ではないでしょうか。

最後に、筆者はキャンプ歴10年以上で100泊以上のキャンプをしていますが、その中でも1,2位を争うくらいのハイクオリティキャンプ場なので、是非皆さんも「ほったらかしキャンプ場」の魅力を堪能してみてはいかがでしょうか。

▼そのほかの「温泉も楽しめるキャンプ場」や「山梨県のオススメキャンプ場」はこちらの記事でもご紹介しています!

This article is a sponsored article by
''.