今回はワークマンの高性能テントとタープをご紹介します。前回は少しだけご紹介したワークマンのテントやタープ。今回は素材や重さなど詳細情報をお知らせします。ご想像の通り、お手頃価格で高機能なアイテムばかり。気になるアイテムは是非チェックしてみてくださいね!ファミリーキャンパーのいく子です。

3種類のタープはすべてポールもセットでお買い得

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

今回ワークマンから登場するタープは全てスチール製のポールが2本セットになっています。もちろんペグやロープもセットになっているので、購入したらすぐに使えますよ! そして、高機能なのにまたまたビックリするお手頃価格。これからタープを買おうと思っている方は必見です!

1. ミシックペンタゴンタープ フレイムテック 9,800円

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

ペンタゴンタイプはテントとの連結もしやすく、ソロキャンパーさんにも人気の5角形のタープです。こちらの『ミシックペンタゴンタープFT』は『ミシックドームテントFT』と同じフレイムテックとディアマジックダイレクトの2つの加工を施した火と水に強いタープです。ポイントはポリエステルを使っているので少しだけ軽くなっているという事です。

販売価格:税込9,800円
本体サイズ:約380 × 390cm(5角形)
収納サイズ:約直径16 × 55cm
ポール:直径1.9cmスチールポール180cm1本、230cm1本
重さ:2.2kg(ポール含む)
カラー:カーキ

【素材】
本体:75Dポリエステルタフタ(裏コーディング、ディアマジックダイレクト、フレイムテック)
ポール:スチール

【付属品】
ポール2本、スチールペグ(8本)、収納ケース、ロープ(3m×4本、4m×4本)

2. TCミシックペンタゴンタープ 7,800円

先ほどと形は全く同じペンタゴンタイプのタープですが、こちらは素材がポリコットン(TC)になっています。焚火もしやすいので使っている方も多いのではないでしょうか? ポリコットン(TC)タープで7,800円はちょっとビックリする価格です。ポリコットン(TC)を使ってみたかったという方には特におすすめです!

販売価格:税込7,800円
本体サイズ:約380 × 390cm(5角形)
収納サイズ:約直径17 × 55cm
ポール:直径1.9cmスチールポール180cm1本、230cm1本
重さ:3.5kg(ポール含む)
カラー:ブラウン

【素材】
本体:TCリップ ポリエステル65%・コットン35%(裏コーディング、ディアマジックダイレクト)
ポール:スチール

【付属品】
ポール2本、スチールペグ(8本)、収納ケース、ロープ(3m×4本、4m×4本)

3. BASICスクエアタープ 4,900円

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

様々なスタイルに対応しやすい長方形のポリエステルタープです。300×350cmはファミリーでも使いやすいサイズ感。軽くて持ち運びしやすい他にも、ディアマジックダイレクト加工による耐久撥水機能も搭載! 迷彩やカフェオレといったちょっと他では見つからないようなデザインにも注目です。

販売価格:税込4,900円
本体サイズ:約300 × 350cm(スクエア)
収納時サイズ:約直径19 ×53cm
ポール:直径1.9cmスチールポール180cm2本
重さ:2.2kg(ポール含む)
カラー:迷彩、グリーン、カフェオレ

【素材】
本体:75Dポリエステルタフタ(PUコーディング、ディアマジックダイレクト)
ポール:スチール

【付属品】
ポール2本、スチールペグ(8本)、収納ケース、ロープ(3m×4本、4m×4本)

ワークマンの高性能テントで気になったところ 少し太めのポールがあると安心

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

どのメーカーも付属してるペグやロープはちょっと使いづらかったり、ペグに関しては地面の状態によっては使えないこともよくあります。今回ご紹介したワークマンのテントとタープにもペグとロープが付属していますが、個人的には別に用意しておいた方がどんなサイトにも対応できて良いかなと思いました。

また、お手頃価格なのであまり贅沢は言えませんが、タープに付属するポールの太さが直径18mm。メインポールにするには若干細いなというところも気になりました。張り方や風の強さ・方向、いろいろな条件によって変わってきますが、もう少し太めの28mmくらいのポールがあると安心です。

ワークマンキャンプギアはいくつも欲しくなってしまうラインナップ! 

画像19: 筆者撮影

筆者撮影

一気にテントやタープがたくさん登場する予定のワークマンのキャンプギア。色違いで買いたくなるような価格のテントから、ワークマンならではのディアマジックダイレクトの耐久撥水、フレイムテックの防融加工、ディアガードの防虫加工など機能も盛りだくさん。2022年の発売が楽しみですね! 販売方法が通常のウェアなどとは異なりますので、購入を検討している方は記事最後のお知らせをご覧ください。

今回ご紹介した情報は2021年10月時点での情報のため、商品の仕様・販売価格・発売時期などは変更になる場合があります。

ワークマンからのお知らせ

【テントとタープの販売方法について】
ワークマンオンラインストアで購入後、店舗にて受け取り(ご自宅直送不可)して頂く形になる予定です。
ショッピングセンター店とワークマン女子のロードサイド店のみ、一部のアウトドア用品を店頭でも取り扱い予定です。
詳しい販売方法は2022年2月頃にワークマンオンラインストアにて正式発表します。

This article is a sponsored article by
''.