特にキャンプ初心者にとって、ストーブ購入は悩みのタネ。ストーブの種類はもちろん、燃料にも種類がたくさんあってどのストーブにしたらいいのか悩んでしまいますよね。今回は、初心者が使いやすいストーブの種類や、初心者にオススメのストーブをご紹介します。これからストーブを購入する予定のある方は、ぜひご参考にしてくださいね。

キャンプは「ガスストーブ」が最もおすすめ! 燃料も購入しやすく初心者にぴったりなこと間違いなし!

Snapmart

ストーブに使う燃料の種類は、ガソリン・アルコール・灯油・ガスなどさまざまあります。実際ストーブを購入しようとしても、「初心者にはどの燃料がいいの?」と疑問に思いますよね。初心者にオススメなのはずばり、ガス缶を燃料としたストーブです。

ガソリンや灯油などは運搬時に漏れたりする危険があるため注意を払う必要がありますが、ガスの場合は高温の場所を避け、使用時以外はストーブから外せば大丈夫。初心者でも取り扱いしやすい=安心して使える、というのは嬉しいポイントですよね。

ガスストーブの燃料は「CB缶」と「OD缶」の2種類! メリットとデメリットを詳しく徹底解説します!

画像2: Snapmart

Snapmart

ガスストーブに使う燃料は、CB缶(カセットガスボンベ)とOD缶(アウトドア缶)の2種類があります。

CB缶(カセットガスボンベ)のメリットとデメリット

CB缶(カセットガスボンベ)は、スーパーやコンビニなどでも簡単に手に入ることや、安価なことが最大のメリットと言えます。
しかし、OD缶に比べ気温の低い日に弱く、高山地での使用が厳しいのがデメリットです。

【CB缶のメリット】
・手に入れやすい
・安価
【CB缶のデメリット】
・気温の低さに弱い
・高山地での使用は難しい

OD缶(アウトドア缶)のメリットとデメリット

OD缶はアウトドアでの使用を目的としているガス缶なので、CB缶に比べると安定した火力があり、登山など高山地での使用ができることがメリットと言えます。

デメリットは、CB缶に比べると値段が高価なこと。

【OD缶のメリット】
・アウトドア専用なので安定した火力がある
・高山地での使用が可能
【OD缶のデメリット】
・CB缶に比べ高価

それぞれのメリット・デメリットを理解して、ご自身にピッタリなストーブを見つけましょう。

This article is a sponsored article by
''.