とうとう本格的な梅雨に突入!今回は、どんより曇り空が続く不安定な天気の中、キャンプが大好きなハピキャンライターのみなさんと編集部メンバーに向け、雨キャンプにまつわるアンケート調査を実施しました。「そもそも雨キャンプって楽しいの!?」「雨キャンプの必需品は?」「雨キャンプにおすすめなキャンプ場を教えて〜!」という読者のみなさんの"今まさに聞きたい問い"にお答えします!

そもそも"雨キャンプ"ってできるの? あなたの雨キャンプエピソードを教えて!

画像: そもそも"雨キャンプ"ってできるの? あなたの雨キャンプエピソードを教えて!

まず最初に質問したのは、「そもそも雨キャンプなんてできるの?」という質問。

キャンプが大好きなハピキャンライターや編集部メンバーは、なんと雨キャンプも楽しんでいる模様。これまでにどんな雨キャンプを楽しんできたのでしょうか?

エピソードその1:初めてのお座敷スタイルをテント内で楽しみました!

画像1: ライター・ うるふのまま

ライター・うるふのまま

去年の秋に、伊木山フォレストという岐阜県にあるキャンプ場で夕方から雨に遭いました。

天気予報で雨が降ることはわかっていたので、雨が降る前に焼き魚を焼いたり燻製を作ったり晩御飯の支度をしておきました。

雨が降ってからも、初めてのお座敷スタイルで、ゆっくり晩酌を楽しんだりゴロゴロしたり、充実した時間を過ごしました!

雨キャンプではテントでの時間が増えるもの。

テント時間を充実させるために、レイアウトに力を入れてみたり、今までしたことのなかったスタイルに挑戦してみるなど工夫して、テント時間を楽しむのも良いですね!

エピソードその2:プロジェクターを持ち込んで映画鑑賞を

画像: エピソードその2:プロジェクターを持ち込んで映画鑑賞を
画像1: ライター・ 舟津カナ

ライター・舟津カナ

雨の日はテント内で映画鑑賞。プロジェクターがあれば雨でも1日過ごせますよ!

こちらもテント内を充実させる作戦!プロジェクターをテント内に持ち込んでキャンプで映画鑑賞なんて、とっても贅沢な時間の過ごし方ですよね。

画像1: 【ライター・編集部アンケート】雨キャンプって楽しいの!? 梅雨だからこそ楽しめるキャンプの魅力
Anker Nebula Capsule II(世界初 Android TV搭載 モバイル プロジェクター)【小型 プロジェクター / 200ANSI ルーメン / オートフォーカス機能 / 8W スピーカー / DLP搭載 / 5000種類以上のアプリケーション / ホームシアター】
MONOQLOベストバイオブザイヤー受賞: MONOQLO編集部が2019年にテストした約5000製品の中で「最も感動した完璧プロジェクター」として年間ベストバイを受賞しました。
Android TV 9.0搭載:世界で初めてAndroid TVを搭載したモバイルプロジェクター(※自社調べ)。YouTubeやAmazon Prime Video、Netflix、Hulu、Disney+、TVer、Abema TV、DAZN 等の5,000以上のアプリを通じて無限のエンターテインメントを提供します。※Netflixを利用するには、製品本体のGoogle PlayストアからNe...
¥57,200
2021-06-24 22:28

▼こちらの記事ではキャンプにおすすめなプロジェクターをご紹介中!▼

エピソードその3:近隣施設をリサーチして観光しました

画像1: 編集部・井上

編集部・井上

2020年夏に西湖PICAのトレーラーハウスに行きました、終日雨でした。

そこで、近隣施設をリサーチしまくって氷穴めぐりを行ったところ、雨の影響もなく楽しく過ごせました。

晴れているとキャンプ場内のみで過ごすことが多いですが、雨だからこそ、近隣施設をリサーチして道の駅や屋内アクテビティ、温泉など色々巡ってみるチャンス!

「雨の日にはキャンプ場の近隣を観光してみるのもおすすめ」と話すのは、ハピキャン編集部の井上さん。

晴れの日だったら行くことのなかった、知る人ぞ知る素敵なスポットが見つかるかも!

エピソードその4:思い切ってテント泊からログハウス泊に変更!

画像: エピソードその4:思い切ってテント泊からログハウス泊に変更!
画像1: ライター・ たなみお

ライター・たなみお

テント泊の予定でしたが、かなり強い雨予報だったのでログハウス泊に切り替えました。

屋根付きの広いテラスがついたタイプだったので、雨でもキャンプを楽しむことができました!

設営や撤収に手こずりそうなテント泊。思い切ってログハウス泊に変更してみるのも、雨キャンプを楽しむ方法のひとつかも。

エピソードその5:グループファミキャンで豪雨に遭遇! 困難を乗り越えキャンプ上級者になれた気分

画像1: 編集部・森田

編集部・森田

みんなで協力しながら撤収したので、想像よりも早く撤収完了することができました。みんなでやれば怖くない……もとい、「雨キャン撤収も楽しい!」という思い出になりましたよ〜

最後のチェックアウトの際、キャンプ場スタッフに「こんな大雨の中での撤収を経験して、少し上級キャンパーに近づけたような気がします〜」と無邪気に言ったら、「ま、今日は雨だけだから大したことないっすよね〜。ここに強風が入ってくると本当に大変だから、今日ぐらいなら楽だと思いますよ(さらり)」と言われて、震撼しました(笑)

みんなでやれば大変な作業も楽しい思い出に!

当日はバケツをひっくり返したような土砂降りの中での撤収作業だったそう。それでも楽しい思い出になるのですから、経験した者にしかわからない雨キャンの世界があるのだと思います……(笑)

This article is a sponsored article by
''.