バーナー界にも二刀流が存在しているってご存知ですか?その名も『SOTO ストームブレイカー SOD-372』!2種類の燃料を使用できるストームブレイカーは、ガスとガソリンのメリットを両方取りできる優れもの。そんな夢のようなバーナーをレビューします!

ガスもガソリンも両方使えるバーナー『SOTO ストームブレイカー SOD-372』

画像: 筆者撮影 左からガソリン燃料・CB缶・OD缶

筆者撮影
左からガソリン燃料・CB缶・OD缶

アウトドア用バーナーの燃料といえば、主に挙げられるのがガソリン・CB缶・OD缶の3つ。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、こんなことを思ったことはありませんか?

「あ〜あ、1つのバーナーで複数の燃料が使えたらいいのに!」

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

あります!そんな夢のようなバーナーがあるんです!

SOTO製のストームブレイカーは、ガス(OD缶)・ガソリンと2種類の燃料を使用することができるバーナー。

つまり、ガス・ガソリンをシーンに応じて使い分けることで、それぞれの燃料が持つメリットを最大限に活かせるということ。

この魅惑のバーナーをレビューするのですが、先に結論を言わせてください。

ストームブレイカーは冬にこそ真価を発揮するバーナーなのです!

画像1: 【レビュー】ガスとガソリンの二刀流!『SOTO ストームブレイカー SOD-372』は冬にこそ真価を発揮するバーナー!
ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372
本体サイズ:直径17×高さ9.5cm
本体重量:205g
収納時サイズ:直径7×高さ9.5cm
材質:ステンレス、スチール、樹脂
ゴトク直径:17cm
発熱量:3.5kW(3,000kcal/h)
¥21,400
2020-10-15 23:18

ストームブレイカーの組み立て

ストームブレイカーの同封物

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

セット内容

・バーナー本体
・スマートポンプ
・ガスバルブ

 

・バーナーベース
・メンテナンスキット
・収納ポーチ

ストームブレイカーの点火手順

ガス(OD缶)使用時の組み立て&点火手順

ガス(OD缶)使用時とガソリン使用時では、組み立て&点火方法が異なるためそれぞれ紹介します。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

ガスバルブ側のスライドリングをスライドさせながら、ホース接合部と燃料ホースを接続。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

ガスバルブにOD缶を取り付け、スタビライザーを展開する。

これで組み立ては完了です。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

ガス(OD缶)使用時の点火方法は以下のとおり。

OD缶を直立させたままガスバルブのつまみを左に回しガスを出し、ライター等で点火します。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

点火して5秒ほどそのままで放置し、炎が安定したらOD缶をゆっくりと逆さにします。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

OD缶を直立させたまま燃焼するとジェネレーターの劣化の原因になるため、OD缶は必ず逆さにして使用してください。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

消火時はOD缶をゆっくりと回し直立させ、5秒後にゆっくりとガスバルブのつまみを右側に回します。

画像2: 【レビュー】ガスとガソリンの二刀流!『SOTO ストームブレイカー SOD-372』は冬にこそ真価を発揮するバーナー!
ソト(SOTO) パワーガス250 トリプルミックス SOD-725T
本体サイズ:直径11×高さ9cm
本体重量:385g
原産国:日本
NET:230g
成分:液化プロパン・液化イソブタン・液化ブタン
¥635
2020-10-19 20:12

ガソリン使用時の組み立て&点火方法

ストームブレイカーは、ホワイトガソリンだけでなくレギュラーガソリン(赤ガス)も燃料として使用できます。

赤ガスは揮発性が高く危険ですので、取り扱いには十分注意してください。

以下、組み立て&点火手順です。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

コントロールダイヤル(以下:ダイヤル)を上の写真のようにセットし、スマートポンプをフューエルボトル(*別売)に取り付けます。

その際にダイヤルが下に押し込まれていることを確認してください。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

次は、圧力インジゲーターの赤いラインが見えるまでポンピングします。

*ポンピングすることで圧力インジゲーターが少しずつ動きます。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

ポンピングが完了したら、バーナー本体の燃料ホースをスマートポンプに取り付けます。

ダイヤルを引き上げ『Start』にセットするとバーナーからガスがでます。

画像: 筆者撮影 周りの環境に注意のうえ撮影をしています。

筆者撮影
周りの環境に注意のうえ撮影をしています。

そして、バーナーからガスが出ている時に、ライター等で着火してください。

上の写真からもわかるように、最初はかなりの火柱が上がります。そのため絶対にバーナーを上から覗き込む形で着火しないこと。

着火したら火が落ち着くまで40秒ほど放置します。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

炎が青色に変わったら、安定した合図です。

ダイヤルを『Run』の位置に合わせ、再度ポンピングをして圧を安定させましょう。

消火時にはダイヤルを『Air』に合わせて、火が消えたらダイヤルを『Stop』に戻しロックしてください。

画像3: 【レビュー】ガスとガソリンの二刀流!『SOTO ストームブレイカー SOD-372』は冬にこそ真価を発揮するバーナー!
ソト(SOTO) 広口フューエルボトル700ml SOD-700-07
本体サイズ:直径7.4×高さ22cm(キャップ含む)
重量:146g
原産国:日本
容量:480ml(ボトル容量700ml)
¥2,860
2020-10-19 20:36

ストームブレイカーの点火には『SOTO スライドガストーチ』がおすすめ

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

ストームブレイカーには点火装置がついていないため、自分でライター等を準備する必要があります。

ストームブレイカーは勢いよく着火するので、着火に使うライターは火口が長いものがおすすめ

筆者はSOTO製のスライドガストーチを使用してます。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

スライドガストーチは、ストームブレイカーの収納ポーチにすっぽりと収まります。

画像4: 【レビュー】ガスとガソリンの二刀流!『SOTO ストームブレイカー SOD-372』は冬にこそ真価を発揮するバーナー!
SOTO スライドガストーチ ST-480
※納期表示のご説明はこちら仕様/規格●サイズ:W3.5×D1.8×H110〜185●重量:55g●炎温度:1300度 メーカー品番ST-480 商品説明●火口が自在に伸びる小型強力耐風バーナー 特集区分●ソロキャンプ用アイテム 関連ワード●キャンプ用品 ベランピング おうちキャンプ用品 調理 コンパクト ソロ ジャンル識別情報:/g1030/g204/g302/m205/
¥ 2,200
2020-10-19 20:47
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.