キャンプなどのアウトドアシーンで使用されるストーブですが、サッと使いたいときにはガスストーブがおすすめです。中でも筆者が使っているカセットガス式のストーブ『SOTO レギュレーターストーブFUSION ST-330』がとても便利なので、ご紹介します。これからストーブの購入を検討している人は、ぜひご参考にしてください。

カセットガス式のストーブはガス缶の保管場所の温度に注意! 高温の場合ガスが膨張・爆発する危険性!

ガス缶の保管で特に気をつけるのは、保管場所の温度です。アウトドアシーンで持ち運ぶ際は、直射日光の当たらない収納ボックスなどに入れて運搬しましょう。

また、キャンプ場などに到着した際は、車内から必ずカセットガス缶を下ろすようにするのが大切。暑い季節だと、車内の温度が高温になりカセットガス缶のガスが熱で膨張、最悪の場合、爆発してしまう危険性も考えられます。保管の際はしっかりと確認しましょう。

SOTOの『レギュレーターストーブFUSION ST-330』は簡単・安心・コンパクト! 初心者でも扱いやすい!

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

さまざまなブランドから展開されているガスストーブ。今回は実際にアウトドアライターである筆者が愛用しているSOTOの『レギュレーターストーブFUSION ST-330』をご紹介しました。

初心者でも比較的扱いやすいタイプのストーブなので、これからガスストーブの購入を検討している人におすすめできるアイテムですよ! ぜひカセットガスストーブの便利さを体感してくださいね〜!

画像4: カセットガス式のSOTO『レギュレーターストーブFUSION ST-330』を紹介! キャンプにおすすめ
SOTO(ソト) レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン) ST-330
本体サイズ:幅41×奥行12×高さ9cm、重量245g(本体のみ)
収納時サイズ:幅11×奥行7.5×高さ9cm
発熱量: 2.9kW(2,500kcal/h) ※気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
使用時間:約1.5時間(ST-760 1本使用時) 気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。
使用容器: 新富士バーナー、SOTO製品専用容器(ボンベ)
点火方式:圧電着火方式
¥9,280
2020-11-30 16:13

『レギュレーターストーブFUSION ST-330』の他にもストーブを紹介中! お気に入りを見つけよう!

This article is a sponsored article by
''.