おしゃれなキャンパーから絶大な支持を得て、SNSで人気沸騰中のKirkham's(カーカムス)『スプリングバーテント』。なぜ多くのキャンパーを魅了しているのか、今回は、リーズナブルで比較的入手しやすい「ハイライン」シリーズの6人用モデルを徹底レビューしながら解説!見た目のおしゃれさに、ボックス型テントで空間が広々していて、吊しネットやフックなど内部の機能性も充実した魅力満載なテントです。天井が高く窓が多いテントが欲しいがいいという方におすすめです。

実際に使用している方の声

画像1: keisukesugiyama213 インスタグラム

keisukesugiyama213 インスタグラム

画像2: keisukesugiyama213 インスタグラム

keisukesugiyama213 インスタグラム

画像3: keisukesugiyama213 インスタグラム

keisukesugiyama213 インスタグラム

サイドに付けるポルティコキットのお陰で世界感がより広がって、ビンテージギアが本当によく似合うので、何度設営してもワクワク出来るテント
テント内に3m×3mあるからソロキャンプなら快適すぎる広さで、昼間はコットンの香りで癒される
最近大人気すぎて、アメリカで発売されると10分くらいで売り切れちゃうけど見つけたら即買いをオススメするテントです♩

keisukesugiyama213さんは、ポルティコキット(ハイラインにジッパーで取り付け可能なキャノピー)を使用。インテリアもこだわりたっぷりでおしゃれにまとめられていますね!

画像2: カーカムス『スプリングバーテント』を徹底レビュー! ファミリーキャンプにおすすめ!
Kirkham's(カーカムス)19860025 ハイライン ポルティコキット
2022-07-05 15:27
画像: watahiro.horn インスタグラム

watahiro.horn インスタグラム

6人用のテントですがお籠もりでレイアウトすると2人で丁度よいくらい。4人以上なら8名用をお薦めします。

watahiro.hornさんは、6人様のスペースを2人で、贅沢にスペースをとって使用されているようです!

カーカムス『ハイライン6 スプリングバーテント』のメリット・デメリット

コットン製ならではの風合いは素敵ですが、カビ対策など取り扱いには注意が必要であったり、広々としていますが重量もあるなどカーカムス『ハイライン6 スプリングバーテント』のメリット・デメリットをまとめました。

カーカムス『ハイライン6 スプリングバーテント』のメリット

  • 天井が高い
  • 大きめのオーニングでタープなしでもOK
  • ボックス型テントで圧迫感が少ない

カーカムス『ハイライン6 スプリングバーテント』のデメリット

  • 重量があるテント
  • コットン製で取り扱いに注意が必要
  • 価格が高め

カーカムス『スプリングバーテント』おすすめする人・おすすめしない人

「スプリングバー ハイライン スプリングバーテント6」おすすめする人

  • ファミリーキャンパー
  • 天井が高いテントを探している人
  • タープを使用せずにキャンプを楽しみたい人

「スプリングバー ハイライン スプリングバーテント6」おすすめしない人

  • なるべく軽量なテントにしたい人
  • 手入れに手間をかけたくない人
  • すぐにテントを入手したい人

デメリットを解消できるおすすめテント

似た形状なテントでおすすめなテントはoagwa(オガワ)の「オーナーロッジ タイプ52R」です。こちらも窓が多い作りのテントで天井高が210cmあり収容人数も最大大人5人なので「スプリングバー ハイライン スプリングバーテント6」と似ています。

また付属品を含め重量は19.4kgなので総重量が33.5kgの「スプリングバー ハイライン スプリングバーテント6」と比較すると軽量なテントです。オガワはポリコットン製ですが、スプリングバーはコットン製なのでどうしても重くなってしまいます。
▼oagwa「オーナーロッジ タイプ52R」はこちらの記事でご紹介中です。▼

設営簡単・広い・居住性良し! そしてなんといってもおしゃれでかっこいいのが『スプリングバーテント』

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

ファミリーキャンプにぴったりなサイズ、それでいてソロキャンプにも使えるなど、良いところだらけなKirkham's(カーカムス)『スプリングバーテント』
じっくり見てみると、多くのキャンパーから支持されているだけあるなぁ、と感じますよね。

コットンテントなので丁寧なメンテナンスが必要ですが、コットンテント特有の風合いがあり、何といってもこのおしゃれな佇まいがたまりません

おしゃれなテントを探している方におすすめできるテントです!

▼こちらの記事もおすすめ▼

This article is a sponsored article by
''.